« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

日本シリーズ 北海道日本ハム(札幌)○4-3 追い越されなかったこと

勝利監督インタビューで監督が仰ったよう、「追い越されなかった」ということに尽きるゲームだった。

佳知の先制弾が出た裏に、スレッジに被弾し1-1に。五回にツーアウト二塁三塁から坂本がレフトフェンス直撃の2点タイムリーツーベースを放った。
六回裏、スレッジと小谷野に連打を浴びて一塁二塁。糸井のバントを拓也が好判断でサードアウトにした。鶴岡に送らせて、ということも考えられたが、次の金子が当たっておらず相手は坪井を送ってきた。ここで山口にスイッチ。相手は代打の代打で二岡を送ってきた。追い込んだものの変化球を引っ張られレフト前ヒットで一点を返された。が、この後山口が抑えた。
相手は七回からキャッチャーに新人・大野を起用。投手もここのところ投げていない建山にスイッチ。佳知が三本目のヒットを放つと相手は林にスイッチ。慎之助が追い込まれながらもヒットで一塁三塁。拓也がスクイズ空振りのふりをして慎之助が二塁へ。チャンスが広がったが拓也三振。古城に代打・大道。ここで相手は江尻にスイッチ。そしてこちらもスンちゃんを起用。一つ前の甘いボールをしとめられなかったが、次の甘いボールを詰まらせてセンター前に運んだ。もう一点欲しかったが後続が倒れ追加点ならず。
七回・八回は山口・越智が四球ひとつ出しながらも抑えた。
最後はクルーン。が、田中のバントが頭上を破ってヒットに。森本にボール先行してやばいなと思ったがショートゴロ。稲葉もライトライナーにしとめてツーアウト。大丈夫だと思ったが、高橋にセンターオーバーのツーベースを打たれ一点差。スレッジを追い込みながらもフォークを投げるしかなく最後は見極められ四球。長打でサヨナラという場面で打席には小谷野。ここまでくるとどちらに転んでもおかしくはない。追い込んだ後高めに変化球が入った。が、これを読んでなかった小谷野は反応出来ずボールはそのままミットに。これで逃げ切った。

六回に追いつかれなかったことが大きかった。一点は取ったものの正捕手の鶴岡を下げた日本ハム。少なからず影響はあったのではなかろうか。追加点は絶対防がないと行けない場面で三人の投手をつぎこみながらも失点。この一点が決勝点となったことを考えると大きな痛手になったことだろう。
最後のクルーンには冷や冷やしたもののクローザーは追いつかれなければ良い。どんないいピッチャーでも失点はするのだからここでつぶした、と思えば。

第二戦が大事とはよく言ったもの。ここをものにしてホームで戦いたい。明日はクリーンアップの誰かが打つことに期待しよう。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2009年10月29日 (木)

ドラフト・私は見逃さなかった

岩手の菊池さんは西武に決まったそうで。まあ良かったんじゃないでしょうか。メジャーに行った前例もありますし。どこかの若手が伸びない球団に行くよりは彼にとってはいいことだったのかと。
巨人に関しては一位は明白だったため特に驚きも無く。3年越しに念願が叶って良かったね、と。阿部二世と書かれていた河野君が育成枠で取れるとはおもわなんだ。

鬼屋敷は一時期ドラフト資格なしの大物と言われていたが二位指名。将来に向けて何気に大きな補強かもしれない。
が、その二位で期待のキャッチャーに対し報知が失礼をやらかしたことを私は見逃さなかった。

oniyashiki..htm ってなんだ、おにやしきって(怒

| | コメント (3) | トラックバック (0)

確保

3戦目以降のチケットは全て確保、と。
3…C席
4…先行ライト
5…レフト

念のために6~7のビジター指定も確保。そこまでもつれたらもう行くっきゃあるまい。でも五戦目までに決まんねえかな~。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

一夜明けて雑記

チケットぴあ様、どうもありがとうございます。引き換えを忘れるなよ、俺。この試合で決まれば理想ではあるけれど、そんな簡単な相手じゃあないな、うん。

尾花さんはベイスですか?某掲示板じゃピッチングコーチの後任が山Qなんて話もあるようですが。本人次第か。野球人なら監督は憧れるだろうけれど、今のベイスに行くのは本当に火中の栗を拾うようなもんだよな。

立浪さんは巨人ファンに感謝して素直に相手の強さも認めていたのにこのおっさんは・・・。
落合監督3連敗終戦も見くびるなよ/CS
 「2009年は負けて終わったけど、思いがけない風が1年間吹きっぱなしだったってのが現実だな。何をって? いろんなこと。ぼかしてるんだから自分で考えて。これが、正力松太郎さんが目指した野球界か聞いてみたいな」。悔しさを押し隠して就任7年目の来季に臨む。やはり立ちはだかるのは巨人だ。それでも落合監督は言う。「巨人との差? 何もないと思う。今年は力がなかった。逆転することは十分ある」。

言っていることが本気でわかりません><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CS 中日(東京)○8-2 全員野球を見せたクライマックスシリーズ

試合のことを書く前に、D席って応援エリアだったっけ??上のほうだったせいかスタンディングの人が多く、こりゃ私も、となってしまった。今日はまったりだろうと飲み物もリットルじゃなかったことに少し後悔してみたり笑 まあまさかあんな盛り上がる展開になるとはな、三回に。

初回を東野が三者凡退に抑えた。今年のCSでははじめてのこと。その裏、中田から坂本がレフト線へツーベース。続く松本の送りバントを何と中田が悪送球。この間に坂本が還って先制。ガッツが選んで一塁二塁。ラミレスが三振に倒れたが、亀井のタイムリーで二点目が入った。

三回、松本が四球を選び、ガッツの打席で盗塁に成功。ガッツのヒットで一塁三塁に。先ほど三振のラミレスがタイムリーを放ち三点目が入った。なおも一塁二塁。バントも十分に考えられるシーン。構えてはいなかったがセーフティバントを試みた。いい位置に転がってセーフ。ノーアウト満塁とチャンスを広げた。ここで佳知。左中間に飛んだ打球は伸びて・・・グランドスラム!!後々で映像を見ると打った瞬間に万歳をしていたようだが打球を見ていて気付かなかった。入ったのを見てからこちらは大喜び。二階席の人があれだけ立ち上がるとは。精神的に切れていた中田は慎之助にストライクが入らず四球となったところで降板。
四回、ブランコがライトへ飛ばした大きな当たりはファールかな、と思ったらホームラン。まあソロなら痛くない。
五回、ワンアウトから谷繁にヒットを打たれ、代打井上はファーストゴロ、と思ったら亀井がまさかのトンネル。井端・荒木に連打され一点を返されなおも満塁というところで監督が出てきた。左相手ということもあり金刃を挟むかなと思ったら、何と越智。連日投げさせているのにここで使うとは驚いた。大丈夫かと不安だったが、その越智が森野・ブランコを連続三振にしとめピンチを切り抜けた。
イニングまたぎの不安はあったが六回も越智が抑え、これで七回以降三人が使えるようになった。その裏、ラミレスの内野ゴロで一点を追加して8-2になった。
七回は豊田。三者凡退。八回に入る前に横の人からオレンジテープを渡された。二階で?と思ったが芯を抜けば大丈夫みたいだ。ありがたく頂戴した。芯を抜いている間に山口がクリーンアップを三者三振にしとめた。この三戦、昨日はヒットを一本打たれたが状態はシーズンを通して一番いいんじゃないの?というくらい仕上がっている。日本シリーズは安心して任せられそうだ。
最後はクルーン。ワンアウトとなったところでこの人の登場。スタンド全体から拍手が沸き起こった。
0910240031













これが本当の最終打席。結果はレフトフライ。再び全体から拍手が。これで現役生活に幕を下ろした。22年間、本当にお疲れ様です。
最後は谷繁が引っ張った打球を寺内がジャンピングキャッチ。シーズンの優勝決定同様にサードライナーで幕を閉じ、日本シリーズ進出を決めた。

このクライマックスシリーズを通して、ジャイアンツの全員野球を見せたなと感じた。グランドスラムを放った佳知だが、もしかしたらこのシリーズは結果が出ないかもしれないと思っていた。が、二本目のヒットで大きな仕事をやってのけた。前日までの二戦で結果を出せなかった越智は満塁のピンチを切り抜けた。彼ら二人が仕事をして勝ち抜きを決めたことに意味がある。抜きん出た活躍をした選手を挙げると難しい。一人一人がいい仕事をした結果の三連勝ということだろう。
シリーズのMVPを選ぶのは難しく、私の中ではイニングまたぎや一点差をきっちり乗り切ったクルーンかなと思っていた。結果、選ばれたのは脇谷だった。本 人は10分程度しか出ていないと話していたが、シリーズの流れを考えれば納得出来る。あのヒットで勝ちをもぎとって、翌日へ勢いが繋がったのだから。一本 百万円というのも高くはない。

相手は北海道日本ハム。一位同士の戦いが出来るのは喜ばしいこと。相手も強いが、それに負けないチームだと今は言える。 日本一を手繰り寄せて共に歓喜を。




0910240066_2













見てる・・・

0910240095













100万円

0910240098















0910240167














0910240050













今年こそ頼みます

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2009年10月24日 (土)

CS中日(東京)○5-4 まさかの後で一瞬の油断

シーズンを通して興奮した試合のベスト10には必ず入るであろう試合となった。改めて野球の怖さと面白さを実感した。

初回にまたもや森野に2ランを浴びてビハインド。その後も尚成がピンチを迎えるが三番四番を連続三振にしとめたり、めぐり合わせで吉見をゲッツーにしとめたり、とどうにか踏みとどまった。
試合が動いたのは六回。吉見の交代もあるのでここで点をとりたいなと思っていたがツーアウト。厳しいかなと思われたがラミレスが弾丸ライナーをライトスタンドに飛ばした。さらに亀井が引っ張って同点アーチ。球場は盛り上がった。ここで越智に代打で七回は豊田だろうと思ったらそのまま打席に。え?と少し嫌な予感はしていた。
七回、代打井上にヒットを打たれてバントで二塁に。荒木にヒットを打たれたところで山口にスイッチ。森野のファーストゴロの間にサードランナーに生還されてしまった。さらにブランコのライト前タイムリーで荒木が還り再び二点差に。その裏は左三人が高橋の前に凡退。
八回裏、ピッチャーは浅尾。先頭の坂本にストライクが入らず、四球。続く松本が叩き付けた当たりは一塁頭上を越えてヒットに。続くガッツは凡退。ラミレスは流し打ちでセカンド抜けると思ったら荒木に取られ、タイミングはセーフと思ったがアウト。続くは亀井。ショートゴロで駄目か、と思った次の瞬間、井端がまさかのポロリ。これでサードランナーが還り一点差となった。なおも一塁三塁で代打脇谷。その初球だった。インコース低めのストレート。追い込まれた時は迷って見逃し三振もあるところだが、そうなる前であれば脇谷にとっては一番打てるボール。それを捕らえた打球はライト頭上を破り一塁ランナーも還って逆転!!慎之助が歩かされた後古城がレフト前にヒットを放ちもう一点と思ったが和田に刺された。それでもチェンジの間に沸き起こる脇谷コールは凄まじかった。そして出てきたのは何故かラミレス笑
九回、いきなりクルーンが立浪にノースリーとするもストライクをとった後フライにしとめた。井端を三振にしとめツーアウト。荒木は一発を狙っていたのかやや飛んだ当たりだったが最後は工藤が捕ってゲームセット。

まさかのエラーで相手に一瞬の隙が出来たということか。名手・井端があの場面でエラーしたことでバッテリーは動揺していたのだろう。落ち着きを忘れて次の脇谷に絶好球を投げてしまった。相手にとっては0点が3点になってしまったのだから重すぎるというもの。これが野球の怖さだ。
落とすと思っていた星を手にしたのだから大きい。古城が好調で出番が無い中で脇谷が最高の結果を出した。準備を怠らなかった証だろう。二年前朝倉から一発を放った試合よりも大きな歓声を浴びていたように思える。この快感を忘れずにまた明日から取り組んで欲しい。

相手は後が無くなった。もう向かってくるだけだろう。こちらが追い詰められる前に勝って決めたいところだ。クリーンアップで一発の出ていないガッツが打って締めるのが理想かな。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年10月23日 (金)

CS 中日(東京)○6-4 岩尾良くやった

経過を見たところ、岩尾通が森野にいきなり2ランを浴びていた。が、ガッツとラミレスのタイムリーで三回には追い着いた。それにしても遅く球場に着いたのにまだ四回ってどういうこっちゃ。
ワンセグを見ながら25ゲートのもぎりに渡そうとしていたら、慎之助がアーチ。あとちょっと早く着いていれば…って前もこんなことがあったな。着替えている間に古城が出塁していた。というところで入場。オビスポがバント失敗の後、もう一回試みたらいいところに転がってセーフ。このバントも優勝が決まった試合で成功させたシーンを思い起こさせるものだった。坂本が送ったところで松本に代えて漢・大道。引っ張った打球はサードへ。取られると思ったが横を抜けてバウンドが変わり転々と。ランナー二人が生還し5-2に。『俊足』の大道はセカンドへ。大きなタイムリーとなりチェンを引きずりおろした。
五回には古城のツーベースでチャンスを作り、坂本のタイムリーが出て六点目が入った。
先発の岩尾通は尻上がりに良くなっていた。が、途中でばてたのか六回にランナーを二人出したところで交代。山口は平田に打ち返された打球はバウンドが変わり古城が取れず。後ろにこぼしている間にランナーはホームへ。すぐにホームを意識していた古城の返球がストライクで和田はアウト。
七回を山口が抑えて八回は越智。ツーアウトをとり藤井も追い込んだ。ボールさえ投げてれば大丈夫、と思ったところで何故か内角直球。これを捕らえられて2ランを浴びてしまった。谷繁にもヒットを打たれたところでマウンドに登ったのはマーク。立浪をファーストごろにしとめどうにかピンチは逃れた。
九回、ワンアウトから荒木に打たれ暴投で二塁に。森野に対しボールが専攻したが、最後は相手が高めのフォークを読めず三振。残る関門はブランコ。林昌勇からもアーチを打っているだけに直球には強い。合ってしまわないかが心配ではあったが、この時は変化球が良いところに決まった。最後は三振で試合終了。ひやひやしながらも一勝を手にした。

岩尾さんは死球三つと相手にしてみれば不快だったろうがわざとじゃあない。見てないけど。去年二度にわたり小笠原の手首を痛めたどっかの誰かさんに比べればマシ。まあ危うくバント処理を暴投しそうだったり一歩間違えば危険ではあったが、バントヒットだけでなく普通に打ったり、岩尾さんワールドはなかなか面白い。
八回に越智が打たれた2ランはいただけない。その前二球投げたフォークに全然バットが合っていなかった藤井に対し最後ストライクを投げる必要は全くなし。あのアーチが無ければバッティングになっていなかった藤井のCSは終わっていた可能性もあったのに。日本一のキャッチャーと言われているくらいならばあんな配球してはダメ。
負けてもおかしくない試合を逃げ切ったのは大きい。去年との違いで二戦目の時点でアーチが一本という点が気になった。去年は二戦目にガッツの二発を含めクリーンアップが揃い踏み。今年はガッツ・ラミにまだアーチが出ていない。となると残りの試合で出るのでは、とポジティブに考えられる。少し体も温まったところで明日も勝ちに行きましょう。

それにしても緊迫しているはずのCSとは思えないヒーローインタビューだった。まあ少しリラックスしろよ、ということなのだろうか。大道さんおもしれー。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年10月21日 (水)

CS 中日(東京)●2-7

短期決戦、そして間隔の怖さを思い知った試合となった。

まだ職場にいる時に経過を見て我が目を疑った。一回で0-5??中日相手に無敗のディッキーが炎上していた。タイムリー二本を打たれた後、野本に3ランを打たれていた。野本に関しては先月の名古屋で状態は良くなっているのを見たが、ここまで持たないだろうと踏んでいたのでちょいと誤算だったか。

初回の五点で相手の小笠原を楽にした。打線の実戦感覚が今ひとつで繋がりに欠けた。スタメンでヒットを打ったのが三人だけではどうにも。

毎年初戦は落としているがディッキーで負けるということは想定外だった。まあ、パ・リーグも楽天が守護神を出してまさかの満塁弾をくらう、といった事も起きているのでこれも短期決戦の怖さだろう。明日から出る投手は厳しいがまだ五分。切り替えて明日は取りに行ってほしい。

現地に着いていきなり見たのがM・中村の危険球。頭に当たったブランコは大事に至らず良かったが、もっと怒りを爆発させていっそ殴ってくれ、と思ったのはここだけの話。殴って退場しなくてもきっとみんな許す(え
というかホント邪魔だから明日にでもオーストラリア帰ればいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第五の男は

久保と加治前がインフルエンザに感染したとのこと。対戦相手が中日に決まったことで五戦目は久保が投げるかなと思ったらまさかの事態。セスは2ndでの合流は厳しいだろう。事実休んだ後は打たれてたし。となると東野か。四戦目あたりで決めれば問題はないが果たしてどうなることやら。

城島日本復帰とのことだが、清武さんの仰るとおり慎之助がいる時に取るような真似はしないだろう。でも今のうちにあえてああ言うということは残る確信があるのか残ってくれよというアピールなのか。報ステで慎之助特集があったようだが見逃してしまった。。

日付変わって今日からCS2nd. こちらはディッキーさんで相手は小笠原だろう。奇襲があるとすればパヤノ先発。近年ドームで炎上している朝倉は無いだろう。三戦目以降に好投手が出てくるだけに、二戦目までは確実にものにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

がけっぷちのツバメ

ヤクルトのユウキ・高木がインフルエンザにかかったとか。ヤクルトが勝ち進んだ場合初戦は間違いなくユウキで来ると思っていたので正直予想外の展開。明日の先発で誰が初戦に来るかは分かるが、由規か?村中か?
試合はまあちょっといただけないシーンがいくつかあったように感じる。八回ツーアウトランナー一塁の場面、ノースリーからピッチャーゴロ、それはやっちゃ駄目でしょ、青木さん。九回の采配も、うーん、と。ワンアウトからがいえるが選んでさあここから、というところで、ど不調の豚を出すか??吉本や志田もいる中で考えられないな。
味噌は明日小笠原か朝倉だろうな。中田は第2に廻されるでしょう。まあ打線は見たところ低調。特にブランコが低めの変化球投げてれば振る状態。どちらが来ても二年前みたいなことにはならないだろう。

遠く離れた宮崎で調整している巨人。アジアの大砲が調子を上げてきて出る気満々のようだ。何故かMまで調整しているけれど。。先発がんばれよっ、と。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

吉見中継ぎとは何だったのか

チェンが中日キラー・デントナの一発に沈んで敗戦。中スポに載っていた「長いイニングは最近投げていないので不安はあります」後々こんな風になるなんて涙目だねえ。
評判だけでなく星も落としたあの吉見中継ぎとは一体なんだったのか。さらには敗北が決まった試合に出たあの台詞も変なフラグとしか思えない。いつもどおり「何もない」で良かったんじゃあないかと。
明日は最多勝対決というところか。あれ?最近先発してないしどうなんでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

思い出させるもの

家に帰ると二つ郵便物が来ていた。

一つは親宛。報知と読売の号外が送られてきていた。新聞加入者に対するサービスなのだろう。号外はもらえなかったので思わぬラッキーに喜んだ。

もう一つはメモリマルことメモリアルチケット。初めて申し込んだのが9月23日。優勝するかもしれないし記念に撮っておこうと思ったため。撮り終って少し経ち近辺を歩いたら長蛇の列だったことを覚えている。その並んでいた方達にも今頃届いているのではないか。本当にメモリアルになった。事務局が大阪にあるってことに少し驚いた。

日本一の時も、と思ったが平日。うーん、さすがにちょいと厳しいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

東京ヤクルト(神宮)●3-5 肝心の見せ所で

八回裏、3-2の状況で先頭の城石にツーベース。さすがに変化球は投げられないのでこれは仕方の無いこと。ここをゼロに抑える事でが大切だったが、越智はツーアウトから衣川に同点打献上とやってはいけないことをした。その後の吉本タイムリーで勝ち越され降板。何ていうことない選手に打たれて内海の二桁を消す、あってはいけないこと。数多く投げているものの越智の不安定さは気になる。山口と競り合うはずが差は開く一方。セットアッパーであればもう少し防御率も良くしないと。今日はさすがにかなり落ち込んでいたが、去年の日本シリーズと同じ事を繰り返してはいけない。

内海の二桁に関しては、正直このまま取らせてもなあという思いもあった。今日は今日で先頭に何回ノースリーしてたのよ、という話。たまたま二点に抑えただけで仮に勝ったとしても勝ち取ったとは言い難かったような。逆にこれをバネにして来年から白星を重ねてください。

あと試合に関しては完全に実戦離れでコンディション悪し。三点目取った後ノーアウト一塁三塁で三連続三振してちゃダメでしょ。今日の由規なんてボールがほぼベルトの上来ててもっと取ってもおかしくなかったのだから。第二ステージや日本シリーズにはいい状態に持って行ってもらわなければ。

ちょっと辛口になったが、最後にフジテレビの野球中継に一言。実況の質が酷すぎます。選手の名前は間違えるし、花田と阿部が先輩後輩逆転してるし。明らかに四球なのにワンスリーにしました、と。ラジオの世界だったら間違いなく抹殺もの。あれほど呆れる中継もそうそうないわ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

確保したものの

2・3試合目でLG取った以外は全て内野二階席。土日は開催しないかもしれないしやっぱり三戦目が欲しかったのでそれが取れただけでもよしとするか。LG狙いでローチケも平行して確認すりゃ良かったかもしれない。

それにしてもデントナって何であんなに中日戦に強いんだろう。昨日のアーチばかりは他チームながら私も気持ち良かった。バチが当たったんだねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

広島(MAZDA)●0-1 二時間経ってない

あー、こりゃ二時間以内で終わんじゃね?って思って見ていたら本当に二時間以内に終了。演出ありありの緒方登場シーンくらいが盛り上がった試合。ディッキーの最多勝がかかっていたので勝ちたいところだったが二塁を踏めなきゃさすがに。ディッキーのバントってセーフのようにも見えたが…。尚広の盗塁が向上したと思ったらそれ以外はさっぱり。ノーアウト一塁でバント失敗→空振り三振…代走専門だなもう。

巨人緒方と字が違うけれど名前まで一緒なので出てきた当初は勝手ににせも(略)などと思っていたが、気づけばすっかり孝市さんの方が成績を残しておりました。俊足好守からいつの間にやらパワーも付いたりして三拍子揃った名選手になったものの、常に怪我に悩まされたプロ生活。それでも23年間続けたのは立派なこと。本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年10月 7日 (水)

ホーム最終戦などなど

観戦疲れなのか、日曜の神宮も行かずにblogの更新も滞っている管理人です。

ホーム最終戦は、久々に勝てて良かったです。大ケケ対策もバッチリ、と思いきや広島は脱落。「負ける気がしない」と赤松さんが言ってから広島は巨人に二つしか勝てず。気づけばカープ戦六連勝。あれだけ苦手にしていたのが嘘のよう。フラグあざっす。

欠席した神宮ではまさかのお・だ・じ・まー。これで監督が使ってしまう、あわあわ。亀よ、CSには戻って来いぃぃ。さてスンの立場はいったい。。と思ったら公式に練習してる写真は出ていた。さあどうなるか。

味噌が吉見を途中から投げさせて白星を稼がせた件、単純に最多勝を取らせたいからだったのだろうか。あれだけのためにチェンと吉見をベイス相手に使うとも思えないのだが。。ヤクルトと阪神を天秤にかけて阪神来いと願っているような気もする。阪神止めるなら吉見にベイ戦頭から投げさせて阪神戦にチェンをぶつけたろうし。
そんな三位争い、ヤクルトの粘りというかベイスの劇場っぷりが凄まじい。八回表に八点奪われるって。。ホーム最終戦であれはひどい。終了後はなんとも暗い雰囲気だった。

CSチケットの結果は、メールの順番が1戦はずれ、6戦はずれ、ってきたからこれはひょっとして??と思ったら・・・全滅orz 順番適当かいっっ

月曜が中止になったことでシーズン最終戦が次の月曜に見られるかもしれない。まあそれよりも月曜のメインはチケ購入なんで、取れるといいなあ。

0910020012














0910020013














0910030368














0910030307














0910030309













0910030310

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

横浜(東京)●0-1 何もない試合

「何もない、以上」っていうのはこういう試合の時に使うんですよね、落合さん。
まあノーアウト二塁三塁で一点も取れない時点で駄目だわな。まあチャンスに弱い亀井はともかく谷で返せなかったんだから相手が良かったんでしょう。二盗したあとで三盗しようとして挟まれてアウトになった子、もう仕様なので今更言う気も起きず。
内海のチャンスはディッキーさんの最多勝争い次第。チャンスはないかなとは思うが来たら頑張れ、と。
それにしても、近年何故かベイスとのホーム最終戦だけは勝てない。そして村田に必ず打たれる。そういや村田と吉村が並んだとこを見たが、村田がやせたのか吉村が肥えたのか、差は明らかだった。「動け、デブ」なんて言えませんわなもう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

はじめてのナゴド

チケットを買った時にはまさかあんなに早く優勝が決まることになろうとは予想出来ず。消化試合になってしまったけれど、まあ休みは旅行したい、っていうのもあり、名古屋に行ってきました。

試合その他もろもろの感想を以下に。

・東野は禁煙で
・帰ってきたのは嬉しいが謙次がポストシーズンの戦力になるかというと・・・
・金刃のストレートが良くなってきたから終盤打ち込まれた藤田の位置を奪うかも
・何故か古城は当てられすぎ
・亀井得点圏は確実に
・気付けばラミちゃん100打点おめでとう
・中村ってまだ使うの?
・先頭打者の時に「レッツゴージャイアンツ」と、いつものファンファーレとは異なっていた
・ナゴド音うるせぇぇ
・朝倉中田は東京ドームならば来られても大丈夫
・川井は昨日で消えたから唯一計算できないのは今年当たっていない小笠原孝
・パヤノ先発という奇策はあるか
・野手パヤノ>>>ビ
・広いナゴドでライトブランコはいかがなもんかと
・立浪の最後が二塁打というのはベスト
・スピーチ終了が22時過ぎでは胴上げまで見てられません
・遠くまで来て桑田を見られて良かった
・今シーズン同一カード三連敗は無し!
・オビスポ少ないチャンスで貯金5は立派

試合の細かい内容は、まあ消化試合なので。優勝は決まっているので気楽に観られました。行った事ない名古屋も満喫できたし。来年はどこへ行くのか。その前にシリーズがあるかも??

0909300030















0909300038














0909300046














0909300061














0909300120_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »