2020年9月20日 (日)

DeNA(横浜)◯5-0 突然訪れたチャンス

Img_6061

自棄になって3タテしてしまえなんて宣う輩にはざまあみろな完勝でした。カード負け越し?これからは3タテなしに連敗しなきゃええんじゃ。それにDeNA相手にゃ前回のハマスタはスイープ。トータルで2勝1敗ペース(しきりにアナウンサーが残り8試合と言ってたけど6の間違いだからね)。問題ないっしょ。

 

畠は突然の先発となったが、インタビューでも語ってた通り、やってやるぞという気持ちになったのが良かったのだと思う。パーラと尚輝、そしてウィーラー(笑)の美技にも助けられてQS.徐々に信頼を取り戻し次はHQSという気持ちで臨んで欲しい。

 

個人的にはヒーローインタビューに呼んで欲しかったのは丸。連敗中のチームには大きな2ランを放ち、さらに完璧な追加点ソロ。ハマスタととても相性が良いので頼りになる。

 

頼りになるといえばリリーフ陣。今日も高梨ー中川ーデラと素晴らしかった。6回までリードで行けばこっちのもの。

 

明日からの広島戦で勝ち越せば9連戦の勝ち越しとなる。狙って欲しい。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年9月19日 (土)

DeNA(横浜)●1-7 原点回帰

Img_6027

色々と突っ込みどころのある試合だが、今こそ本来の形に戻すべきではないか。坂本、丸、岡本にウィーラーを並べてSMO48、この2〜5番で臨む時期が来たのではないか。打順の巡り合わせとはいえ2番打者をあれだけ早く代えたのは最初の打順は何だったの?という話になる。あんなに早く下げるなら使うな、と。代わりに入った9番打者?知らん。最初のスライダー見送った時点で負け。あれで試合が決まったと言って良い。

 

打たれに打たれまくってるけどやられ方はおんなじ何だよな。梶谷には変化球を狙われ、佐野には内角を叩かれ、と。村田の善ちゃんのデータは生かされているのだろうか。バッテリーコーチはハナッからあてにしてない。

 

桜井ねえ、中継ぎに向いてないっての。2ラン打たれてカッカして代える前に適性を見て起用しないと。ま、二軍だろうね。スターターも埋まってるし出すところがない。

 

明日試しに今日川崎で2本打った香月でも上げて早速使ってみれば?肝心な時に打たず最後に帳尻ヒット打ったのよりいいでしょ。

 

まずは明日勝って連戦の成績を5割に戻しましょう。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年9月18日 (金)

DeNA(横浜)●0-6 何も出来ず

戸郷の球が高く、井納の球が低かったことが被弾の差ということでしょう。風に関しては同じ条件のもとでやっているのだから抑えた相手が今日は上回ったということで。

 

来週は月〜水曜に試合があり、月曜は直江だろうから1人空くこととなる。サンチェスか戸郷かと言うところだが、戸郷を1回飛ばしても良いのではないかなと思う。ここまで十分やっているのだから少し休ませないとね。

 

明日の今村に期待しつつ、打線はそろそろ点を取りましょう。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年9月17日 (木)

阪神(東京)●0-11 休養日

と考えて切り替えるのが一番。尚輝が良い状態を維持出来ていることをポジティブに捉えれば良いでしょう。大差も僅差も同じ一敗。サンチェスもスポナビの防御率見た限りではまだ数字は悪くないから次も勿論あるでしょう。捕手は炭谷かもしれないけど。今日出てきたあとのリリーフは、川崎行きかな。

 

まだ先は長いし自分もゆっくり休もう。

 

 

よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

阪神(東京)◯7-6 色々な収穫

Img_5946

危機感を抱く選手達の活躍で、青柳から点を取ることができた。今年なかなか出番のなかった俊太と立岡の活躍で終わってみれば7得点。坂本、岡本を欠く中でよくこれだけ取れたなと。青柳に対して左を並べた作戦は大当たり。

 

監督が名将であることは確かなのだが、一つだけ解せないのは、スターターそのままで捕手だけ代えたこと。ああいうのは流れを変えてしまう。それを何回も見てきたが、続けるのが不思議でならない。大城のままならば準完全試合も狙えた田口には気の毒な交代だった。これを次期監督候補がどう感じたか気になるところ。捕手だけ代えるのはNGと分かれば収穫になるし、そうでなければ今日のような試合になってしまう。

 

今年の阪神戦負け越しなしが決まった。驚いたのはマジックが3つ減ったということ。そういうこともあるんだなあと。70勝を優勝ラインとするならば、残り47試合で24敗出来る(引き分けは無視)。他チームは貯金20以上必要となるから、かなり優位なのは間違いない。でも、喜ぶのは決まってから。これまで通り守りをしっかり固めた野球をして貯金を重ねてほしい。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年9月15日 (火)

阪神(東京)◯6-3 センターラインの成長

Img_5902

いつもとは違うピリピリした試合だった。でも、だからこそ、勝てた喜びはとても大きなもの。この試合前までほぼ完璧に抑えていた近本に連弾喰らったときにはモメンタムでそのまま押されてしまうかと思ったが、その次の回の裏に取り返して6回裏に初めてジャイアンツがリードした。相手も諦めずに喰らい付いてきたが、高梨と大竹が抑えた。8回には大城がこの日3打点目となる駄目押しタイムリーで3点差となった。

 

デラの調子は今ひとつに見えたが、それを救ったのは1点目を取った尚輝だった。近本の強い当たりを好捕してセカンドをアウトにした。本人は勿論だが、セカンドに戻した原監督の采配が的中した。最後は大城が梅ちゃんに対して裏をかいて見逃し三振を奪った。これで試合終了。智之は辛うじてQSだったがスタルヒン以来の開幕11連勝。

 

センターラインの大城と尚輝、レギュラーを掴んだと言っても良いのではないか。攻守に効いていた。リードに関してはエースからダメ出しされていたけれど、リリーフ陣を無失点でリードしたのも大城なのだから。2人の成長、そして逆転の口火を切ったヒットを放った松原の成長は喜ばしい。

 

何か点いたようだけど、関係ない。これからも一戦必勝の気持ちで臨むことでしょう。チームはとても安定している。この調子で行けば掴めるはずだ。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

ヤクルト(東京)◯3-1 安定した戦いぶり

Img_5802

ロースコアの試合を決めるのはやはりホームラン。数少ない失投を丸と中島が逃さなかった。2本とも打った瞬間それと分かる完璧で美しいアーチだった。

 

先発のC.C.には何とか6回投げ切って欲しかったが、カバーするリリーフが厚いのが今のチームの強み。前日ピンチを抑えた鍵谷が今日もナイスピッチング。あとは大竹、高梨、中川、デラロサと繋ぎスイープ。翌日休みなのでどんどん注ぎ込めた。

 

9月初めの13連戦、終わってみれば10勝1敗1白井1中止ということで、一つしか負けなかった。サカマルオカの復調、リリーフの安定、そしてサンチェスとC.C.の復帰に今村の変化により先発ローテが固まったことで、このような結果になったのでしょう。安定した戦いを期待出来る。

 

火曜からは9連戦。どこかでマジックは点くでしょう。目標に向かって突き進むのみ。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年9月12日 (土)

ヤクルト(東京)◯5-4 光るリリーフ陣

Img_5744

初回に出た岡本の3ランでノブは楽に投げられるかなと思ったが、ホームラン2本で追いつかれてしまった。ヤクルト戦は相性なのかもしれないなぁ。勝利投手の権利掴みかけてたのに。

 

その後勝ち越されてどうなると思ったが頼りになる大城が同点弾を放ち、近藤と相性の良い岡本が勝ち越し弾を放った。

 

今日のリリーフ陣では鍵谷が光った。右打者が逃げるようなスライダーを放りピンチを切り抜けさらにはイニング跨ぎ。ヒーローインタビューも当然。高梨は左打者のアウトハイに投げられるコントロールが素晴らしかった。それらを導く大城のリードも光った。これでカード勝ち越し。明日勝てば当初予定された13連戦で10勝という結果となる。

 

44勝22敗と2勝1敗ペースになった。このペースで進めば当然優勝だが、少し落としてもまだ余裕はある。リリーフ陣を休ませられるのもそこが大きい。明日も素晴らしいパフォーマンスに期待したい。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年9月11日 (金)

ヤクルト(東京)◯2-1 歴史が変わった日

Img_5681

今日勝てたことで原監督はジャイアンツ監督通算勝利数一位に立った。その試合を決めたのが自ら見出して起用し続けた坂本勇人だというのも私はドラマだなあと思う。これからも監督を続けるので勝利数は黙っていても伸びるでしょう。

 

第1期監督の準備期間中に当時新人だった阿部慎之助の起用を進言していた。その数年後、第2期監督時代の中心選手として慎之助は活躍して2度の3連覇、そして日本一を成し遂げられた。その期間に早くから起用し始めたのが坂本勇人だった。そして第3期の1年目に、坂本はMVPに輝き、チームとしては5年ぶりに優勝出来た。

 

今思うことは、次の軸として誰を見出すかなということ。今日先発した戸郷翔征もその候補となるだろう。岡本和真に続く選手が出てきて欲しい。そうやって強いチームが受け継がれて行くのだから。

 

歴史が変わる瞬間を現地で見られなかったのは残念だが、映像で見られたことでも嬉しく思う。歴史に名を残した監督に天晴。
よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年9月10日 (木)

中日(ナゴヤ)□2-2 奇声審判

初回4打席連続アーチのかかった坂本の打席。追い込まれた後低めのボールをよく見た。
奇声審判「キエエエエエ」
はぁぁ?どこがストライクだ。三振となる。

 

4回裏、ツーアウト三塁のピンチでエンジェルサンチェスのツーシームが決まった!
奇声審判「…」
ああん?明らかに入ってるだろうが。その後平田にタイムリーを打たれる。

 

5回表、ワンアウト三塁ウィーラーの打席、内角にボールとなるシュートが来た。
奇声審判「キエエエエエ」
はぁ?あんなん打てるか。その後ウィーラー三振。

 

極め付けは8回。中川が四球でワンアウト満塁のピンチを作るも周平にアウトローズバッと三振だ!
奇声審判「…」
どこがボールなんだよてめえ。その後内野ゴロの間に同点にされる。

 

はっきり言って白井で勝てなかった試合。だが、尚輝のおかげで負けなかったとも言える。リリーフも判定に泣かされて同点にされたけどサヨナラは許さなかった。スイープはならなかったが後退もしなかった。今日は運が悪かったということで明日からまともな「球審」に当たることを願いましょう。

 

とか言ってたら山路とか出てきたりして。。

 

 

 

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

«中日(ナゴヤ)◯5-4 カッコ良すぎる男