« 横浜(札幌)●1-5 実験台 | トップページ | 20:30 »

2006年7月13日 (木)

横浜(札幌)●1-2 懲りない男

横浜の門倉にいいように抑えられ、久保が早速2ランを打たれるという仕事をやってのける。巨人は小関のタイムリーで1点を返すのが精一杯。このまま試合終了。

今日の試合を見て本当に懲りないなと思いました。あの監督は。ワンアウト二・三塁で代打清水といった時は完全に末期だなぁと。その後に出てきた木村の代打成績を知っていれば10人に10人が木村を選んだろうよ。先発ではポカやらかすから使えないけれど、あれだけ打てるんならあの場面で使わずいつ使うよ?清水以外の代打二人が結果を残した事を考えると今日最大の失敗と言ってもいいだろう。というか二軍調整させるなら仁志だけじゃなく清水もでしょ。本当に解せない。

|

« 横浜(札幌)●1-5 実験台 | トップページ | 20:30 »

試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜(札幌)●1-2 懲りない男:

» ちょっと分析してみました [ピア 徒然見聞録]
この試合も負けましたね →公式HP:2006/7/12 先発がGラバーと知り、あぁ今日はぼこぼこに打たれるのか orz と覚悟したんですが、2群での修行がおかったのか、低めに丁寧に投げて無失点で切り抜けたようです。守りもよく、亀井の好返球も... [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 21時49分

« 横浜(札幌)●1-5 実験台 | トップページ | 20:30 »