« 阪神(東京)○4x-2 400-401 | トップページ | 阪神(東京)●1-5 マイペース »

2006年8月 2日 (水)

阪神(東京)○3-2 4番ノチカラ

金本の内野ゴロの間に先制されたが、鳥谷のエラーがあり同点に追い付いた。6回、内野安打の木村を置いて、スンちゃんが福原の甘いカーブを捕らえ打球は昨日のサヨナラホームランと殆ど同じ位置に飛び込む勝ち越し2ランホームラン。その後満塁とするも追加点は入らず。

7回、先頭の濱中にホームランを打たれランナーを溜めて代打・桧山を迎えた時点で西村は交代。マウンドには林が。ここで岡田監督は町田を使ってくるかなと思ったがそのまま桧山勝負。ど真ん中の変化球を空振りしてくれて三振。8回ツーアウトからスペンサーにだけ裕也が投げて9回は尚成。ワンアウトから金本にヒットを許しバッターはシーツ。次の片岡には当然代打。ここでさっき使わなかった町田が出てきたらまずいな、と思っていたらシーツがサードに引っ掛けてくれてゲッツー。巨人が連勝した。

相手の采配に助けられた部分はある。代打の代打を送られなかったのは助かった。右の切り札とも言える町田を迎えずに済んだから勝てたのかもしれない。

この日もスンちゃんが決めた。あとの選手の頑張りも求められるだろうが、前みたいにソロホーマーばかりというわけではないし、力のないチームなりにどうにかやっているのが正直なところだろう。木村が二番でいい働きをしているのも大きいか。若手のサードが居れば非力なはずのビッグ・バン・パワーを出さずに済むのに。そうそう、昨日のテレビでも色々言っていたけれど、吉川は今年11年目なので決して若手ではないだろう、と。

親会社 よく言った!

|

« 阪神(東京)○4x-2 400-401 | トップページ | 阪神(東京)●1-5 マイペース »

試合」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。