« 広島(札幌)□3-3 決められない | トップページ | 東京ヤクルト(東京)○2x-1 予想以上の開花 »

2009年8月 8日 (土)

東京ヤクルト(東京)○10-7 ま、面白かったですよ

早出の影響で今日は試合開始から見ることが出来た。

初回に内海が四球-バント-タイムリーであっさり先制を許した。判定に助けられどうにか一点に抑えた。その裏、坂本が館山からラッキーなセンター前ヒットで出ると、松本はバントではなくヒッティング。バウンドがサード頭上を超えてヒットに。続く館山キラーのガッツがライト線ツーベースであっさり逆転に成功。一人倒れて亀井がセンターオーバーのタイムリーツーベース。一人倒れて古城のセンター前ヒットでもう一点。館山からいきなり四点を手にした。
二回、宮本にツーベースを打たれワンアウトから川島にヒットを打たれ一塁三塁。ま、次にかけるために二塁に送るんだろうな、と思ったら強攻。館山をサードゴロゲッツーにしとめたが、思わず両手を広げるくらい不思議なプレーであった。一点差なら内海は危なっかしいのに。巡り合わせとはいえバントが無かったことに助けられた。

試合は六回まで進み、飯原に一発を浴びて4-2となった。その裏、先頭の慎之助が左中間にアーチ。試合が動くとこちらも点を取る、不思議なもんだ。続く古城がヒットで大二郎に送らせようとするもバント出来ずさらにはエンドランを外されアウト。あーあ、と思ったら大二郎にデッドボール。あらあら、何やってるんだか、とビックリしてしまった。得点圏なら代打に谷を出したのだろうが、ここで出てきたのは工藤。ここが面白くなろうとは出てきた当初は予想出来なかった。
館山がアップアップだったのからかもしれないが工藤が粘りに粘っていた。これで仮に凡打に終わっても寺内あたりはこの姿勢を見習って欲しいなと感じた。ここまで投げてきたスターターに少しずつジャブをくらわせて、最後は四球を選んだ。
そして次のホームランは出る予感がたっぷり。坂本が見事にスリーランを放った。記録は当然坂本のホームランだが工藤のアシストがあってこそだ。こうして館山をKOした。さらに画伯から松本がヒットを放つと、ガッツがレフトスタンドに叩き込んだ。

七回は大祐。最初はおや?と思ったがここのところ良くないので調整なんだろう。しっかり抑えた。
まあ相手も宮本や相川下げてるし、マイケルや深田で十分じゃない?と思っていたがこの後まさか劇薬の効果を知ることとなるとは。
マイケルがヒットを二本浴びて、代打竹内のところで深田にスイッチ。相手も代えてきて畠山。あっさり歩かせて満塁。打席には川本。こいつにはよくやられてるし満塁出るんじゃないかと言う匂いがプンプンしていたフルカウントから見事に被弾。負ケル・不可田・カトケン(笑)となるだけでこんなにもなるのか!凄すぎだぜこいつら。

劇薬効果でクルーンの出番が。出るなんて思ってなかったクルーンは一打同点にまで持ち込まれるが最後はショートゴロで試合終了。

札幌では不調だったガッツが館山相手に蘇っちゃった。松本ツーベースの後のショートライナーだってシフトしかれなければヒット。ドームでのヤクルト相手には鬼状態。振り回してバッティングが乱れてるなと思いきやホームランの慎之助。実に効果的なアーチだった。坂本はスリーランのみじゃなく守備も良かった。クルーンおじさんが一点にとどめたのだって田中の深い打球をアウトにしたからよ。
まあ見込みのある奴だったら、こんな試合でクルーン使う展開にするなと憤っているのだろうが、あの二人ならこういう結果も有り得る訳で。これで二軍に落ちてくれれば言うことなしです。内野席に投げたマイケルのボール、投げ返しちまえと思った私をお許しください。

明日はセスとユウキ。ガッツの250号は彼からだが、全体的に打ち崩したイメージが無い。その試合は延長に持ち込まれてチリチリに被弾したからな。。ただ、明日勝たないと。日曜は由規相手にケツなんで。

|

« 広島(札幌)□3-3 決められない | トップページ | 東京ヤクルト(東京)○2x-1 予想以上の開花 »

観戦」カテゴリの記事

コメント

Takaさんこんばんは!

参戦お疲れ様です。
明日明後日と東京ドームへ遠征です!
楽しんで観戦してきます。

できれば・・・勝ちますように(-人- )

投稿: | 2009年8月 8日 (土) 01時18分

ななしさん

というか、バッタさんですよね笑
私もレフGにて参戦です。
ともに応援頑張りましょう。
勿論、勝ちますように・・・。

投稿: Taka | 2009年8月 8日 (土) 01時22分

あ、名前消えちゃってました?
すんません・・・

自分はライトで応援です!
頑張りましょう~(≧∀≦)ノ~~

投稿: バッタ | 2009年8月 8日 (土) 01時44分

はじめまして、こちらの記事はよく拝見させて頂いております。
昨日はまた、こめかみがピクピクするようなゲームになってしまいましたね。

7回の越智の登板は、おそらく調整というよりも、内海への代打の段階で準備していたのが越智、山口だったからではないかと。

その時点では2点差でしたから、マイケルや深田に準備させているはずもなく、まさかの一挙6得点だったので、7回だけは仕方なく越智が投げたと・・・・たぶんそんな所でしょう。

投稿: ケンスケ | 2009年8月 8日 (土) 11時32分

ケンスケ様

はじめまして。コメント有難うございます。
ああ、確かに勝ち越されるまでは点差も少なかったですしね。六回表時点では私も越智-山口を予想してましたし、仰るとおりですかね。
あの二人が一軍という信じがたい事実に、二軍選手は何を思うでしょうか。大きなチャンスのはずなんですけどね。。

投稿: Taka | 2009年8月 8日 (土) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京ヤクルト(東京)○10-7 ま、面白かったですよ:

» 8月7日【巨人−ヤクルト】10点取ってもヒヤヒヤ、マイケルが「接戦」演出!? [子ソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
巨人 10 ― 7 ヤクルト 2009年8月7日 なんでヒヤヒヤ?  7回制のソフトボールなら快勝でした。 【 繋いだ初回】  初回に、内海が四球絡みで1点先制されて少し感じ悪かったけど、その裏の巨人は坂本・松本・小笠原3人であっさり逆転。  5番の亀井も頼もしいタイムリー二塁打。(中心選手らしさが出てきました)  さらに古城も貴重な4点目をたたき出す。  いきなり5安打集中で気分良いのであります。 【 ドカンと6回 】  7時からは子どもにチェンネルを譲... [続きを読む]

受信: 2009年8月 8日 (土) 09時03分

« 広島(札幌)□3-3 決められない | トップページ | 東京ヤクルト(東京)○2x-1 予想以上の開花 »