« 中日(東京)●4-7 やはり強敵 | トップページ | 中日(東京)○9-3 二年ぶりに »

2008年5月11日 (日)

中日(東京)○5-4 野球は怖い。が、面白い。

レフト巨人三連戦の二戦目は柱の影。隣二席は販売されていないところだった。確かに見えないもんな、隣だったら。今日は阿部慎之助デーということで、試合前のダンスにはSeptemberが使われていた。いい試みだ。ヴィーナスの皆さんは覚えるの大変そうだが。ファインプレーを以下略より断然良い。

先発は野間口と吉見。初球ストレートがズバッと決まりストライク。これで行けると手応えを感じたのか、初回は三者凡退で切り抜けた。
その裏、ワンアウトから坂本が内角球に対し腕をたたんで引っ張った。打球は左中間方向に伸びてそのままスタンドイン。相手投手で一番出来の良かった吉見から早くも点を取ることが出来た。続くガッツのヒットでイケイケになるかと思ったが、ラミレスがサードゴロダブルプレーで終了。
二回、ワンアウトからゴンザレスが四球を選ぶと、佳知がヒットで一塁二塁に。続く脇谷が左中間を破るツーベースを放ちゴンザレスが生還。なおも追加点のチャンスだったが、野間口は三振、亀井がファーストゴロ、と追加点はならず。

三回までパーフェクトに抑えていた野間口。四回ワンアウトから井端に内野安打を打たれこの日初めてのランナーを出す。続く森野はショートライナー。タイロンには強い当たりのライトライナーを打たれたが亀井が対応し無失点で切り抜けた。
その裏、ツーアウトから脇谷が四球を選んだ。この回はピッチャーで終わればOKだ、と思っていたら野間口が内野安打で出塁し一塁二塁に。先ほどチャンスで凡退した亀井が、右中間を抜けるヒットを放ち脇谷が生還。一塁ランナーだった野間口も一気にホームを駆け抜けた。吉見から4得点。素晴らしい展開だ。

一つの不安は先程のタイムリーで一塁から全力疾走したことによるスタミナ消耗だった。その不安が的中し、ノリベンに打たれ一塁二塁。まあビをゲッツーにしとめればいいか、と思いきや一二塁間を破るヒットを打たれ満塁に。谷繁はライトフライ。亀井がバックホームでアウトを狙うも和田に還られ1点を返される。この時ビが一塁に残っていたので次でゲッツーが理想だな、と思っていた。代打立浪が出てきた。率を見ると今年はそれほど打てていない。狙えるかな、と思っていたらセカンドゴロゲッツー。ピンチを1点で切り抜けた。
その裏、ラミレスのツーベースからツーアウト一塁三塁のチャンスを迎えるも、佳知セカンドフライで無得点。

六回、井端を置いてツーアウト二塁でタイロンを迎えた。去年あれだけ打たれていた選手に今年はまだ被弾なし。このまま眠ってくれれば楽だな、と思っていたが、打った瞬間分かる2ランをレフトスタンドに運ばれ1点差になってしまった。
その裏、長峰からワンアウト一塁二塁のチャンスを作るも、代わった金剛に坂本がファールフライに抑えられ、さらに代わった小林に対しガッツが三振で追加点を奪えなかった。

七回は西村が150km/h超のストレートで完璧に抑え、その裏ワンアウトから慎之助がヒットで出塁すると、ゴンザレスが右中間にヒットを放ちワンアウト一塁三塁に。が、谷の外野フライは浅く阿部は還れず。脇谷が四球を選び満塁となると。代打拓也。ここで相手は平井にスイッチ。確か平井から去年ホームランを打っているし相性は悪くないだろうと期待していた。が、結果はあえなく三振。この回も追加点が奪えなかった。

八回は山口が登場。相手の代打はデ ラ ロサ。何だ、楽勝じゃないか、と思っていたら二球目を引っ張られそのままレフトスタンドに。うっそーん…こんなことがあるのか。野間口の勝ちは消えてしまった。山口も打たれることはあるだろうがまさかデ ラ ロサに、ねぇ?これもチャンスを何度も潰したからか。続く荒木を歩かせてしまい井端に送られピンチに。森野はセカンドゴロでアウトに。去年までならタイロンは当然敬遠だが、今年は和田が後ろに居るし、タイロンは不調。ここは勝負だ。ボール先行ながらも最後はショートゴロにしとめどうにか同点で食い止めた。
その裏はチェンがマウンドに。このセットアッパーの攻略は厳しいかな、と思われた。が、亀井が四球で出塁。坂本が送ったことで得点圏にランナーが。この時ライディーンが流れてきた。見てみると広島応援会の旗が。ガッツのセカンドゴロでツーアウト三塁に。続くはラミレス。歩かされる事も考えられたが勝負に。ラミレスが引っ張った打球は中村ノリの横を破り勝ち越しタイムリーに。その後満塁にチャンスが広がるも、谷はレフトフライに倒れ追加点ならず。

九回は勿論マーク。一点差という厳しい場面だったがノリベンを三振にしとめツーアウト。が、ビにフォークを拾われセカンド頭上を破るヒットを打たれると、谷繁にもセンター前にポテンヒットを打たれツーアウト一塁三塁。ここで打席には井上。藤川からアーチを放ったこともある選手。怖さはあったが最後は変化球で三振にしとめ試合終了。厳しいゲームをモノにすることが出来た。

野球は本当に怖いスポーツでもあるが面白いスポーツだ。亀井のタイムリーが出た回、四球がなければあっさり終わっていた。それが点となったが、その疲労により点を取られる。いきなりわけのわからない選手が同点弾。色々な事があるからやっぱり面白い。
野間口は後半打たれたがあの押す姿勢は良いと思う。応援歌どおり「我らを熱くする」投球の出来る選手だ。初回にそれを見せたことで坂本にもアーチが生まれた、とも考えられる。というのは言い過ぎか。
谷が一本でも打っていればもう少し楽だったが、まあこういう時もある。次頑張れ。
そして今日も何と言っても神レスになりつつあるラミレス。阪神ファンのインチキが無ければこの六連戦で三度のヒーローになっている。彼がパフォーマンスを多く見せればそれはチームも波に乗っているということ。今後もいっぱい見せて欲しい。

やっぱり強いチームに勝った方が気持ちがいい。明日も勝って九連戦を終えよう。

|

« 中日(東京)●4-7 やはり強敵 | トップページ | 中日(東京)○9-3 二年ぶりに »

観戦」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、お久しぶりです。

>ネ申レス
いただきましたw
拙ブログで使わせていただきます。

投稿: ピア | 2008年5月11日 (日) 13時47分

ピア様

お久し振りです。
特許料は頂きません笑
ドームで本当に強いですね。ホントにネ申レスになりそうです。

投稿: Taka | 2008年5月11日 (日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中日(東京)○5-4 野球は怖い。が、面白い。:

» ラミレス、殊勲の決勝打! [Yが来るまで待って・・・]
巨人対中日(東京ドーム)野間口×吉見 巨人初回の攻撃。 坂本が中日の先発・吉見から左中間へホームランで幸先よく先制! 二回、脇谷がタイムリーツーベースで2点目を挙げ、先発・野間口を援護。 野間口は味方の援護によく応え、今日は3回までノーヒットピッチング... [続きを読む]

受信: 2008年5月11日 (日) 00時20分

» ダンディ坂野とラミレス。 [G-Twinkling ヒトリゴト]
不思議な生き物の集団に見える 今日はドームで中日戦。 阿部デーということでステG参加予定だったが、 あまりにもの寒さにアッサリ降参w 17時くらいに現地到着しました。 本日1人だったので、17時に着いたものの非常に暇。 手元に招待券含めて3枚チケットがあったので、 暇つぶしをかねて3回入場して慎之助カードを3枚入手。 これで15分潰すことに成功w 寝ていた亀がお目覚め 場内に入ってのんびり観戦準備していると先発発表。 巨人は・・・野間口か。グラは1日休み... [続きを読む]

受信: 2008年5月11日 (日) 00時29分

» ラミちゃんが決めた! 苦手左腕のチェンから1点をもぎ取っての勝... [好きです!J-POP]
いやぁ~、同点となったときにはヤバイと思いましたが 苦手としている左腕・チェン選手からよくぞ1点取ってくれました。 このところ、4番・ラミちゃんが勝負を決める決勝打をよく打ってくれます。 5月に入ってエンジン全開といった感じです。いいねぇ、ラミちゃん。 ...... [続きを読む]

受信: 2008年5月11日 (日) 13時05分

« 中日(東京)●4-7 やはり強敵 | トップページ | 中日(東京)○9-3 二年ぶりに »