« クローザー | トップページ | 阪神(甲子園)○10-3 アレルギー払拭 »

2007年4月21日 (土)

阪神(甲子園)○5-2 恐怖の八番打者

いきなり先発の裕也がピンチを迎えた。ワンアウト一塁三塁。ここで迎えるのは金本・今岡。まず金本をフォークで空振り三振にしとめツーアウト。今岡に対しても動じることなく、フォークが最高のコースに決まり三振を奪った。

二回、ワンアウト後、能見から二岡がヒットを放ち出塁。一人倒れて拓也が四球を選んだ。ツーアウトだがホリンズは上り調子だけにタイムリーでも出てくれるかな、と願っていたら、内角低めの変化球を振り抜いた打球がレフトスタンドへ。3点という大きなリードを得た。

三回、鳥谷にヒットを許した後、赤星にツーベースを打たれノーアウト二塁三塁。ここは二点は覚悟しなければならないなと思っていた。どうなるか見守っていたが、まず大不振のシーツを内野フライにしとめた。続く金本は変化球が高めに入ったが空振り三振。そして今岡はファーストファールフライに打ち取りこの回を何と無失点で切り抜けた。

四回、ワンアウト後、昨夜のヒーロー狩野が高めのストレートをジャストミート。これが甲子園のバックスクリーン横に飛び込むホームラン。ラッキーボーイが出てきたのは少し怖いな。五回にツーアウト一塁三塁のピンチを迎えるが、今岡をショートゴロにしとめ裕也は勝ち投手の権利を手にした。

六回表に裕也は代打を送られたので投手交代。出てきたのは予想通り野口。野口二回・会田一回・林一回を頭に描いていた。先頭の代打・濱中を三振にしとめたが、ラッキーボーイ・狩野にヒットを打たれた。続く代打光信は打ち取ったが、一割五分の代打・関本にレフトオーバーのツーベースを打たれ一点を返された。なおもピンチであったが鳥谷を見逃し三振にしとめ同点には追いつかれなかった。七回に先頭の赤星を打ち取ったところで会田にスイッチ。これは少し予想外ではあった。ま・まさか八回林で…という嫌な事態が頭をよぎった。会田は金本にヒットを打たれたもののあとは内野ゴロにしとめるナイスピッチング。

七回に久保田を投入した阪神。一点差にとどめるためJFKを投入するのかなと思いきやピッチャーは相木。あれ、では七回に久保田を出した意味は?と拍子抜け。先頭の拓也が四球を選んだ。続くホリンズの時に暴投でランナーは二塁に進んだ。この後ホリンズの強力な打球がショートを抜けた。一度はライナーになると思い戻りかけた拓也だったが、それを見て一気にホームを陥れた。ホリンズは二塁へ。ここで頼むから代打を出さないでくれ、と祈っていたら会田が打席に。ホッ、今日は出ることは無さそうだ。会田は当然バント、と思ったらピッチャーの横を抜けるプッシュバントを決めて会田もセーフ。ノーアウト一塁三塁。ここで阪神は江草にスイッチ。由伸が前進守備の一二塁間を破るヒットを放ち追加点。佳知が送ってさらに追加点を期待したが、江草が小笠原・古城を連続三振にしとめ、追加点を手にすることは出来なかった。その裏は会田が簡単に内野ゴロ二つでツーアウトを奪うと、代打・葛城を見逃し三振にしとめ役目を果たした。

九回は林がマウンドに。去年サヨナラを打たれた因縁の相手・関本を空振り三振にしとめた。続く鳥谷も空振り三振。赤星に対してフルカウントとなったが、最後はレフトフライで試合終了。痛手の残る敗戦の直後に大きな勝利を手にした。

昨日の敗戦で懸念していたのは、阪神打線を乗せてしまったのではないかということだった。しかしそれは杞憂だったのかもしれない。確かにヒットこそ出ていたが要所は抑えられていた。昨日炎上したピッチャー以外がこれだけ抑えているということは、やはりそういうことなのだろう。良くないながらも裕也が1点に止めてくれたお陰で阪神の継投パターンに持ち込ませなかった。そして会田と林の安定感は見事。最後の二人はこの二人で何も問題ないではないかと思わせてくれた。この二人が居れば今年は大丈夫だ。
そして今日のヒーローは忘れてはいけないホリンズ。猛打賞で打点4と大活躍。恐怖の八番打者に変貌しつつある。私の中でのイメージは、野村ヤクルトのヘンスリー・ミューレン。ミューレンは一発だけだったけれどそのせいで気が抜けなかった。ホリンズももしかしたらそうなるかもしれない。今週は二度のヒーローインタビュー。そんな選手をキャプラー以下と表現した人間がいるらしいが謝罪してもらいたいものだ。









ごめんなさい。

|

« クローザー | トップページ | 阪神(甲子園)○10-3 アレルギー払拭 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神(甲子園)○5-2 恐怖の八番打者:

» ‐奪回‐読売巨人軍2007#38〜ホリンズ4打点の大暴れ!〜 [桑田佳三郎ショウ]
"mihimaru GT"がブレイクしたきっかけとなったシングルは、 若い巨人ファンはご存知(かな?)『気分上々↑↑』 気分上々↑↑ その"気分上々↑↑"にちなんで(?)、今や打撃面が正に"気分上々↑↑"な選手と言えば、ズバリ デーモン....... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 23時25分

» 破壊神不在で9回も安心♪ [G-Twinkling ヒトリゴト]
2007年4月21日 対阪神5回戦   巨人3勝2敗0分  123456789計HE巨  人0300000205130阪  神0001010002101勝久保  1勝0敗0SS林 0勝0敗3S負能見 1勝2敗3S本ホリンズ 2号 2回3ラン 今日は昨日の悪夢を払拭するような試合でした。 魔法に掛かっているホリンズが先制3ランを放てば、 先発転向の久保がなんとか勝利投手の権利をもぎとり、 会田が投打に頑張って最後は林!!マサ林!!! 今年はもう林で行ってもいいでしょう!ちょっと肘が気に... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 23時29分

» 久保今季初勝利。巨人、ホリンズが大当たり! [Yが来るまで待って・・・]
阪神-巨人(甲子園)久保×能見 先発はなんと~!!久保。今年、ちっとも投げてるの見てないからどうしちゃったのかと思ってたんだけど、そうだよ。右なら久保がいるじゃない。でも、他の投手とは違った意味で、はらはらしながら見守ってました。 初回は、両チーム共に無得... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 23時41分

» お目覚め~ [みっくすジャイアンツ Since2006]
先発は西村でも無く、当然上原でもなく、なんと久保ックルでした~ 久しぶりの先発と、今シーズン初登板だったからなのか、初回から不安定な立ち上がり。常に逆球ばかりだったけど、返ってT打線を迷わせる結果に。でも、いつ点を取られるかハラハラしながら見ていました 5回1... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 23時46分

» ただいま、甲子園から帰ってきました [野球小僧でいたい]
阪神2―5巨人(21日・甲子園) 巨人は2回になんと、ホリンズの3ランで先制。1点リードの8回には、なんとなんとホリンズ [続きを読む]

受信: 2007年4月22日 (日) 00時36分

» ホリンズが点を取ればジャイアンツは負けません!新たな不敗神話... [好きです!J-POP]
前日の悪夢のようなサヨナラ負けの重苦しい雰囲気を 引きずりながら迎えた甲子園での第二ラウンド。 先発は約2年ぶりとなった久保選手でした。 出来はそんなに良くなかったと思ったんですが フォークがかなり有効な武器となってましたよね。 5回を7安打されながらも...... [続きを読む]

受信: 2007年4月22日 (日) 11時42分

» ゴージャスな活躍のカノウはこれでおシマイにしよう。 [楽巨好き。-Take it E.G.!-]
巨人快勝、豊田の屈辱を林が雪辱 http://www.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20070422-188078.html 巨人に救世主?林が締めた! http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/04/22/02.html 久保復活1勝に原監督「ナイスピッチング」 http://hochi.yomiuri.c...... [続きを読む]

受信: 2007年4月22日 (日) 20時27分

« クローザー | トップページ | 阪神(甲子園)○10-3 アレルギー払拭 »