« 2009日程発表 | トップページ | 泰示55・三年でがらりと変わった男・右の柱となるか »

2008年11月15日 (土)

スカイハイ・ゴーウエスト

出る人は長くなりそうなんで先に来る人から。サンスポの飛ばしかと思っていた日ハムのマイケルと工藤の移籍が正式に決まった。ここ数年クローザーを任せていた選手を放出するのだからよほど野手が欲しかったのだろう。セ・リーグでどこまで出来るかはわからないがセットアッパーを任されそうだ。となるとその役割を担える選手が多かった今年だけに、誰かがスターターに廻るのか。気になるところだ。工藤は前も書いたけれど松本と本当に被るんだよなあ。一軍に入れるかどうかという位置でしょう。そしてもう一人、日ハムをクビになった歌藤は、伊原さんがプッシュでもしたんだろうなと思ってしまう。オリックスの監督時代にひたすら投壊という事情もあったのだろうがひたすら歌藤を投げさせていたのを思い出す。多分その頃のような事態にはならないから大丈夫、かな。チャンスをモノにして頑張ってくださいな。

出る側。二岡はやっぱりあの騒動が原因だろう。不倫だからという単純な理由じゃなく、怪我をして一日も早く復帰に向けて調整しなければならない立場であるにもかかわらず遊んでいた、ということが問題。ガッツが苦しそうに脚を引きずりながらも、ラミが指の痛みを隠しながらも懸命にプレーしていた状況だからなおのこと。今年一年ショートを守った坂本との勝負は来年かな、という思いもあったが決まったからにはいっそう野球と向き合い結果を出して欲しい。
林は手術明けの今年は明らかにボールの切れが衰えており、まだおもわしくないのだろう、と思わせる内容だった。彼も来年かなという思いがあった。元々やりたかった先発で出来たかもしれない。市船時代のチームメートである育成4位の福元が入って本人もさあこれからって時の移籍だったからショックもあったろう。ハムで左の中継ぎは宮西だけだしボールが戻れば十分にチャンスはある。
そして今日発表された清水の移籍。少ないチャンスで調整も難しかったのか今年は最後まで調子が上がらなかった。谷・ラミレスと立て続けに外野が入り腐ってもおかしくない状況ではあったがその同じポジションに入るラミレスと談笑していたのが印象に残った。去年の謙次代打逆転満塁弾があった試合で、下げられた時も不平を言わず笑顔で、頼むぞ、と送り出していた。懐の深い人間だ。悔やまれるのはミスターが左右にこだわり過ぎて左ピッチャーの時に必ず外してたこと。レフトに元木、仁志を使ってまで下げなくとも(マルちゃんなんてのもあったな。)高校・大学時代を過ごした埼玉の西武からオファーがあり移籍することとなった。日本一になったチームに金銭で譲渡というのも不思議なものだが江藤とともに野手をまとめて頑張ってくださいな。

スタジアムでは盛り上がったゴーウエストとスカイハイがなくなるのは寂しいものだ。移籍先でも使うのだろうか。いずれにせよ新天地での飛躍を願うばかりだ。

勝利へ導け弾丸ライナー 大空向かって飛んで行け
ライトへ清水レフトへ清水 ソレソレホームラン

勝利を呼び込め ぶつけろみなぎる闘志
行けよ二岡打てよ二岡走れ二岡

己を信じて投げろ 力の限りに
林マサ林 唸れ左腕見せろ

(旧バージョンの方が長かったのでこちらで)

|

« 2009日程発表 | トップページ | 泰示55・三年でがらりと変わった男・右の柱となるか »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイハイ・ゴーウエスト:

« 2009日程発表 | トップページ | 泰示55・三年でがらりと変わった男・右の柱となるか »