2017年6月25日 (日)

中日(東京)◯4x-3 怒りのち喜び

中日(東京)◯4×-3 怒りのち喜び
コールには常に深く一礼。そんなところがまた好感持てるんだよなぁ。

最後の最後で勝てたわけですが、八裏は激怒してました笑 もちろんバント失敗した辻に対してではなく。ワンアウトランナー一塁、投手岩瀬という場面。その二つ前に代打で山本を使っているので、彼をセカンドで使える状況。となると、無理に辻をそのまま使わなくても良いところ。犠打でランナーを進めたいのなら寺内を使える。左対左で勝負させたくないのなら、中井を使える。どうするか見ていたが、右を使わないから辻には打たせるものだと思っていた。ところがだ。犠打二球失敗した後、特に変えることもなくスリーバント指示で失敗してアウト。どうしても送らせたいのなら、右投げ左打ちにやらせずに右投げ右打ちの選手にやらせれば良いでしょう。利き手と逆の腕でコントロールしなければならないわけだから、利き腕じゃない打席の選手にあの指示は理に適ってないし、控えにいた二人をそこで使わないのならどこで使うの?ということにもなる。追い込まれて強行に転じたならまだ納得できたがそのまま。その程度の期待しかない選手を二番で使うか?ということにもなる。

そういうことがあると落としがちなものだが、今日はどうにか最終回で逆転出来た。決めた慎吾は良いきっかけになればと思う。この喜びをまた味わいたい、そう思えればさらに磨きをかけられるのではないか。お立ち台は慎吾が上がったが、今日は岱鋼かな。昨日は守りで敗因となったが、今日はバットで貢献した。特大弾に同点タイムリー。まだまだコンディションは上がっていないのかなと感じたが、やはり力はある。第1号もバックスクリーンの少し横だし、今日はレフトへ特大弾。そう、飛距離は嘘をつかない。フリースインガーだし、上位よりは今ぐらいの打順が良いのではないかと。とにかく振ってもらいたい。

やはり気になるのは四球に対する考え。今日の橋本と村田の打席を見てそれを感じた。代打で出た橋本は3-0と四球を狙いやすいカウントになったにもかかわらず、フルカウントから粘りもせずセカンドゴロ。村田は決めなければという思いが強かったのかもしれないが、先発の柳が初めて四球を出した直後の打席。2-0から無理に打つボールではなかった。甘い球だけを待って四球狙いでも良かったところであまりにももったいない併殺打だった。もしチームとして四球に対する評価が高いなら違う結果になっていたのかなと感じる。この貧打を変えるには意識から変えなければならないのではないか。

三連戦は負け越し。今日勝てたのもぶっちゃけ田島と藤井にかなり助けられた感は否めない。しかし田島…初戦に森繁さんが続投させてたらどうなっていたのだろう、というぐらい東京ドームは鬼門。去年から5試合中4試合でサヨナラという…。あの継投が三連戦の結果に影響したか。いや、やっぱ智之を勝たせることができなかった打線だな、うん。勝ったけど、もちろん練習です笑

そろそろコバヤシィの9番起用、本気で考えましょう。4本柱は彼より打席で期待出来る。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2017年6月24日 (土)

中日(東京)●2-8 柱は良くやっている

投手は良くやっている、と書いてたが、それは訂正しよう。柱の投手は良くやってる、と。調子が今ひとつなマイルズ、今日ゼロのまま行くのは厳しかっただろうけれど、二点は陽が悪いから彼の責任ではない。後を受けたポンコツバッテリーがホームラン打ったことない選手に初球被弾というあり得ないことしてくれたから防御率上がっちゃったけど、本当によく投げた。三本柱の能力の高さ、これが良く分かることを一つ言うからね。彼ら三人は投手にとってボーナスステージとなるどっかのクソ打線と戦えないというハンデを抱えた上であの成績。そして一点取られても良いという思いで投げられていない。これは本当に大変なこと。ほら、良く分かったでしょう。改めて三人には感謝したい。

ケーシーのアーチの時、グータッチ求められてシブシブ手を出してすみませんでした。けど、喜べないよね。小笠原に最後まで投げさせようとしてバテバテになった時に打てたというだけ。打てない野手陣。彼らは本当に日曜の試合を終えてから何やってたんだろうね。本当に一部の投手のおかげで何とか戦えていること、自覚したほうがいいよ?ホント振りの鈍いこと鈍いこと。右に狙ってるんでなくて、鈍いから振り遅れて右に飛んでいるだけ。どんな練習したらあんなに貧打になるんだろな。まあそもそも、当時の打撃コーチが首切られるべきなのに、何故か立場が徐々に上がるという矛盾だよね。貧打チームにしたくせにバッテリーの失敗をネチネチ叩く。どーせ今日もそんなコメントなんだろ、アレは。

このチームに多くは望めない。明日は2-0で勝てばいいなぐらいに考えたほうが良いか。先発が頑張ってるんだから一つぐらい勝てるよな。勝てなかったら休みなしで良い。打てないんだから練習。当然でしょ。

試合にはほぼ影響はなかったが、一つだけ。相川を一軍に置くメリットを納得出来るように説明して欲しい。打てるならまだしも打てないわけだから。僅かな機会でも彼より若い選手に与えたほうがメリットはあると思うのだが。はっきり言って、今の使い方ってチームにこの先何もならないっすよ?

インケツが獲得した選手が揃って…という日になったが、補強ポイント自体は全て誤っていたわけではなかった。やはり最大の失敗は、前にコメントいただいたよう、辞めるはずだったコーチにヘッド要請したこと。そして今に至る。仮に由伸が、どうしても、と言ったとしても、そこは絶対変えること。フロントにはそれを求めたい。チームをこのままにしたくないのなら。

報知はわざとカルビコメント載せてるの?って思う方はクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

誰が考えた?

人の不幸をグッズにしようと考えたバカは今すぐクビで。有り得ない。

【期間限定】GIANTS Here We Come バナータオル #2 陽 【雄叫び】

| | コメント (3)

2017年6月23日 (金)

中日(東京)●0-1 悔しくもないか

明日がナイターで良かった。今から川崎に行ってみっちり練習出来るじゃないか。え?こんなこと書かなくても当たり前じゃないのかな。悔しいのならね。今日はバルデスが良かったから仕方ないでは、広島との差は埋まるはずもなく開く一方。広島じゃなくても神宮見てみ。あなたたちに返せる力はありますか?先制されたら降伏ですか?13連敗したけれど、ピッチャー頼みというのがよく分かるチーム。あの時の連敗に比べたら悔しくない、とか思ってないだろうな。ピッチャーで持っているチームとそれぞれ自覚すべき。

チョーさん二塁打から、犠打させないでくれと思ったら、これ。坂本ダメだとしたら後ろがバルデスにノー感じのケーシーと陽だったけど、歩かせるよね〜。知ってたけどまあいいよ、うん。セイバー通りの確率にかけたんだもんね。相手はアウトカウントが違えどランナー二塁から単打で一点なんだけど、気にしないでいましょうか。

平田とビシエド不在、藤井どインケツだった日に勝てない方が難しい。これに悔しがらない人は明日から来ないで良い。

打たないイライラをクリックしてぶつけましょう
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2017年6月18日 (日)

ロッテ(東京)◯7×-5 三度目の正直

ロッテ(東京)◯7×-5
精神的に追い込まれながらもよくぞ最後に…でもカミネロにはしっかりご馳走しなきゃね笑

慎之助が佐々木千隼からソロ二発放ち、チョーさんの二塁打から山本ヤスがタイムリー。これで3点。七回からスコットネロ太朗で逃げ切るかなと思っていたらスコットまさかの被弾で追いつかれた。

八回裏、山本ヤスが四球で出塁。代走重信の盗塁後に坂本進塁打。ワンアウト三塁からケーシーは歩かされた。何もなければ次は慎之助だったのだが、三打席目に厳しいところを攻められ避けた際に体を痛めて交代していた。亀井の打席でケーシーが走り併殺は無くなった。楽になれるかなと思ったが、何とファウルフライ。オーマイガッ!続く陽も凡退で勝ち越しに失敗した。

九回はお互い何事もなく、十回はカミネロが大ピンチをしのいだ。その裏、辻のパルプンテ打法が炸裂して先頭出塁。寺内送って坂本進塁打。ケーシーは歩かされ亀井。盗塁して二塁三塁。サヨナラのチャンスだったが、三振。この時点でかなり亀井の心は折れていたようだった。

十一回はピンチを辻の好捕でしのいで、裏はチャンスを作るも得点にならず。

十二回、森福が追い込んでからサントスに長打をくらい、進塁させてピンチ。八回にアーチを放った鈴木大地を歩かせて、最後の野手柿沼と勝負、というところで高木勇人にスイッチ。早々と追い込んだが、その後スクイズを決められ打者もセーフに。その後ツーアウトから角中を歩かせたところで尾花がマウンドへ。しかし続く大嶺翔太にストライクが入らず押し出し。続く中村にも2-0となったがなぜか打ち上げてくれて終わり。2点ビハインドで裏の攻撃を迎えることとなった。

ロッテも内と益田をそれぞれ跨がせて、残っていたのは大嶺祐太と左腕二人。出てきたのは前日に57球投げていた大嶺だった。裏の攻撃は一番からスタート。辻のところでストライクが入らず四球で出られた。寺内は進塁打となる内野ゴロでワンアウト二塁。続く坂本が初球の変化球を捕らえてスタンドへ、と思ったらフェン直。惜しかったが一点差に。ここでロッテは一塁が空いていたからかケーシーとの勝負を避けた。三度目の敬遠。そして亀井にとってはチャンスで三度目の打席。初球の大振りで球が見えていないか?と思ったが、三球目だった。完璧に捕らえた打球は打った瞬間それと分かるサヨナラアーチとなった。外野は大喜び。バックスクリーンの映像を見ると、亀井が監督に抱きついたまま離れていない。直ぐに泣いているんだなと理解出来た。その後の様子は、インタビューの通り。泣きながらも笑いを取ったり、めでたしめでたしの結末となった。

まず慎之助の具合が気になるところだが、先日思ったところは撤回しなければならないと感じさせられた。与し易いサイドハンド、そして狙い打ちというのもあったのだろうが、あの飛距離があるうちは大丈夫。勿論疲れは出やすくなっている。だからこそ、コンディションに気を使い、うまく休ませながら活躍させて欲しいなと。
亀ちゃんに触れる前に、山本ヤスと辻の貢献を嬉しく感じられた。山本が出てきたことで、辻をセンターラインとは違う位置に専念させられるのではないか。ファウルゾーンギリギリで内野フライをよく取った。バッティングはまだまだこれからだが、一つ一つ身につけていけば良い。山本は八回の四球。粘って10球目で四球を取ったのだから。チャンスを後続が活かせなかったが、素晴らしい打席を見られた。

亀ちゃんがツイていたのは、三度目のチャンスを周りが作ってくれたことかなと。それも最後の最後で。負けたまま終わったら亀井〜森福〜(怒)となっていたところ、取り返すチャンスがやってきてそこで喰らい付いてホームラン。もっとも、最初のチャンスで決めてれば助っ人二人の負担も和らいだが、まぁ、ご飯でもご馳走すれば大丈夫でしょ笑 金曜まで暗くならずに本当に良かった。

交流戦は散々な成績だが、ある程度上向きになってきているとは感じられる。戻ってきた健太朗と山口俊、そして殻を破ろうとしている山本と辻に期待したい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (14)

2017年6月17日 (土)

ロッテ(東京)◯8-0 今週3度目の零封

ロッテ(東京)◯8-0 今週3度目の零封
完封の時はやっぱりスコアボード載せたいよね

先制した三回の攻撃は、意図が感じられたもので好印象。ストレートの良い二木、外で勝負してくるのかなという印象を抱いていた。となると、無理に引っ張るのではなく、コースに応じた打撃が必要かなと。山本ヤスのヒットで始まったあの三回は、引っ張っての安打は一つもなかった。素人考えに思っていたことと、チームの方向性が一致すると吉と出るものなのかもしれない。欲を言えばさらに取りたかったところだが、まぁ、過程が久々に良かったので、十分でしょう。

過程といえば、六回の攻撃かな。ワンアウトからチョーさん、山本ヤス、坂本の三人が四球で出てケーシーのタイムリーで一点取れたところ。一番から三人連続で選べたなんて記憶にない。ボールがイマイチだったのかもしれないが、ああいう攻撃を常に出来たら強いよなと。後続がその時に追加点奪えなかったけれど、八回でしっかり取れたので。陽岱鋼はパワーあるなぁと。六番の方が合っているのではないか。

そして今日は田口。最後まで低めを攻められていた。七回終わった時点で最後まで投げるのはキツイかなと思っていたが、八回を少ない球数で終えることが出来たので最後まで行けた。あとは完封出来るか否か、というところだったが、見事に最後まで抑えた。先月のハマスタ以来今年二度目の完封勝利。素晴らしい。田口の存在は本当に大きい。杉内に内海、二人の左腕がどちらも出られないところで彼が出てきた。そして今や左の柱になった。次の世代が機能するのがこんなに早いとは。スカウトには不満タラタラだが、田口を取れたことは評価されるべき。

5試合中3試合零封に成功。ようやくチームの強みが出てきたかなと。このチームはピッチャーだから。明日は13連敗の始まりとなった投手が先発。ここでも水を差したら次はない、という気持ちで臨んで欲しい。プルペンは五回からしっかり準備すること。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年6月16日 (金)

ロッテ(東京)◯8-0 助っ人で勝ち

ロッテ(東京)◯8-0 助っ人で勝ち
8回零封、5打点1アーチと当然のお立ち台

着いた頃には4-0だったので落ち着いた観戦となった。マイルズにしては球数が多かったが、あのストレートを見れば、スイッチ入ったなと。愛する家族も来日したことで、より力を出せるのではないか。沢村賞、まだまだ行けるっしょ。

昨日打てなかったケーシーが今日はポイントゲッターとなれた。取るべき時に取れたから今日は勝てた。また四番に戻るでしょう。これからも期待。

八回の四点は、まあおまけでしょう。ドームで横手投げの投手はほぼ苦しんでるから。下位であれだけ良い当たりが出たのはそういうこと。得点圏さっぱりのチョーさんも打ったし。どうやら使うなら一番のほうが良さげな感じ。そして気づけば慎之助の打率はチョーさんより下に…。さすがに何かを感じずにはいられない。

先週までの三本柱、二人は勝った。さぁ、田口が続かなきゃ。

| | コメント (10)

2017年6月15日 (木)

ソフトバンク(東京)●3-7 監督の責任

何度も言いましょう。使った方が悪い。そもそもこの素人が三年も前から獲得に反対していた捕手で、過去二年もレジェンド炎上見せたことで考えが正しかったことが証明されたのに、まだ使うのだから本当に分からない。何で0-2から捨てゲームやるかね。あの弱肩にポロリキャッチングじゃ投手も攻められない。

勝てたとは言わん。ただ、僅差ならチャンスはあった。八回の岩嵜見れば分かるでしょう。重信を含め三人にツーベース食らってるのだから、跨いだあとの球に力は無かった。残りはサファテと嘉弥真しかいない状況、かつ森の危険球で警告試合になっていることから、サファテの八回投入は絶対に無かった。そう、あの捕手を使ったことで余計な失点を重ねたことが敗因。三点目なんか典型的。0-2から中村晃にスリーバントさせるわけがないのに低めに外そうとしてバッテリーエラーで進塁され、その後センター前に打たれてあっさり失点。こんな頭の悪い失点あるか?だから使っちゃダメなんだって。

ケーシーが打っていれば違う展開になっていたかもしれない。ただ、それは打った打たないの話。でも捕手で使ってはならない選手なんてことは何年も前から分かっているのだから、やはりそこは、使った方が悪いという結論になる。

一応触れとくか。二年前復帰して細山田にレフトオーバー喰らって三タテの流れ作るショボい投球した人いたけど、今日復帰した投手も、鶴岡に逆方向に被弾なんて信じられないことしてくれるよな、ホント。こちらの流れを止めるし。

…え?同じ投手??知らなかったなぁ(棒)

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2017年6月14日 (水)

ソフトバンク(東京)◯3-0 ノーノー継投と見たかった攻撃

ソフトバンク(東京)◯3-0 ノーノー継投と見たかった攻撃
ヒーロー二人並んだ瞬間とやはりスコアボードはね。

満足出来る試合だった。五回に見せた下位打線の粘りが生きた。疲れの見えていた山口俊が、山本ヤスの好守もあって六回を投げ切った。その裏、山本ヤスの四球から、坂本がファーストストライクを仕留めた。そう、ずっとこれを見たかったんだ。四球で雰囲気を作って一発で二点取る。そんないつも打てるわけはないし、ああいうロースコアの時ほど一発が左右する。その機運を高めるのは四球。打った坂本は当然見事。そして彼の前で選んだ山本を評価して欲しい。

七回の表を終えた時点で気付いたが、あえて表には出さなかった。心の中では、あと六人で継投ノーノーだ、と。まさかスコットに跨がせるとは思わなかったが、最高の投球だった。カミネロの時は、ぶっちゃけヒヤヒヤ。最初のヒットで追いつかれるんじゃないだろうな、なんて思ったがどうにかマッチから三振を奪い繋いでノーノー達成!昨日ほどの声援はなかったけれど、私の中ではそこが楽しみだったから声張り上げた。珍しいものを見られて良かった。

坂本の二打席連続アーチ、爽快だった。打った瞬間に相手が諦める弾道、やっぱりホームランは良い。全打点坂本が叩き出した。つまりチームは…ま、そういうこっちゃ笑

移籍後初登板の試合、お母さんの目の前で結果を出せて何より。我慢を重ねしんどかったんだろうなぁ。次泣く時は嬉し泣きで頼みます。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

2017年6月13日 (火)

ソフトバンク(東京)◯5-1 声援を力に

ソフトバンク(東京)◯5-1 声援を力に
ストレートを信じて良いのです

七回裏から観戦。智之のヒットから3点追加出来たことが大きかった。八回は…まあ良いでしょう(笑)重信三盗しなくても良かったんちゃう?

まあ最後はヒヤヒヤでした。選球出来る中村晃から三振を奪えたことでホッと。最後の声援はライトで聞いてていつもより大きく感じた。その後押しがあったのか、柳田からストレートで三振を奪うカッコ良い終わり方。

山本ヤスは早速活躍。クルーズ上げの指示出したのが親会社の連中ということは分かった。上げの指示に従ったのは仕方ないにしても出来ることはあった。脇谷を落として山本ヤスを残す。これが正解。同情はするが、その選択を出来なかったところがインケツだったということで…。と、話が逸れたが、上位で流れを作って欲しい選手。慎吾が謙次と二岡のいいところを持つタイプなら、山本は井端と二岡のいいところを持つタイプに育って欲しい。

マイルズまたは智之で勝つ。ここまでは出来る。次が大事。山口俊の初登板。緊張するなと言っても無理でしょう。少しずつ一軍の感覚を思い出して欲しい。気負いすぎないこと。それが大事。

インケツGMの退任が決まった。鹿取さんが新たにGMとなったが、上がしゃしゃり出るようなら、誰がなっても同じ。それが変わらない限り、未来は明るくない。この球団(親会社)が変われるか。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

«日本ハム(札幌)●1-5 恩返し される選手が 悪いだと?