« 東京ヤクルト(神宮)○8-0 流れを決めた三つのターニングポイント | トップページ | 中日(ナゴヤ)●2-3 勝てないチーム »

2008年9月 6日 (土)

東京ヤクルト(神宮)●4-7 エースの姿

内海と由規の先発で試合開始。

試合が動いたのは二回裏。飯原のツーベースから送られて川島慶にフルカウントからボールとなる変化球を流し打ちされて前進守備のセカンド横を抜けて先制されてしまう。あれを打てるのなら確かに川島の状態は良いのだろう。問題はその後だった。福川を追い込んでいたにもかかわらず、明らかな失投が真ん中へ。それを捕らえられ被弾。0-3となってしまった。

相手の新人・由規だがストレートも走っていて変化球も決まり素晴らしいピッチングだった。五回ワンアウトまでパーフェクトピッチングをされていた。それでも途中でばてるだろうな、とは思っていた。由伸が打った瞬間それと分かる完璧なアーチをレフトスタンドに運んだ。これはひょっとしたら大物フラグかもしれない。松坂や田中といったスターが出始めの頃にアーチを放っているがこのクールな男が燃える何かがあったのだろう。

六回、勇人が四球を選ぶが内海バント失敗でワンアウト一塁。亀井のヒットで一塁二塁。その後ワイルドピッチが出てランナーが進むと拓也が四球。ここまで二三振ながらもガッツに廻ってきた。ここは相手を降ろすチャンスだ。追い込まれていたがここでデッドボール。一点差となり満塁でラミレス。ここで試合が決まってもおかしくなかったが、ラミレスの犠牲フライで同点どまり。並の投手ならアップアップになって降板していたのだろうが、同点にとどめたのは精神的に強いのだろう。

その裏、畠山のヒットからツーアウト二塁に。好調の川島相手に四球を出した時点で内海は交代。マウンドには越智。嫌な予感はしていた。開幕三戦目にピンチで出てきて福川にいきなりグランドスラムをくらったのが越智。同じ事をやらかすのではないか、そんな思いがあった。それが的中し、レフトスタンド前列に3ランを打たれてしまう。

その後一点を追加されほぼ試合は決まり。最後はラミレスが今年一番であろうアーチを放つも反撃はここまで。阪神が勝った事により一歩後退となった。

エースとはどういうものか、を考えさせられた試合となった。飛ばして最後は疲れが出たのだろうがピンチを作っても同点にとどめた由規に対し、追い込んでから不用意な被弾をくらったりランナーを残して降板したりと内海の不甲斐なさが目に付いた。エースになるのであれば被弾もそうだが同点に追い着いてもらった後をしっかりしなければ。ピンチにしても自力で乗り切るくらいの出来を見せて欲しかった。相手の素晴らしさは認めるが、自分達の柱に対してしっかりしろよ、という思いばかりが出る今日だった。越智もねえ、ここまでよくやってるとは思うけれど、ヤクルト戦の敗戦半分は彼が絡んでいるんだよな。福川被弾の二試合と竹内にドームで勝ち越しタイムリー打たれた時かな。相性なのだろうか。一発だけは避けなければいけない場面で打たれてしまったのが悔やまれる。また切り替えて次に臨んで欲しい。

ずっと勝ち続けるのは無理というもの。どこかで負けるもので、それが今日だったのだろう。また明日から一歩一歩。


応援団がいるブロックに座っていて、野次なんてご法度なはずだが、七回裏に福地のサードゴロを古城が華麗なる(猛毒)ポロリ(トンネル?)とやらかした瞬間に、ブチッ…
「ふざけんじゃねえよ古城」と怒声を上げてしまった。こういうこともあるものか。とまあ自分のことは置いといて、古城枠は撤廃しておくれ。

|

« 東京ヤクルト(神宮)○8-0 流れを決めた三つのターニングポイント | トップページ | 中日(ナゴヤ)●2-3 勝てないチーム »

観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ヤクルト(神宮)●4-7 エースの姿:

« 東京ヤクルト(神宮)○8-0 流れを決めた三つのターニングポイント | トップページ | 中日(ナゴヤ)●2-3 勝てないチーム »