« 東京ヤクルト(神宮)●0-6 | トップページ | 広島(東京)●0-3 PRIDEのない戦士たち »

2006年10月 1日 (日)

広島(東京)●3-5 継投失敗で負けたんじゃない

久々のドームだが、まず広島のオーダーに驚いた。二番センター真介、って勝つ気あるのかよ、と思ったが、それ以外に目をやると、嶋はいないし梵も栗原もいない。前田と新井だけ注意すればいいような打線だった。ただ、こちらのオーダーにもサプライズはあった。8番ライト清水。隣にいたファミリーのお母様も「何で謙次じゃないの」と嘆いていたがまさしくその通りだった。

一回表、内海は二人にデッドボールを与えツーアウトながら満塁のピンチを迎えたが、ここは井生をしとめて難を逃れた。一回裏、脇谷と尚広が立て続けに内野安打でノーアウト一塁二塁のチャンスを作る。由伸がセカンドゴロでランナーは進塁。スンちゃんはセカンドゴロかと思ったが前進守備の間を抜ける二点タイムリーとなった。バッテリーエラーの間に進塁して小久保のポテンヒットでワンアウト一塁三塁。しかし不調の慎之助があえなく三振。二岡が四球を選んでツーアウト満塁で清水。追い込まれた後、ひょろひょろスイングであえなく三振。あのスイング見た時点で使うほうがおかしい。

四回に慎之助が打った瞬間に分かるホームランをライトへ放った。欲を言うなればさっき打てというところだろう。

ツーアウトからランナーを出す癖があったものの打線の低調に助けられゼロに抑えた内海。五回にツーアウトを簡単に取って真介を追い込んだ後にこの日三つ目の死球。続く前田にツーランを打たれた。前回の登板による反省が全く生かされていない。打たれるのはしょうがないが取られ方が悪すぎる。ほぼ安全パイの真介を出す事なんてないだろうに。

七回にこれもツーアウトから東出と真介を出塁させ前田を迎えたが、ここは抑えてどうにか乗り切った。

八回のマウンドは豊田。内海の出来を考えれば当然の選択。しかし、新井に内野安打を打たれてからワンアウトを取った後、井生に同点スリーベースを打たれてしまう。なおも勝ち越しのピンチだったがここは抑えて乗り切った。

九回、マウンドには尚成が。しかし先頭の東出をポテンヒットで出塁させてしまう。バントで送られ前田。ここは三振にしとめ新井を敬遠。この選択は間違っていない。しかし、追い込んだ後に廣瀬に長打を打たれ2点を与えてしまった。

九回裏、永川がマウンドへ。先頭は守備で入った謙次だったが代打に木村が起用された。セカンドゴロの後、代打川中は三振。脇谷がヒットで出たが続く代打古城がセカンドゴロで終了。悔しい敗戦となった。

内海の出来は悪かったが七回二失点なら先発の役目は果たしたといえるだろう。その後の継投策も正しい判断だと思う。打たれたのはしょうがない。腹の立つのはそこからではない。野手の起用に関しては納得の行かない試合だった。この期に及んで清水を先発で使う意味がどこにあるのか。上には記さなかったけど、ノーアウト一塁からセカンドライナー併殺でチャンスを潰してるし。使う理由が全く無い選手。さらには九回、謙次にそのまま打たせればいいのに何故か代打。あの場面は謙次→代打古城(チャンスメーク)→脇谷→代打木村(得点圏で起用)がベストで川中を使う必要も全く無かった。ああいうことされては選手は腐る。若手に経験を、実力至上主義という意味でもこの日のスタメンは大失敗だった。原さんの采配には勿論疑問符が出ることもあったが、今年はそれほど文句は言わなかった。が、今日のような実力至上主義が実行されていない采配を見ると不信感を抱かないのは無理な話。今日のスタメンがまた同じだったら希望は持てないのかもしれない。

|

« 東京ヤクルト(神宮)●0-6 | トップページ | 広島(東京)●0-3 PRIDEのない戦士たち »

観戦」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。