« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

広島(岐阜長良川)○4-3 繋ぎの二番

家に着いたのは七回裏。ツーアウトランナー二塁で勇人という場面だが歩かされた。一塁二塁で打席には途中から守備に入った松本。フルカウントからランナースタート。そしてボールは中寄りに。ストライクゾーンに来たボールを松本が得意の流し打ち。これがショートの頭上を破り待望の先制点を手にした。ガッツが選んで斉藤は降板。代わった横山からラミレスのタイムリーで二点追加。さらに佳知がセカンド横を破るタイムリーでこの回計4得点。

球数から考え完封は困難であることは目に見えていた東野。行ける所までということだったのだが、この後のピッチングは猛省すべきものだった。ワンアウトから末永を歩かせて新外人フィリップスに2ランを打たれ降板。四球からの一発というのはよろしくない。その後大祐も栗原に被弾で1点差となってしまった。

最後は山口が振り逃げされるも後続を断ち試合終了。40勝一番乗りで貯金も20となった。

最後は危なかったが、雨・狭い球場といった難しい条件の試合をモノに出来て良かった。ツーアウトから四点取れたのも、松本が次に繋ぐタイムリーを放ったからだ。フルカウントになったことでランナーも自動スタートが出来てヒットで楽に一点が入った。簡単には倒れない、得意の形を持っている頼もしい選手に映った。相手投手の利き腕に問わず使い続けても良いのではなかろうか。新人王のチャンスもあるし。

今のところホーム地方開催は全勝。足を運んだ皆様おめでとうございます。ドームでもきっちり勝ってもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月28日 (日)

東京ヤクルト(東京)○7-1 ラッキーもありつつ勝ち越し

初回を内海が三者凡退で切り抜けると、勇人がカツオからセンターフェンス直撃のツーベース。尚広のセカンドゴロで進塁。ガッツの当たりはセンターへ。青木がダイビングしたところでアウトでも十分犠牲フライになる。ラッキーなのはギャンブルに行った結果後ろに逸れたこと。先制しただけでなくガッツも三塁に。ラミレスの犠飛で楽々追加点。

二回、先頭のスンちゃんがカツオカーブをライト前に運ぶも、けん制に引っかかり挟まれてアウト。この回は三者凡退。得点圏で勇人に打たせる形を作りたかっただけに痛かった。

三回、勇人がヒットで出塁。当然尚広は送りバント。勢いを殺さなければいけないバントは真っ直ぐサードへ。セカンドでアウトとなってしまった。その後が打ったヒット次第では還れただけに勿体無いバント失敗だった。

四回、飯原にこの日初ヒットを許すと送られて二塁。その後バッテリーエラーで三塁まで進まれてしまう。一点もののピンチで打席には青木。バッターが走った。ギャンブルスタートだ。セカンド正面。青木の打球が強かったのが幸いした。脚の速い飯原ではあったが、拓也が素早い送球でアウトに。

五回、先頭のガイエルにヒットを許すと執拗なけん制。宮本にライト前ヒットを打たれるとガイエルは三塁に。タイミングは完全にセーフだったが、全速力で勢いが余ったのかスライディングしたガイエルがベースから離れた。その一瞬をガッツが見逃さずにタッチアウト。ノーアウト一塁三塁がワンアウト一塁。大きなプレーだ。その後ラッキーな判定。相川の当たりは深いショートゴロ。タイミングは微妙だったがアウト。飯田が驚いていたしセーフだったかもしれない。あそこでアウト・セーフの違いは実は大きかったように思える。次が前回神宮で3ラン打たれた川島慶三だったから。アウトでよかった。

六回、先頭のガッツがヒットで出塁。ラミレスはフルカウントから低めの変化球をフルスイング。サード寸前でバウンドして抜けるかと思ったが宮本が横っ飛びで前に落とし素早い送球で一塁アウト。二塁三塁になるところを止められてしまった。が、佳知がこのチャンスを活かしセンターオーバーのタイムリースリーベースで一点追加。慎之助が四球を選びスンちゃん。追い込まれながらも最後はインコースのストレートを捕らえた。ライナーはライトスタンドに届く3ラン!これで試合は決まった。
七回にもガッツのタイムリーツーベースで一点を追加してあとは内海の完封だけだな、と思ったら相川が空気読まずに左中間スタンドへホームラン。あらら。完封は逃したが久々の完投。二位との直接対決を勝ち越した。

今日は運にも助けられたかな。初回にギャンブルでダイブせずに後ろへ逸らさなければ二点目は取れなかったかもしれない。ガイエルがベースにとどまっていれば同点に追いつかれたかもしれない。これらが結果巨人のいいように転がったという風にも取れる。ノーアウトからランナーを出すチャンスが何度もありもう少し取れてもいいのにというところでこちらもミスが出ていた。でも点は取られなかった。だからこそ六回に試合を決められた。
2006年の開幕三戦目で佐伯の隠し球に引っかかったスンちゃんがミスを帳消しにするアーチを放ったのを見て、この選手は失敗を取り返す、というイメージを勝手に抱いていたがそれが今日出た。三試合連続アーチ。早出で結果が出るんであれば、もっとはやくやっておくれ笑
勇人の打ちっぷりを見ると頬も緩んでしまう。今年はまだまだ育てている過程だと思っていたが十分過ぎる結果だ。チームの柱になりつつある。あれだけ打っていると打席に立つことが楽しくて楽しくてしょうがないんじゃないかと思えてしまう。頼れる選手になった。堂上を当ててしまってたら今頃どうなっていたことやら。

勝ち越したことは良しとしてまた火曜日から一戦必勝の気持ちを忘れずに。先はまだある。


0906270002



巨人が負ければ何でもいいんだなこういうのは


0906280004



失敗を見事取り返しました

0906280012



ひっそりと四番サード大田の文字が

0906280030




10連勝宣言してたが、次の相手に去年勝ってなかったような。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月27日 (土)

東京ヤクルト(東京)●1-6 捨てゲーム

今日の由規相手だと多くても三点に止めとかないと駄目だったな、先発が。しかも四点目はアーチ後に相川なんぞに。まあ、昨日の館山同様にずっと勝てるわけじゃないし、こういう日もある。どのみち二安打じゃ勝てません。

日サロが崖っぷち希望枠にエントリーされました。とうとう三木レベルに堕ちたねえ。
この日三奪三振のオビちゃんに経験積ませていつかはアルモンテレベルに…。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月26日 (金)

東京ヤクルト(東京)○7-2 上々の滑り出し

ディッキーと館山じゃ、途中入場したころはもう半分終わってるんじゃないかと思ったら意外と時間が掛かっていた。ならヒートアップでゆったり出来るな、と思ったら当日券は売り切れ。この時期のヤクルト戦でまさかこうなるとは。
四回2-1から立ち見。先頭の古城が死球。高田さんが抗議するも覆らずディッキーが送った。二点目のタイムリーを放っていた勇人がここでもタイムリー。四回にして早くも猛打賞。松本がボテボテの内野安打で出塁すると館山キラーのガッツ。ライト前にヒットを放った。勇人がホームを狙うもアウト。守備陣形が良く見えなかったのだがガイエルの肩が良かったのだろうか。ここで点が入らないと流れが変わる怖さがあったが、ラミレスがきっちりレフト前タイムリーを放った。
五回に粘られて宮本にタイムリーを浴びるも、その裏、真ん中に入った変化球を見逃さなかったスンちゃんがライトスタンドにホームラン。よしよし。
そして六回、先頭の勇人が2-2からぎりぎりのボールを見極めた後四球で出塁。松本が送った後、ガッツがライトスタンドへ運んだ。この選手は本当に館山に強い!
六回裏ツーアウトから七回まで豊田さんが抑え、その後は風神・雷神が締めた。まあプレーヤーズデーというのもあるが、間隔があき過ぎないように調整したのでしょう。

今年無敗の館山をようやく止めることが出来た。次は林昌勇に自責点…いやいや、出さない展開にしてください。リーグを代表する投手相手から、繋ぎ・一発で得点を重ねて上々のスタートだ。勇人の働きが大きかった。タイムリー二本も勿論だが、四打席目の四球もこの試合では大きな意味を持っていた。苦しんでいた館山は次に打席が回るためにこの回まで。だからこそここで得点が欲しかった。2-2からの難しいボールを選んだことによりガッツの駄目押し弾に繋がった。
ディッキーは古巣相手に気合が入ったのかな。序盤飛ばしてて球数多いから最後までは持たないなと思ったが、勝てて良かった。ヤクルトを見返すために同じリーグを選んで結果を見せたが、ここで止まらずにもっともっと勝ち星を重ねることに期待しよう。


泰示が守備についた時、歓声が大きくてびっくり。注目されてるんだなあ。「サードを狙え慶三!サードを狙え慶三!」とヤクルトファンが叫んでいたら本当に簡単なワンバウンドがサードへ。その時の沈黙ったら。貴方達の願ったとおりに慶三君は空気を読みましたよ、ええ。

ライトスタンドの端にヴィーナスっぽい女性がいたがあれは本物だったんだろうか。ブログのうpを待ってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

千葉ロッテ(東京)●4-9 甘ちゃん

途中まで投手戦ではあったが、七回ツーアウトから清水に打たれたヒット、あれで決まったようなもの。その悪い流れを東野が止められず、前の打席でアーチを放ち乗っていた竹原に二点タイムリーを打たれた。八回も東野が二発被弾し降板。ストレートの四球から被弾した東野の不甲斐なさにも腹が立つが今日は内海。ソロ二発を反省しているようだが、七回で流れを止めていればここまでグダグダにはならなかった。柱と呼ぶにはまだまだ。隙を見せてはいけない。

それにしても日曜って糞試合なること多いよな。グラシン炎上・脇谷エラーなどなど。デーゲームじゃなくってナイターにしませんか、なんて。しかし今日一番の声援がまさか泰示の場面になろうとは。

西武の中継ぎ陣が糞の役にも立たないので自力でヤクルトに差をつけるしかない。週末からの戦いまでは小休止。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月20日 (土)

千葉ロッテ(東京)○5-2 最初飛ばしすぎた

セスが初球を早坂にヒットされノーアウトランナー一塁。エンドランで福浦の当たりはショート正面でゲッツーかと思ったが、バウンドが変わったのか勇人が取れずノーアウト一塁二塁。きなりのピンチだったが、クリーンアップをフライにしとめ点を与えなかった。
その裏、勇人がツーベースで出塁すると、松本がセンター前ヒットでチャンスを広げた。ここで新たに作られたチャンステーマが鳴り響いた。続くガッツは死球。ラミレスがライト前ヒットを放ち先制。続く亀井がレフト線へタイムリーツーベースを放ち3-0に。スンちゃんは敬遠されノーアウト満塁。鶴岡は内野ゴロでホームアウト。続く古城の当たりは浅いレフトフライ。亀井が走った。これはさすがに無理だろ、と思ったらボールが逸れて四点目。セスがまさかの四球でチャンスが継続したが勇人凡退で終了。初回からまさか応援も飛ばすことになろうとは。

三回、スンちゃんがライト上段へ完璧なアーチ。この選手は渡辺俊介が大得意。マリンの時は風にやられたけれど、ドームでは打っている。今の状態でも打てる選手だったということ。そりゃあの場面で敬遠もするか。

七回に一点を奪われセスはこの回で降板。八回は山口を出したが、右の代打攻勢で1点を奪われワンアウトも取れずに大祐にスイッチ。一打同点の場面だったが、井口サードゴロゲッツー、里崎サードゴロと僅か二球でピンチを切り抜けた。最後も大祐が締めて試合終了。三連勝となった。

まあ試合も応援も最初飛ばしてあとはほぼまったりという試合だったか。二回まで危なっかしかったセスだが三回~六回はバッチリ。序盤の援護で気が楽になったのだろう。また、初回は四点目が取れたことで流れを相手に与えなかったようにも思える。あそこで三点どまりだったらまだ行けるぞと思わせた可能性もあるので。あそこで走らせるのもどうよと思ったが、あの位置で刺せないレフトはやばいだろ…。それにしても、東京ドームとスンちゃん苦手な俊介をわざわざ使うくらいなら神宮で出しとけよ、と。少なくとも一勝は出来ただろうに何故に大嶺。

明日はデーゲーム。あまり時間がないように感じるが一休みしてまた頑張りましょう。

0906200052





0906200065




My Hero をカメにした人はホクホクだろうな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月17日 (水)

埼玉西武(東京)○2-1 価値ある連勝

仕事で遅くなりドームに向かいながらモバG見てるとふるしろ本塁打…ええええええ??今日の涌井は最後まで投げられないと思っていたが、まさか古城がねえ。ぎりぎり外野席のポイントチェックは間に合い山口と大祐のピッチングを堪能。いきなりボカチカに死球でどうなるかと思ったが残り四人を大祐が完璧に抑えた。最後は、外野席から見てファールかと思ってたから、三振と知って、「あ、あれ、勝ったの?」と半端な喜び(笑) まあいいや。勝ったし。

二試合とも一点差勝利。どちらに転んでもおかしくない試合で連勝出来たというのは大きい。あとはぐっさんと大祐に負担をかけすぎないように、先発頑張れ!

土日に果たして泰示の出番はあるか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月16日 (火)

埼玉西武(宇都宮)○7-6 Vへの道 拓け

ラミレスのタイムリーで先制しながらもケツが片岡に2ランを浴びて逆転を許すと、栗山・中島の連打で1-3となった。さらにおかわりにもレフト線に打たれ中島にホームを突かれそうだったが、ラミレスの返球を受けた坂本がすばやい送球でアウトに。映像で見たら素晴らしいプレーだった。
その裏に鶴岡のタイムリーで一点を返してツーアウトから坂本が歩かされて一塁二塁。真ん中に入ったスライダーを拓也が見逃さずにレフトスタンドへ逆転3ランを放った。さらにガッツもアーチで続き6-3と石井一久をKOした。
六回裏、先頭の松本がヒットで出るも盗塁失敗。嫌な流れになりかけたが坂本が技ありのアーチで7-3に。
五回から山口、七回から大祐と繋いできたが、古城のエラーから大祐が三失点。栗山の当たりも抜けそうだったが拓也がナイスキャッチ。同点にはならなかった。
九回は豊田。中島・中村・GGと一発のある選手ばかり相手という厳しい場面。中島を三振にしとめ、中村は歩かせて、GGはライトフライ。ここで代打・ボカチカ。少ない打数ながらも二桁のアーチを放っているという怖さはあったが、この日決まらなかったフォークが最後見事に決まり三振。久々に豊田の雄叫びを見た。連敗を三で止める大きな一勝となった。

初回の誤審が試合の流れを分けたとも言えるが、坂本と拓也がよくやりました。ラミレスがもたついていて一点をさらに取られそうだったところをストライク返球。打撃では四打席すべて出塁。死球で大事をとって交代したが、ここの所調子を崩していただけに安心出来る内容だった。そしてバント二つに逆転3ランを放った拓也。八回、相手に傾いていた流れを止めた守り。これも実に大きかった。文句なしのヒーロー。これからも頼みます。

明日は涌井とディッキーか。ある程度ディッキーに長いイニングを投げさせることを考えて風神・雷神を二回ずつ投げさせたのだろう。久々のドーム、白星お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月14日 (日)

ソフトバンク(ヤフー)●1-5 頼むから消えてくれ

東野…七回ワンアウトから小久保にストレートの四球
山口…一塁二塁の場面で長谷川にデッドボール&松田にタイムリーを浴びアウトとれず降板
坂本…ゲッツーで同点どまりになるところをエラーで勝ち越しを許す

まあ、競った展開でこれだけ失敗があれば負けるわな。序盤に苦しんでいた杉内から一点しか取れなかったのも痛かったけれど。まあ彼らで勝てた試合も多いんで、この試合だけで駄目とは言いません。相手が悪かったか。


八回にオーストラリアの給料泥棒が被弾・死球・死球、タイムリー二発で完全に試合をぶち壊した。両方のファンから嫌われたことは間違いない。して、とは言わない。頼むから俺らの前から消えてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ソフトバンク(ヤフー)●1-3 2時間30分

0906130006






0906130008







0906130012









久々の遠征。2時間30分で終了…(-_-メ)
まあ二番三番がダメダメだった。ふるしろ猛打賞・尚広マルチ、と下位打線は良かったが。。。九安打で一点だもんな。
それにしても、あっけなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

オリックス(スカイマーク)●2-4 こんな時もある

ネットで経過を見て、初回に先制してよしよし、と思ったら、ディッキーが今シーズン初四球。おろ?珍しい。とうとう止まったか、と思ったらボークで進まれ、バントと犠飛で同点に追い着かれてしまう。まさかは続くもの。二回裏にランナー一人置いて、塩崎に2ランを浴びた。その後五回に一点を取られ四失点。帰ってから結果を見てみると、ナインに救われたプレーが多々。阿部が刺せなかった後に被弾したわけだが、亀井と松本が失点を食い止めたようだ。悪い日だったということか。それでも完投したのだから投手に迷惑はかけなかった。ずっと勝てるわけではないし負けはいつか来る。次に期待しよう。

他所を見てみると、館山は八連勝。今日は三点取られたが相手が大場先発っていうのにも助けられたかな。とはいえ立派なもんです。自由枠じゃなかったんだよなこの選手。その年に自由枠だった木佐貫・久保ってどこ行ったのやら。そして広島ファンの皆さん…ご愁傷様です。野手も大変だったろうが、40分にわたり立ち応援し続けた千葉ファンもかなり大変だったはずだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月10日 (水)

オリックス(京セラ)○5-1 想定どおり

相手の先発が中継ぎの本柳という時点で面子がいなかったということなのだろう。二回で交代していたし。セスは三回まで苦しんだみたいだけれどオリックスの拙攻に助けられすいすいと八回まで投げていた。試合後の監督インタビューで上り調子と評していたが…


西武戦だけはやめてくれ・・・

鶴岡・松本が猛打賞。イイヨイイヨー。セス専属キャッチャーになったね、鶴岡は。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 8日 (月)

東北楽天(東京)○8-3 ラミレスデーで亀井目覚める?

早い時間に見られるはずだったがひょんなことで遅くなってしまった。六回裏に代打スンちゃんが出るところで席に着いた。その時点で4-1とリードして一塁二塁のチャンス。ライトへ久々にいい軌道のライナーが飛んだ。右中間フェンス直撃のタイムリーツーベース。やっとヒットが出たか。
七回、ワンアウトから松本がセンター前ヒットを放ち出塁。続く亀井の初球。完璧だった。ライトスタンド看板付近まで飛んだのではなかろうか。あの一本だけでも今日は見に来た価値がある。
先週九回を投げきり中五日の尚成は八回ばてたのか一点奪われなおも満塁のところで豊田さんにスイッチ。一球で代打藤井を5-5-3のゲッツーにしとめた。
一球しか投げなかったので当然九回も続投。ヒット一本許すも最後はセンターフライで試合終了。ドーム四連戦で全て白星となった。

最初から見た人にとっては最高の試合だったのではなかろうか。勇人の先頭打者アーチに始まり、佳知の勝ち越し弾、立て続けに出た亀井のアーチ、そして今日の主役ラミレスのアーチを見られて気分は最高だったに違いない。ヒーローインタビューの時に聞いて驚いたが今シーズン最多タイの動員だったそうな。月曜の集客は苦しんでいた気がするが、立派なものだ。
そんなラミレスデーで結果を出したのが亀井。打率もとうとうガッツに並んだ。二年前代打で出てきてバットを振らなかったのを見た時は、この選手は厳しいかな、と思ったがそこから力を付けたなと。左右関係なく固定したい選手だ。
八回の守りを見ると、松本・尚広・亀井に、中井・勇人。尚広以外はちょっと前だったらぱっと見イースタンかなと思うようなメンバー。中井はまだまだこれからだろうが、確実に若い選手は成長してるのかなと感じた。これからも楽しみだ。

松本にも応援歌が出来た。プロ選手としてプレーも評価も上っていることが喜ばしい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

東北楽天(東京)○3-2 何自分で首絞めてるのよ

やはりノムは奇襲が好きなようだ。巨人が過去苦しめられた有銘を先発に使ってきた。三回を無失点で抑えられその後満塁のチャンスに代打が出されて降板。代わった佐竹から慎之助がツーランを放ち先制。これでホーム楽天戦は三年連続アーチ。お見事。
楽天のメンバーを見ても東野は最低七回を抑えなければならないところだったが、内容は全然駄目。無駄な四球が多すぎる。2-0と早々に追い込みながらも歩かせたり、ピッチャーの有銘を歩かせたり。六回で四死球六個はあまりにも多すぎる。楽天の攻撃がグダグダで無失点で済んだに過ぎない。さすがに希望の星・草野に死球を与えた時はあの楽天応援団からも「讀賣倒せ」コールが出てきたか。いやー、スンマセン。
裏に追加点を得るチャンスがあったが、ふるしろ内野ゴロに置物三振と最悪。
そんな中七回のマウンドにMICHEALが登った。するとワンアウトから三連打で一点奪われ二塁三塁。豊田にスイッチするも中島を歩かせて満塁に。マウンドには山口。憲史の内野ゴロが小笠原の野選を誘い同点に追い着かれてしまった。が、その後嶋と藤井を抑え勝ち越し点は与えなかった。
八回に大祐。ツーアウトから二人を歩かせ鉄平勝負。どうにか三振にしとめた。
その裏、この日ボール球を続けて振って三振するなど不調だったラミレスがフェンス直撃のツーベースで出塁。代走尚広。代打・松本の内野ゴロで三塁に進むと、亀井の犠牲フライで生還。
九回はクルーン。先頭内村のゆさぶりには引っかからなかったが打たれた。バッテリーエラーで二塁に進まれると憲史は四球。続く嶋はバント失敗。牧田は打てる様子も無く三振。渡辺を迎えたところでまたバッテリーエラーで二塁三塁に。フルカウントでピンチだったが最後はフォークがいいところに決まり三振。どうにか勝ちを手にした。

相手の状況を考えるとここまで苦しんではいけない。草野と鉄平以外怖さを感じなかった。スイスイ行くべきところを東野が勝手に苦しんでいた。五回にピンチを迎えたところで降板させたい気分になるくらいイライラする内容。六回まで投げたのは勝ちパターン以外の中継ぎがしょぼいからでしょう。勝ちが消えたのはMICHEALのせいじゃなく自分が不甲斐ないピッチングをしたから、と今日は猛省して欲しい。んで、おしマイケルは、使えないや、アレ。こんなのが越智や山口の数倍もギャラを貰っているんだというのが腹立たしい。クルーンおじさんは、まあ、抑えたからいいや。毎試合投げてるしお疲れさんです。でも、相手に豚さんが残っていたらもしかしたらやられていたかもしれないな。

明日は尚成。通常ならば楽に行けると思うが前回は九回を投げ切って中五日。不安はそれだけ。明日は打線が投手を楽にしないとね。

0906070016




キーパー慎ちゃん

0906070024



何気にヒーローになるの多い亀井さん

0906070030






0906070040

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 6日 (土)

北海道日本ハム(東京)○3-2 価値ある一勝

相手は日本を代表するピッチャー。初回に松本がヒットと盗塁でチャンスを作るも得点ならず。その後は五回まで音無し。内海は二回にツーベース二本で先制されるもあとはまずまずだった。

試合が動いたのは六回。稲葉に対しノースリーとなったところで外角勝負、これはファール。予想通り打ってきたか。警戒していたのだろうが、次のボールをライトスタンドに運ばれた。一点を争うゲームでの二点目は痛い。

その裏、ワンアウトから内海に代打・工藤。工藤が流し打ちで出塁すると、さらに勇人も流し打ちで出て一塁三塁のチャンス。ここで松本が得意のレフト前ヒット。工藤が生還した。同点・勝ち越しも狙える場面。ガッツがセンター前にヒットを放ち勇人が還り同点に。そして、ラミレスが流し打ちしてファーストの横を破った。松本が還り勝ち越し!!バッテリーエラーで二塁三塁となり亀井。ここで二点取れば決まる、と思ったがアンラッキーなセカンドライナー併殺。しかしダルビッシュから勝ち越し点を奪えた。

七回は豊田さん。鶴岡・ダルビッシュに危ない当たりを打たれるもアウト。最後は田中を見逃し三振にしとめた。締めはカッコイイ。

八回は山口。デカいボッツをセカンドゴロにしとめたが稲葉には打たれた。続く高橋の初球は内角ストレート。これを痛打され一塁二塁。同点のピンチで迎えたのは小谷野。これまた初球をセンター返しされた。サードは止めるかなと思ったが廻してきた。松本の送球はバウンドしながらもストライク送球。これが間に合ってアウト!!!止めることも考えられたがあの正確なバックホームが素晴らしい。糸井をセカンドゴロにしとめピンチを逃れた。

九回はクルーン。いきなり金子を歩かせ鶴岡はバント。突っ立ってられた方が怖かったのはナイショだ。続く打率五割の稲田はピッチャーゴロ。振り向くと金子が止まっている。ドドドドド。あのクルーンが迫ってきて金子はしばらく動けなかった。セカンドに逃げるもクルーンがデカい身体を伸ばしてアウトに。が、その後うずくまっていた。どうなる・・・。一度ベンチで治療を受けてからダッシュで戻ってきた。コントロールは安定しなかったが最後は田中を三振にしとめゲームセット。日本を代表するエース相手に大きな一勝を手にした。

ナイスゲームだった。こういった試合で松本が活躍出来たという事が喜ばしい。打撃は調子を落としたかに見えたがダルビッシュ相手にマルチヒットは自信になるでしょう。そして六回の集中打は打線と打撃コーチを褒めなくては。五連打は皆見事にセンターから逆方向。その狙いが当たった。久々に痺れた。その後の亀井も紙一重。結果は出なかったが、今日は彼の守備に助けられた事も忘れてはいけない。

久々に嬉しい勝利だった。

0906060004_2

0906060005_2

 



お立ち台はW哲也



0906060019_2



まっつもとぉ~



0906060036_3

 

 



0906060039_4

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 5日 (金)

北海道日本ハム(東京)○5-2 伝説のエースに並んだ

ネットで経過を見ているとAFOから嘘みたいな連打。先頭の勇人がヒットで出て寺内は送りだなと思っていたらヒットで一塁三塁。ガッツタイムリーであっさり先制。ラミレスは併殺かと思ったら田中がファンブルしてセカンドだけアウトで一点追加。佳知・亀井と連打で慎之助が犠牲フライで三点目。そして漢・大道のタイムリーで四点目が入った。
ディッキーは三回藤井にヒットを浴びて田中にチャンスを広げられワンアウト一塁三塁。森本をピッチャーゴロにしとめたが、稲葉にタイムリーを打たれ失点。
四回から観戦。二安打を放っていた寺内が江尻からもヒット。すげぇぇ、と思ったら暴走で二塁タッチアウト。ポカをやらぬセカンドはいないのか・・・。
五回、ツーアウトで迎えるは稲葉。ツースリーから粘りに粘る。そして甘くなったチェンジアップを軽々ライト上段に運ばれた。ぬう、あれは相手を褒めるしかない。もしこれまでに一度でも四球を出してたら歩かせ気味になり打たれなかったかもしれないがしょうがない。
七回は林がマウンドに。ラミレス・佳知とフォークで連続三振。亀井はフルカウントから選んだ。続く慎之介が左中間に放った打球は糸井の横に落ちた。そして亀井が一気に生還。大きな五点目が入った。
七回途中から山口、八回は大祐がマウンドに。ツーアウトから連打を浴びたが小谷野のサードゴロを捕ったガッツが身体ごと突っ込んでアウト。
クルーンは稲田にヒットを打たれたが簡単に後続を断った。ディッキーで勝って以来久々の勝利となった。

伝説のエース、沢村栄治の記録に並んだディッキー。終わってみればこの日も無四球。順調すぎて怖いくらいだ。しかし本当にヤクルトにいたら大変なことになっていた。館山と二人で貯金13。怖ぇぇぇぇぇぇぇ。序盤を見てこれで打ちすぎたら明日打てねえだろうな、と思ったがまあ頑張り過ぎず少しホッとした。それでも厳しい相手には変わりないが。。。

明日は勝ち負け抜きにしてプロの勝負を楽しめるのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 3日 (水)

千葉ロッテ(千葉マリン)二試合ドロー 仕事しろ

しかしまあこんなにも打てないものかと感心する。鶴岡のポロリがなければという考えもあるけれど今日は打線でしょう。鈴木の結果オーライツーベースでチャンスにもかかわらず甘い球を見逃して三球三振した坂本。ノーアウトから亀井が四球を選んだのにバント失敗する木村。あのバント失敗で仕掛けたエンドランで古城の当たりがサード正面になってダブルプレーになってしまった。しかしセカンドはこないだやらかした古城がまだましという状況。寺内の伸び悩みが残念でならない。

まあ、この最悪の状況で一敗しかしていないっていうのも奇跡だよな。野手が仕事すれば四つ勝てたかもしれないが長いシーズンこういうこともあるか。一打席で下がったスンはまた腰なんだろうか。ちょっと気になる。

明後日からは藤井-ダル-岩隈-長谷部…さてどうなる。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »