« やっぱ優勝しないとね | トップページ | アクシデントはありつつも締めは最高に »

2011年11月20日 (日)

手のひら返し

5戦目は秋山さんの思い切った策を評価していたけれど、名将ではないなと。八回に先頭多村が出塁したところが最後のチャンスだったでしょう。結果がああなったから言うわけではなく、あそこで送りはない。あの場面が細川であればバントも納得していたでしょう。が、出塁率リーグ3位で併殺も僅か2つの長谷川であれば先ずは同点と考えずにチャンスを拡大することを優先する方法もあったのではないか。一二塁になってから細川にバントさせてもいいのだから。させる人を間違ったらああなるということか。その辺はこちらの大将もよくやることなので、闇雲バントということがいかに愚策であるか分かるというものでしょう。

しかし見事にどちらもホームで勝てないな。SBにしたらこれで駄目なら諦めもつくでしょう。ホームで勝てない自分らが悪いと。7戦目もきっとロースコア。誰が決めるのか見当もつかない。終わったらストーブリーグが本格的に始まる。

ストーブリーグといえば何やら3人ほど出て行くという話がありますが、無理に引き止める理由がないし出るなら仕方ない、というのが正直な気持ちですね。信二に関してはガッツに挑むという気概がないのであればそれは残ったとしても今年と同じ結果でしょうし。他の評価を聞きたいというサブローとは違うのかなと。パの一塁は流動的ですし確かに需要はあるかと思いますがね。鶴岡は、まあ、このままいても年俸下がるだけなのでより評価されるところでやりたい、というのは納得できます。サネの成長がなければ状況は違ったかもしれませんが。

3人も出て行く失墜、とかいっちゃって騒いでますが、そういう可能性のある選手を急遽獲ったわけだから起きた出来事とも言えるんじゃないですかね。拓さんみたいな気持ちがなかった、それだけのことです。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« やっぱ優勝しないとね | トップページ | アクシデントはありつつも締めは最高に »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手のひら返し:

« やっぱ優勝しないとね | トップページ | アクシデントはありつつも締めは最高に »