2016年8月26日 (金)

DeNA(横浜)●5-11 初回で決まり

内海が打たれ過ぎた、というコメントなら誰でも書けるので、そこよりも表のことを書くか。馬鹿試合になりやすいハマスタでスモール、何の意味があるんすかね?選べない長野が四球という時点でそうそう無いことなのに、わざわざ相手にアウト渡そうとするなんて。しかも失敗。失敗したのはいただけないけれど、あの作戦はあまりにも消極的過ぎ。最初のアウトを取れるまで不安になっているところを攻めないと。

単打ばかりで炎上、というのもなかなか珍しいことだが、得意な相手にローテずらしてもらったのなら試合を作らなきゃなと。表に悪い流れになった点は同情するけれど。

4本アーチが出ながらも勝てなかったのはもったいない。仮に巨人がギャレットと契約結ばなかったら、DeNA行きでしょう、というぐらいハマスタで打つよなぁ。30本は余裕そうだ。ドーム苦手なのが本人にとってキツイところだが、性格的に頑張りそうかな、このまま。

下では杉内が炎上。その結果以上に、下で万年最下位捕手が受けてることに驚いた。何の意味がある?というか、下でも燃やすんだなぁ。こんなのを使うように勧めたコーチ、さらばじゃ。得点は、焼け石に何ちゃらという大田の特大弾。こういう時にしか、という声もあるかもしれないが、とりあえず上げちゃえば良いじゃない。上げなきゃしばらく代打松本。どっちが良いかは、分かるよなぁ。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

広島(東京)●4-6 澤村でダメなら

仕方ない…なーんて言うと思ったら大間違い。かと言って過度に叩く気もない。リーグで一番セーブを取れている選手なのは間違いない。だが、早々に追い込み、ボールで良い場面のところで何故ストライクを投げるのか。外そうとした捕手の意図を感じられたのか。残念な一球だった。

打線の差が表れた連敗だった。田口でHQS取れなかったところが、相手打線の強さなのかなと。スコットを二試合またがせるチームもそうそうないでしょう。防御率は似たような数字でも得点差は150ある。数字通りの結果となっているわけだ。追加点を取れないところが今の打線。そういうこと。

相手は89年カルテットに続き鈴木も出てきた。巨人は坂本に続く野手が出てこない。確変があってもその後は全く。これはもう眼力の問題なのか練習方法の問題なのか。眼力と言えば、スカウト勢が自信満々にとってきたドラ1投手、東大相手に炎上したそうな。オコエでも小笠原でも単独で取れたのに、取った選手が残したものは、ロマックに押し出し死球。そしてこれ。どうすんの?スカウト陣。

そして私が昨日書いていたことは、早々に取り組んで欲しくなった。2点ビハインドの9裏に松本そのまんまって何だよ。出塁出来る選手なら3-0まで行った時点で最後に四球取ってるわ。また、タケを使うならそこしかなかったのに使わず終了。守備はいいから若い人たちに機会を与えましょう。

試合はまだまだ続く。楽しみな選手が現れないものか。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2016年8月24日 (水)

広島(東京)●3-7 相手が上という結果

智之で5点奪われたのなら、相手が上だったということ。投手に打たれたのはいただけないが、野手に打たれたのも打球運ではなく長打なので相手の打力でしょう。広島にとってはいよいよその時が見えてきたという勝利。巨人にとっては色々と残る敗戦。この時期の直接対決の勝敗、これはもう、優勝争いしてきたチームのファンならどれだけ大きいか分かること。
さてこれからの試合。どのように選手を使っていくか。いっそover30の控えを下げる、というのもあり。今年よく見られる「何でこの選手を代打で?」となるよりはね。秋に向けて戦える選手を見ていくことも必要だろう。層を厚くしたいところ。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年8月23日 (火)

広島(東京)○1x-0 ゼロを続けろ

仕事場にいた時は九裏。村田さんのボテボテ併殺で「九回で決められなかったか…。十裏は脇谷、寺内、小林…なら十一回以降だな。ここからでも駆けつけて外野から後押しするっきゃねえだろ」と少し経ってから席を立った。水道橋駅西口から歩道橋を渡りかけたその時…まっすぐ帰ることにした。そう、間に合わなかったのである…。

まあ、ピンチの連続でよく抑えました。マイルズがいるから今のチームは戦えている。戻らなかったら差はさらに開いていたかもしれない。というか直接対決以降10勝2敗ってどんだけ他チームがしょぼいのか。まあそんなチームに勝ち続けられない方が悪いのだが…。

試合を決めたのは脇谷だった。まさに、年に一回という大当たり。監督も喜んでいることでしょう。「よくやった。明日から七番を安心して任せられる。」と思っていたりして。…複雑だ。でもクルーズ凍ってるからな。。

明日相手の先発は福井。5回2失点デフォの投手に何で1点台に抑えられてんだよ。いい加減意地を見せろ、と。良く分からん打線です。屈指のセットアッパー・ジャクソンの4敗中3敗が巨人戦なのに、他チーム防御率3点以上のルーキからいまだに得点なしで9試合すべてでホールドポイント献上。…ナンデヤネン。

スコットがイニング跨ぎ40球超え。そしたら智之がやるべきことは、分かってるはずだ。それを求められる選手。エースの投球に期待。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2016年8月22日 (月)

昨日の継投で思い出した試合

文句は昨日、というか今朝upしたのでそこで終了。昨日の試合を終えて私はふとこの試合を思い出した。

2009/07/17 阪神(東京)●1-5 違和感

クルーンおじさん不在の時で、ディッキーが七回まで投げて八回から三人で繋ごうとして失敗に終わった試合。オビスポ-山口-越智と代えて捕まったのは越智だった。当時よく見ていたブログには「全員が全員いい状態とは限らない」ということが書かれていて、確かに、と思ったような。そう、この当時は代え過ぎ、というか一人出たら鳥谷なんだから最後まで引っ張って、と思ったなと。代えずに失敗することもあれば、代え過ぎて失敗することもある。動の前監督、静の現監督、とも思ったが、投手コーチは一緒なんだよな。まあ当時最後まで投げさせてって思えたのは、この年の山口だったから。シーズン中の被弾は春先に最後の確変を見せた金本に打たれた一本だけ。そりゃ勝つわ、うん笑

その時から7年。当時打てたら奇跡という感覚だった藤川と山口がああいう風に打たれた、というのは時の流れを感じずにはいられない。ただ、仲の良い一つ上の先輩投手はボールが戻ってきている。その姿を見て自分も、という気持ちで臨んで欲しい。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

阪神(東京)●1-4 支えるコーチがこれでは

まだシーズンが一ヶ月残ってるところでこういうことを書くとお叱りを受けるかもしれないが、今日でほぼ決まったかなと。新人監督を支えるコーチが的確な指示を送れないようでは。

野手コーチまたはヘッドコーチの責任。それはもう先頭打者の姿勢で分かる。初回あの打席を見て選手に文句を言いたい気持ちはかなりあったが、四球狙いを徹底させられなかったことが問題だろう。岩貞から点を取るには四球を絡めること。にもかかわらず、ストライクが一球も来なかったのにボール球空振りして三振というのは、あまりにも考えなさすぎ。それを抑えるのがベンチワーク。最近の岩貞登板試合を鑑みたら、四球狙いなんてのは当たり前のこと。その指示を出せなかったベンチに責任がある。

投手コーチの責任。山口のことを今もなお左右関係なく抑える投手だという印象が残っているのではないか。そうでなければ、あそこで続投はあり得ない。今年の被打率を見ていない証拠。ワンアウトから中谷歩かせた時点で気付けよ。というか、今日負けがつくまで1勝5敗という結果を受け止めろよ。

ゲーム差は8に広がった。今日見せたベンチワークの甘さでは、奇跡が起きるというのは考え難い。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2016年8月20日 (土)

阪神(東京)○3-0 一緒に闘いましょう

阪神(東京)○3-0 一緒に闘いましょう
ああいうこと言ってくれるとモチベ上がるよね

危なかったのは橋本が追いついた福留の当たりのみ。着いていきなり目にしたのがそれだったから良くないのかなと思っていたら全然そんなことはなかった、と。見られなかったけれど初回もピンチだったようで。あそこで抑えて流れを寄せられたのかもしれない。こちらの残塁が多く、苦手の六回は不安だったがそこも抑えた。コントロールが素晴らしかった。そして小林との呼吸もバッチリ。小林のルーキーイヤーから二人の相性は抜群だが、こういうことってあるものなんだなと。

ランナーは出るけど点は取れず、モヤモヤしていたところでそれを晴らしたのは、この日3タコのギャレットだった。青柳にはノー感じだったが、藤川のファーストストライクをバックスクリーンへ運んだ。状態は悪くないということ。次青柳と当たるときは…外してもらいましょうか笑

スポニューでは取り上げられないだろうが、素晴らしかったプレーを伝えるのも、この現地派の責務。ショートの深い位置からノーバン送球で原口をアウトにした坂本のプレーには痺れた。試合の流れにはさほど影響しなかった気はするが、大竹がベンチに下がる前にインフィールドで彼を待ったのは、そういうこと。

ちなみに、明日の先発が発表された時に見られた現地組の反応は…はい。とにかく四球でランナーためてドッカーン。犠打無し。これで臨みましょう。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

阪神(東京)○6-3 ただ勝つのみ

阪神(東京)○6-3 ただ勝つのみ
この直後にメッセのorz姿が…

試合終了前に、前席のおっさんが見ていた速報が見えていたので、勝ちを喜びつつも、くたば○ルーキ、なんてどっかのファンみたいな良からぬ考えを抱いた私でした。

七回裏からの観戦だったが、最初から見ていたら疲れただろうなと。九回ゲームで何でこんなにかかっとんねん、と。速報の一回表を見て、ビックリしながらも不安な気持ちになったのは私だけではなかったのではないか。そう、良過ぎる、と。実際五回で降りちゃったわけだから。まぁ、勝ち続けてきたし、こういう時もあるでしょう。

そんな彼に白星をつけたのは慎之助だった。ここのところ調子を落としているのかなと見ていたが、そういえば阪神戦はよく打ってたっけ。こういうアーチを打てるからこそ四番。二桁アーチは当然として、15は行けるでしょう。また彼頼みのチームに戻ってきているな、という複雑な気持ちもあるが。

とにかく勝つしかない。次は三度目の対戦となるルーキー。そろそろ打たなきゃ。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2016年8月18日 (木)

中日(ナゴヤ)○3-2 たられば

それを言っちゃあキリがないけれど、昨日橋本のところでタケ出せば良かったじゃんという気持ち。又吉に代わった直後だから相手も左を出せず、一番のチャンスだったかと。代打後のセンターは尚広も松本もいたからなぁ。

九回によく勝ち越せたけれど、相手がチョーさんに対して絶対の自信を持っていたのかもしれないな。打率なんてのはどこかで上がるのだから反動があってもおかしくないのだが。夏の橋本を選ばなかったことが今日はこちらにとって幸運だったということか。

あれ?ぐっさんって今年勝ってなかったのか…。右続きなのに珍しく跨がされてどうなるかと思ったが、抑えられて良かった。まぁ、34球投げたので明日は休みましょう。たぐっさんが長いイニング投げてくれるでしょう。

明日からホームで戦える。ここからは全部勝つつもりで。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年8月17日 (水)

中日(ナゴヤ)●1-3 後退と停滞

見ていないけれど、だいたい感想は皆さん同じではないかと。敗戦投手となった内海も、打たれたスコットも、最後併殺打の村田も、責められません。一歩後退は痛いが、仕方ない。

さて、二番。これも書くことは他の方と同じかもしれない。しかし毎年夏からしょぼくなるのは何なのだろう。ハマスタ5三振とか、去年のナゴド走塁やらかしのトリガとなった内野ゴロとか。こんな風に覚えてるところが違い、なんて。まあこのままなら来年も併用でしょう。定位置を取れる力は今はないということ。来年のオフに補強、なんてこともあり得なくはない。チャンスを生かすも殺すも自分次第。近い未来でどうなっているか。停滞のまま同じ場所にいられると考えないほうが良いでしょう。これは同世代の野手ほぼ全員に言えること。

田口ではなく明日は今村か。これで田口は中五日で広島戦か。再来週二連戦だとそこも…。その前に今村。チャンスは与えられている。ここでアピール出来るか。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«中日(ナゴヤ)○2-0 復帰勝利に一安心