« 東京ヤクルト(東京)●1-3 勢いが続かない | トップページ | 阪神(東京)●1-2 バッテリーで負けた試合 »

2011年8月24日 (水)

阪神(東京)○5-2 先ず一勝 そして大きな痛手・・・

五回の表、0-1から観戦。二回に一点奪われたが相手はブラゼルが負傷退場。1点差ならまだわからない。ワンアウトから平野を歩かせ鳥谷にレフト前へ運ばれ二塁一塁のピンチ。ここで併殺が欲しい、と思ったらショートゴロ。注文どおりのツラゲでピンチを脱した。

ところがその裏にガッツが岩田から死球を受けて交代。ここで離脱してしまうのかという不安を感じた。

六回、ワンアウトから関本に左中間へ運ばれたが長野がシングルで止めた。ヒットならよし、と思ったが様子がおかしい。今度はゴンザレスが足を痛めていた。間違いなく長引くであろう負傷だった。先発の一人を欠いてしまうのは痛すぎる。この回は高木が藤井を併殺にしとめ終了。

その裏、先頭の坂本が追い込まれながらヒットで出ると、寺内が送りランナー二塁。長野は四球を選びラミレス。2試合スタメンから外れたことが吉と出るか。大事な打席だったがここで一発を狙わずライト線に放った。センター寄りに守っていたマートンが処理にもたついている間に長野も生還して逆転に成功した。

七回はロメロ。ワンアウトからマートンに打たれた。出しちゃったか、と不安に思っていたら何故かマートンがスチール。足は速くないので簡単に刺してアウト。これは理解出来ない。ランナー置いていればロメロは勝手に一人追い込まれるのに。その後平野を歩かせた。ほうらね、残しておけば一塁二塁だったよ。山口の助けを借りることに。鳥谷に打たれたが新井をサードゴロに打ち取りこの回のピンチは脱した。

その裏、慎之助が四球を選び古城が送った。亀井の当たりは一塁ライナー。だが様子がおかしい。ワンバウンドしていたのに、ということのようだ。さあ、写真で落ちていたら関本君は何ていうか。捕ってたと言ったら阪神ファンの皆様は嘘つきとブーイングしますよね?まさか自軍だからOKなんて調子のいいこといいませんよね。まあけろっと忘れてるでしょう。当然坂本は敬遠。寺内を代えることはないと思っていたが代打・谷。いいのか?これは。1点差を守るための選手を代えるとは。これで取れなきゃ追い込まれるな、と思ったが、谷が代わった渡辺の外角球を流し打ち。これで1点入った。

八回、山口が上本・関本に連打を浴びてノーアウト一塁三塁のピンチ。先ず俊介をサードゴロ。セカンド封殺のみでこれで1点差。あとは俊介の盗塁を気をつけなければ、と思っていたら藤井がピーゴロでゲッツー。どうにか乗り切った。

その裏、先頭の由伸が藤原から四球を選んだ。代走に尚広。当然藤村はバントを試みるが上げてしまい失敗。続く慎之助が右中間を破るツーベースを放ち二塁三塁。これに関しては失敗が結果オーライとなってしまったものだろう。送っていたら慎之助との勝負は避けられていたから。あの強さじゃ一塁ランナーは還れないが、送球の質が悪かったからもしかしたかもな、なんて思ってしまった。犠飛で一点の場面。が、古城は浅いレフトファウルフライ。これでは還れない。続く亀井は何故か勝負を避けられ満塁に。坂本のところで相手は福原にスイッチ。変化球を投げればタイミングがずれたかもしれないが、失投を恐れたのだろう。ストレート勝負だった。2-2から外角高めに入ったストレートを逆らわずセンター前に。これで大きな2点が入った。

最後は久保がツーアウトから平野を歩かせるも鳥谷をセカンドゴロにしとめ試合終了。難しい初戦をものにした。

相手は11安打放っているわけだからやはり打力はあるのだろう。併殺3つの粗さと意味不明スチールに助けられたが最後まで安心は出来なかった。投手はロメロ以外よくやった。
打線はあまり貢献出来ていなかった選手が今日は貢献した。大事な場面で逆転タイムリーを放ったラミレス。今日は四番の差が出たゲームと言って良いだろう。谷もよく打ったがあの場面自分が監督なら守りを固めたいので交代出来なかっただろう。そんな意味では今日は攻撃的な采配が当たったということか。ヒーローカーでバックスクリーン前を通った時に佳知にナイスバッティングって声かけたら応えてくれた。嬉しくなるものだ。

ガッツは打撲で済んだらしいが、無理させなくて良いのではと考えている。ここで信二だったりサブだったりの補強が生きるわけだ。長野が頭部死球の怖さに負けず打つ姿を見て自分もこのままじゃいけないと思ったのか信二はバッティングが戻りつつある。出番が来たら力をだして欲しい。一方、ピッチャーは不安だ。色々と候補は考えられるが、今度こそ藤井の出番ではないか。内海のほかに左が一枚欲しいところで、彼しか適任はいない。

三連戦に話は戻り、内海で先ず勝ち越しを決めて欲しい。1-1で淳平というのもプレッシャーだろう。楽に投げられるよう先ずはカード勝ち越し。

しかしこちらはゴンを失い阪神はブラゼルを失うだろう。追い上げるチームが痛手を背負い、自らはボーナスステージ中のヤクルトが一番喜んでいるのかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 東京ヤクルト(東京)●1-3 勢いが続かない | トップページ | 阪神(東京)●1-2 バッテリーで負けた試合 »

観戦」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。今日の試合は辛いさんに助けてもらいました。というよりも12球団で一番併殺打を打ってるんじゃないでしょうか?

ゴンは明日抹消でしょう。不幸中の幸いは来週が一日空く日があるので内海と小野は中五日で回してあわよくば再来週のナゴヤでゴン復活が一番良いのですが、一日でも早く戻ってきてほしいものです。

投稿: 讀賣神聖党 維新志士 白鳥 美由姫 | 2011年8月24日 (水) 00時42分

白鳥さん
併殺王はウゴ・ケデブ氏ですが、辛いさんが3差に迫ってます。
脹脛ですからね。さすがに二週間では…。返球をきっちり処理していれば、という思いもありますが、やっぱり太りすぎですかねえ。

投稿: Taka | 2011年8月24日 (水) 01時15分

ケガ人続出の試合でしたが勝ててよかったですね。
今後、選手層が厚いかどうかわかりますね。

投稿: 上野 | 2011年8月24日 (水) 08時22分

上野さん
なかなかゴンのような安定した投手はいないのですが、下にいる投手はチャンスと思って奮起してほしいものです。

投稿: Taka | 2011年8月24日 (水) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神(東京)○5-2 先ず一勝 そして大きな痛手・・・:

« 東京ヤクルト(東京)●1-3 勢いが続かない | トップページ | 阪神(東京)●1-2 バッテリーで負けた試合 »