2018年4月22日 (日)

阪神(甲子園)◯10-1 完勝でビジタースイープ

阪神(甲子園)◯10-1 完勝でビジタースイープ
最後が一番良かった

今日はもう完勝。四球も長打も相手を大きく上回る必然の勝利だった。特に素晴らしいのが岡本かな。タイムリーは強い打球で前進守備を破り、次も同じ打撃かな、と思ったらなんとスリーラン。ここが盛り上がりのピークだった。勝てたことも嬉しいが、若い選手のああいうアーチを見られたことに満足している。いやぁ、見事なバックスクリーン弾だった。

野上はあの点差ならもう楽だったでしょう。3連戦で一番理に適う打線組まれたので苦しむかもしれないと思ったが一点にとどめ8回を投げ切った。澤村をはじめとした勝ちパターンリリーフを休ませられたのは良かった。

結構遠征してるが、スイープは記憶にない。素晴らしい三日間だった。と、満足して、寝たら切り替えます。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年4月21日 (土)

阪神(甲子園)◯3-0 N-ZONE

阪神(甲子園)◯3-0 N-ZONE
今日は打球がジャイアンツに良いように飛んでくれたので勝てた、これでしょう。攻撃で良かったのを挙げるなら3点目。中井のガッカリ打撃のあとで小林が返したことかな。二塁を埋めるのを嫌がって勝負したのかもしれないが、あそこで取れる取れないでは全然違う。

運の要素がかなり大きな試合だったが、守りは実力。満塁から大山のヒット性の当たりを止めたのみならず肩の強さでアウトにした尚輝のプレーがとても大きかった。抜けて2点、止めても1点かなというところをゼロだもの。これは何回も映像見返してみたくなりそう。現地観戦してて守りであんな大きな声を出したなんて記憶にない。尚輝のゾーン、N-ZONEまたはZONE-Nなんてどうでしょう。いやぁ、良いもん見たわ。

カード勝ち越しで一安心。明日は、点取らなきゃ無理。難敵だけど、トライしてもらいたい。ただし、澤村は何としても休ませること。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年4月20日 (金)

阪神(甲子園)◯8-2 行けたよなぁ、でも、お見事

阪神(甲子園)◯8-2 行けたよなぁ、でも、お見事
脚を運びたくなるエースの投球で勝利

ほぼ智之のペースだった。藤浪がかなり揺さぶられていて長い試合となったが、自分の仕事を全うしていた。頭付近のボールもよく避けた。一番ひやっとしたのはそこ。5回終了時点で60球。これなら完封行けるだろ、と思っていたが、原口と高山にやられてしまった。ただ、すごいのは三連打の後で二番と四番から三振を奪ってその回の失点を1にとどめたところ。ここで冷静でいられたことが完投に繋がった。見事なピッチングだった。

打線はまだ詰めの甘いところを感じたが、塁を埋める形を作れたことで得点に結びついたのでしょう。前進守備を突くことが出来た。色々な人が決めたけど、小林の打席が今日はキーになったかなと。

こういう投球が見られるから遠くでも脚を運びたくなっちゃうんだよなぁ。勝てて良かった。ただ、今日は計算すべき試合だったと思う。土日で勝てるかどうか。ケーシー、しっかりしてくれ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年4月19日 (木)

DeNA(横浜)●0-5 逃げ恥

『逃げ恥』
 ・TBSでドラマ化して高視聴率をマークした漫画「逃げるは恥だが役に立つ」の略称
 ・1点を恐れて0-2から逃げ四球与えて3点取られる恥ずかしいバッテリーの略称←New!!

さて、この逃げ四球について。問題なのは、DeNA戦で3試合連続同じことをしているという点だ。何度も同じ失敗しやがって、と思って調べたらそういう結果だったと。コントロールできない投手が悪いのか、リードする捕手が悪いのか。それとも、バッテリーコーチが悪いのか。それとも、チームはこういった問題点を反省していないのか。こういうことをその日のうちに選手とコーチで話して振り返り、表向きのコメントは「チームとして繰り返さないようにする」ぐらいにしておくのが最善と思うのだが、監督の横にいるおっさんは「バッテリーが情けない。恥ずかしい。」とコメントだけ残して選手にフォロー無し、なんてことしてないよな…。そういえば、昨日日ハムが8-0から西武にひっくり返され、試合後に出た栗山さんのコメントは予想通りだったが、このチームが同じようなことをしたらはたして何て言うのだろう、とちょっと思ったり。

打線は、まだデータもないし仕方ないよね、ぐらいに書いておこう。4回の5球で終わるアホ攻撃も良くあることと思わないと。明日の相手で早いカウントで打てなんてトンデモ指示をさすがに出すわけないと思うが。まあ、どうあれ、今年は尚輝と岡本を見ていきましょう。

一昨日の山口の投球を見て乗らないチームが残念でならない。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年4月17日 (火)

DeNA(新潟)○3-2 タフガイ

途中からテレビで見ていたが、あれだけピッチングに見入ったのも珍しい。それぐらい山口俊の投球が素晴らしかった。どうやって後ろに繋ぐかなと思いつつも、スイッチの入った彼を代えるのは難しいだろうなと感じていた。九回の続投は少し驚いたが、この姿を見たら、と納得している自分がいた。最後危なかったのはホセの得意ゾーンに入りかけた初球ぐらい。あれはもう少し曲がらなかったらやられていた。そこを抑えて一人歩かせるも、乙坂、代打の中川を連続三振に仕留めて投げ切った。中盤まで苛々していた試合だったが、勝てて良かった。

ここまで3試合QS成功率100%、彼が他の投手に比べ抜きん出ているのはやはりスタミナ。120球までであれば力のあるボールで勝負出来る。イニングを潰せることでリリーフの負担を和らげることが出来るのだからチームには有り難いスターターだ。

あのまま負けていたら一打席目で進塁させることの出来なかった亀ちゃんに対する不満をタラタラ書いていたかもしれない。が、代わった左腕からまさかの逆転2ランとは。一発は流れを変える。広い球場なのでそう多くないだろうと思っていたが、ゲレーロのソロとホームラン2発で勝てた。

今日は山口と亀井、お見事、で済ませればいいのかもしれない。が、疑問に感じた采配に触れたい。ゲレーロのソロアーチが出た三回の攻撃について。先頭の坂本がヒットで出るも、尚輝はバント出来ず早々に追い込まれた。しかしそこからフルカウントにまで持ち込んだ。ここで感じたのは、動くところではない、ということ。15試合という短い期間ではあるが、リーグで一番多く三振している尚輝に対してバッテリーは多少のボールなら手を出す、と攻めてくる。しかもフォークのある投手だけに仕掛けるにはリスクが高い。そう考えていたからだ。ところが、動いた結果、三振そして二塁憤死、となった。ゲレーロのアーチが出たから得点出来たが、流れを相手に渡しかねないところだった。同じ状況でそのサインを出すとしても、尚輝の選球が向上するまでは避けるべきでしょう。

移動日で明日はお休み。木曜は後ろの三人を問題なく使えるでしょう。ハマスタで投手戦は難しいので、チャンスでしっかり打ってもらわないと。七回のケーシーみたいなのは勘弁。一つずつ返しましょう。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2018年4月16日 (月)

一巡して

15試合を終えて5勝10敗。ここまで1勝2敗ペースとなった。

一番の誤算は、智之と田口が投げた試合で2勝4敗、1HQS、1QSという結果だったこと。試合を作れなかったこと、連勝出来ないことでリリーフの負担になったと言えるのかなと。試合を作っていれば上原と澤村の登板数は減り、先週の結果は違っていたかもしれない。

もう一つの誤算は、センターラインの一人、陽岱鋼が早々に離脱してしまったこと。その結果、神宮ではセンターフライを捕れずに流れが変わってしまった、ということもあった。陽がいれば坂本一番にはならなかったかもしれないが、いずれにせよ守りを計算出来る選手の離脱は今もなお痛い。

去年(ほぼ)いなかった選手について。
山口俊、野上のここまでの結果は想定内。突如コントロールが乱れなければ山口俊はHQSを計算出来る投手。彼が投げる試合ではリリーフを二人に止めたいところ。
岡本と尚輝の結果も、納得。二人の三振数は一位・二位だが、発展途上の選手だからまずは経験することでしょう。岡本は阪神戦以外で当たりが止まりつつもリーグ三位の13打点、そして尚輝はリーグトップの7二塁打。どこかで壁に当たると思うが、これもレギュラーになるまでに通る道。ここからでしょう。
ゲレーロはここまで1アーチ。去年も出だしはそんなに良くなかった。去年開幕3戦目で打てたのは投手の問題でしょう。そりゃ初回で5失点するわ(あ、ばらした)。そういう意味ではあまり変わらない結果ではないか。ここまでの試合を見ると、選球眼があるわけではなくむしろ良くないほうだが、四球は取れている。早いカウントで仕留められない時は選ぶ、その姿勢は良いと思う。あとは求められている数字を伸ばしてもらえば。

来週の水曜までは先発5人で臨むこととなる。GW以降は不明。ケーシーの状態が戻ってきたことでヤングマンの投入はまだ先になるかと。その時に誰が上がってくるのか。背水さんが入れ替わるだけだったり…。

明日は新潟での試合。相手の飯塚は地元での登板で気持ちも入っていることだろうが、山口俊も新潟では4年前はあと一人で完封という投球をした(つまり、やられそうになったということ)。きっと試合を作ってくれるだろう。あとはいかに点を取れるか。一戦必勝で明日臨んで欲しい。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

広島(東京)●4-5 これからの戦い方

勝ちパターンから外すことを考えなければならないでしょう。昨日はビハインドで澤村、ということをしていたが、同じような展開で来週もやっていたら未来は明るくないのではないか。上原自身のボールが戻るまでは、澤村、スコット、カミネロ、これで臨むべき。

野上が六回のピンチを抑えたことで勝ちにつなげたかったところ。7回の3点は重かった。松山に打たれた後にエルドレッドと勝負したのはバッテリーが行けると思ったのでしょう。ストレート×3の配球はよく分からないが…。1点差に追い上げてワンアウト満塁で両外国人、流れは良かったがそこで取れなかった。クローザーが上回ったと納得するしかない。その前のノーアウト満塁で大城が一球も振らなかったのは残念だが、これも勉強と思って今後に生かして欲しい。

試合はすぐにやってくる。切り替えて一つ一つ積み上げていくしかない。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

2018年4月14日 (土)

広島(東京)●2-3 支えられていること

田口に反省させる敗戦になった。被弾は逃げリードでカウント悪くして(澤村が宮崎に繋がれた時もまさにそういう攻め方)からドカンとやられてので彼だけの責任ではないが、やるべきバントを出来なかったことが最終的に響いたということ。飛び出したランナーもお粗末だが、あそこで最悪の結果を出すのは大喝でしょう。一点差で負けたのはそういうこと。ローテに入り始めた2年目の頃は見殺しが多かったけど、去年からどれだけ野手に助けられているのか。今年も2敗で当然の内容だったのが無敗なのは、野手が取り返してくれたからでしょう。点差を詰められるチャンスでそれを自ら潰していては、星がつくはずがない。QSには成功したがまだ疑問。菊池がノー感じなのと、リーグ屈指の二遊間に救われて3点に止まったに過ぎない。チームがあって自分がいる、その認識を忘れず取り組んで欲しい。

敗因はそんな感じ。直接の敗因とは違うが、疑問だったのは七回でケーシーに代走を送ったこと。大幾の判断ミスでライナーゲッツーとなったが、代えなければもう一度ケーシーにまわっていたのではないかと。ランナー一塁なら野間の守備位置も違って単打になっていたろうから。ベンチのプランではケーシーの代わりに入った大幾のところで慎之助だったのだろうが、かえって選択肢を少なくしたようにも感じられる。二塁の控えがいなくなるから尚輝に代打を送ることも出来なかったと。

一点差で負けたわけだが、打線に対してネガティブな印象は抱かなかった。何考えてるんだ、という打席は少なくなっているかと。今日はやるべきことを出来なかったからの負け、そう考えるべきかなと。

混沌気味のセリーグ。今はコツコツカード勝ち越しを狙って積み重ねることでしょう。一気に行くのは投手が揃ったその後で。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

広島(東京)◯10-2 まず一つ

広島(東京)◯10-2 まず一つ
良い巡り合わせを導いた一番二番、そこが試合を決めたのかな。先制されて今日もか、となりそうな流れを変えた。坂本がスリーベースで出塁。尚輝の一塁ゴロエラーの間に生還し同点に。ワンアウト後に尚輝が盗塁。これが相手の悪送球を誘い三塁へ。その直後のボールでケーシーがタイムリーを放ち逆転。この一点が入ったことで、岡本の重圧は少し和らいだのでしょう。2球目で仕留めて4-1となった。さらに中井がインコースに対応して大きなアーチで加点。流れを作ったことが良い連鎖となった。

表に野村にヒットされて負けん気が出たのか、智之のツーベースからチャンスを作り、尚輝の犠飛とケーシーの2ランで追加点。
ダメ押しも上位のチャンスメークから生まれ、ゲレーロがツーベースで返したもの。二桁得点となった。

智之は八回を投げ切った。彼ならまだ球数を抑えられるかな、と思うが、二試合苦しんだ後で今日はナイスピッチングだった。さすがと思わせたのは六回表。菊池と丸の連打でノーアウト一塁三塁。リードもしているし1点OKと思っていたが、ここから彼は左打者三人全員から三振を奪って点を与えなかった。お見事。

安心して見ていられた試合展開で連敗は止まった。

まだまだ彼の力はこれから出るだろうが、一つ星を手にできたのでホッとしている。自分で作った流れをまず取り戻す勝ちを手にした。ただ、本人はこれに満足していないでしょう。期待の大きさも自覚している。ここから何度も喜べると信じている。
三本のアーチが出た。中井のホームランは生で見たかった。その場で見ていたら瞬間にガッツポーズ出来そうなぐらいの大きな当たりだったのでしょう。例年どおりのボールであれだけ飛ばせるなら楽しみ。守備位置には驚かされたが今後どう起用するのだろう。

智之は勝った。次は田口の番だ。ここから上げるためにまず一つ。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年4月12日 (木)

DeNA(東京)●4-6 違和感

スタメンを知って、あれ?と感じた時点でそういうことだったのかもしれない。カードの最終戦は大城にマスクを被らせていたが、小林?何故、と考えても思いつくのは左右の差ぐらい。今は打つより試合を作ることが第一の気がしたが、前回五回一失点の捕手を替えたか、と驚かされた。で、結果、初回五失点。八番九番に取られたのが最後まで響いたと。特に投手には追い込んでから打たれたのだから配球の問題。と、最初に違和感を抱く時点で、今年の小林を信じていないのかもしれない。

打線は中軸が色々言われてるが、悪い状態とは思わない。今日も正面だったり相手の素晴らしい技術が出てハードラックなところはあった。気になるのは岡本に重圧がかかり過ぎてるかなと。チャンスで一球も振らずに三振したりボール振ったり。将来は決める立場の選手だが、まだ背負わすには早い。冒頭に左右で、と書いたが、中井を左右問わずライトで起用することも考えて良いのではないか。チョーさんも亀ちゃんも状態は上がっているが、岡本の負担を軽く出来る可能性の高い選手だと思う。

来週は五試合。落ちる先発は、書くまでもないわな。今年は背水マウンドを見ることがないことを願ってやまない。つまり、そういうこっちゃ。

相手の東は自らの手で勝ちを手にした。援護に恵まれた、という意見もあるでしょうが、リードもらってる中で交代して白星泥棒出来るところでもひっくり返されちゃうのもいるから。誰とは書かないけど。掴み取ったプロ1勝目。プロでキャリアを積み重ねる先輩に追いつけ追い越せで頑張って。あと、-1勝だ。…え?

悪い流れを作ってしまった責任がエースにはある。今日のお粗末プレーを見ると複雑ではあるが、二人で取り返すところでしょう。そしてゲレーロ。決して悪くないが、そろそろ本人も一発が欲しいところでしょう。去年一番アーチを放った広島相手に打ってきっかけを掴んでもらいたい。チーム全体で攻める気持ちを忘れずに。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (10)

«DeNA(東京)●3-6 ベンチの責任