« 球界の紳士よ、永遠に | トップページ | ディロンファーストフラグ立つ? »

2006年2月18日 (土)

再起の年に

紅白戦をG+で観戦。先発は野口と野間口。初回、野口がツーアウトからストレートの四球と阿部のヒットでピンチを迎えたがどうにか抑えていた。その裏の野間口は完璧。ボールの切れ、コントロールとも文句無く3者凡退。と、ここまでは野間口がアピール出来ていたが野球はわからないもの。小坂のタイムリーで赤が先制したが、その裏、野間口は小久保とディロンに連打を浴びて亀井の犠飛で進塁を許した後、川中にタイムリーを浴びて同点とされてしまう。それぞれのバッターを褒めるべきかもしれないが川中に打たれたボールは甘かった。その詰めの部分が問題だけれど初回のピッチングが長続きすればそこそこ行けるか。

白組は野口-GG-酒井がそれぞれ2回ずつ登板。GGは角度のあるボールを投げコントロールも悪くなく今後期待出来る内容だった。酒井に関しては1イニング目は変化球のキレが良くスライダーは武器になり化けるかなとも思ったが2イニング目に四球連発後大西に2点タイムリーを許していたのでそこの部分はいつもの酒井だった。中継ぎは1イニングでいいと考えているので今日の1イニング目の内容であれば問題は無いが、いきなり2イニング目の内容になる事もあるのでまだまだわからない。

赤組で星が良いアピールをしていた。鈴木の拙いバントをすぐに処理してセカンドフォースアウトにした後、ピッチャーが投げたワンバウンドのボールを少し後に飛ばしてしまったがその後すぐに反応しキャッチすると中途半端な位置にいた鈴木を見ると状況を判断して一・二塁間を猛ダッシュ。そのまま鈴木をタッチしてアウト。鈴木のバントと状況判断が悪かっただけと取れなくもないが、機敏な動きで状況判断もいいものがあるので今後が楽しみだ。

そしてもう一人赤組で期待を抱かせたのが5年目の真田裕貴。堀内時代は表舞台に立つことはあまりなくどうしてしまったのだろうと心配していたが、1年目に先発を任せてくれた原監督、新しく来た尾花コーチの下で今年は意識が変わったのだろうか。後半の3イニングを放って結果は無失点。内角をどんどん突く強気のピッチングを見せていた。先発が同い年の野間口だったのも刺激となったのかもしれない。今日の出来だけで判断するならば贔屓目かもしれないが真田を見てみたい。

|

« 球界の紳士よ、永遠に | トップページ | ディロンファーストフラグ立つ? »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再起の年に:

» 心に刻んでおきたい言葉の一つ [ プロ野球狂の詩]
「お前はいったい何歳なのだ? 」とたまーに友人や知人に聞かれる。あげくに同じ歳のカミさんにさえ「あんた歳、サバよんでない?」と聞かれる始末である。ようは祖父母に育てられた訳で [続きを読む]

受信: 2006年2月21日 (火) 23時33分

« 球界の紳士よ、永遠に | トップページ | ディロンファーストフラグ立つ? »