« 悲報・明日の展望 | トップページ | 福岡ソフトバンク(東京)○5-1 野球はピッチャー »

2012年5月19日 (土)

福岡ソフトバンク(東京)○2-0 野球はホームラン

今日の初回を見て、行けるかなという感触はあった。満塁のチャンスを逃したという見方も確かに出来るが、初回だけで攝津に30球投げさせたということが後で生きると思えたから。

ウィリー・モー・ペーニャに対し4球で勝負に行こうとして長打された時がピンチだったが、ここはテツが粘って点を与えなかった。

六回に先頭の村田が出塁した。バントはやめろよ、と思っていたが、藤村の併殺によりバントは無理という思いが指揮官にあったのは事実だろう。それが幸いしたのかもしれない。初球外角高めに入ったボールを慎之助が叩いてレフトスタンドへ運んだ。

七回に先頭の内川に打たれノーアウトランナー一塁となるが、続くペーニャをボウカーの守りで併殺にした。これでマッチに打たれても1点と安心して攻められ無失点となった。

九回は山口が二人抑えて、最後は健太朗が内川をキャッチャーフライに仕留めゲームセット。今年無敗の攝津に初めて黒星をつけて6連勝となった。

野球はやはりホームランである。ほかのゲームを見てもそれは頷けるだろう。暗黒オリが奇跡を見せたのも李大浩のアーチで9回に勝ち越して延長に繋げたから。広島は梵のソロを守った。楽天が勝てたのもテレーロの2ランが大きい。今日のソフトバンクはアーチスト揃い。その相手を0に抑えたテツは見事だった。今年一番の出来だった。そして試合を決めた慎之助。確かに他のスタジアムなら入らなかったかもしれないがそれを生かすのは選手。シンカー投手の摂津なら左打者は逆方向へという意識を持っていたのだろう。コントロールの良い投手だからそうそう失当はない。その甘いボールを逃さず、ここしかないというところへ決めてくれた。見応えのあるナイスゲームだ。

明日は若い岩嵜。巨人が苦手とするタイプである長身右腕。相手もビビることはないだろうし、四球もさほど多くない。大量得点は望めないがチャンスで状況を考えた攻撃ができるかが大事だろう。藤村や谷は今日のようなことを繰り返してはならない。杉内もテツも勝った。澤村も当然自分もという思いで投げるだろう。素晴らしい投げ合いを見せて欲しい。

試合外のこと。
今日はじゃんけん勝ってればマックからの景品プレゼントの可能性あったのに。いつもどうせ来ないだろうと思って適当に立ってたらすぐ近くであべべ がお客さんに呼びかけててビックリした。ああいう仕組みなんだなあ。あー今日だけは勝ちたかった笑

003

011

014



にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 悲報・明日の展望 | トップページ | 福岡ソフトバンク(東京)○5-1 野球はピッチャー »

観戦」カテゴリの記事

コメント

またしてもTakaさん予想(攝津は負けが付いても………)的中ですね(良い予想の的中)

白熱の投手戦内海に凱歌…ナイスピッチング(8回2安打)しかし、あれだけの内容で何故最後まで投げさせないのでしょうか?私にはまだ余力があると見えましたが?昨日・1日空いたと言えその前は2イニングの山口と最後の内川が右打者という事で西村……そんなに手の内を披露しなくても?…………酷使は程々に!

慎之助の一発で勝負を決めましたですね(ぎりぎりのHRですが条件は一緒ですから)

何はともあれ6連敗と辛酸を舐めさせられて来たSB戦エースと主軸でストップ・……この勢いで連勝と行きたいですね。

投稿: 水戸のノブチン | 2012年5月19日 (土) 23時32分

野球はやはりホームラン!まさにその通り!
アンチの方々からはカラクリドーム、ドームラン等と言われてますが、そんな球場だからこそピッチャーは慎重になる、だけどそれだけでは抑えられない大胆にかつ慎重に!今日の内海はそれが見事だったと思う、そのほんの些細な差が出た試合になりました。。。
今日の摂津君は甘い球随分ありましたが…助けてまさたね〜
そんな中流石、阿部っチお見事!!
そして内海君ナイスピッチング!
最後に、九回何故替える?2安打0封のピッチャー替える必要性が何処にあるのか意味がわかりません(ToT)勝利監督インタビュー開き直って…どうするの(ToT)…もお〜〜〜

投稿: 長嶋信者の妻 | 2012年5月20日 (日) 00時29分

ノブチンさん
継投にご不満のようですが私は納得しております。1点も与えられない状況でSB打線と3巡対戦した精神的疲労を考慮した上で9回にスイッチ。9回の継投もおや?と思いましたがクリーンアップ前に左腕の山口を出すことで松中を使えないようにした、という事かと。最後は西村という考えの下での継投と認識致しました。

妻さん
そうそう、馬鹿アンチ(笑)は偏った見方しか出来ないのです。ホームラン叩いといて、同じ狭い球場で0に抑えた投手はスルー。アンチじゃなくて野球オンチとでも言っておきますか。攝津はランナー出すとギアを上げるタイプなんだなと感じました。そんな中で甘いボールを見逃さなかった慎之助は見事です。
継投に関しては上記コメントをご参照ください。

投稿: Taka | 2012年5月20日 (日) 00時57分

お早う御座います
コメントに納得です。確かに7・8回SBの中継ぎ陣に抑えられ流れが行きかげんの……9回1番からの強力打線を迎える状況を考えると、山口の投入は有りですね。西村迄とは思いませんでしたが?

エース内海…強力打線の完封劇を観たかったのも事実ですが!

投稿: 水戸のノブチン | 2012年5月20日 (日) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡ソフトバンク(東京)○2-0 野球はホームラン:

« 悲報・明日の展望 | トップページ | 福岡ソフトバンク(東京)○5-1 野球はピッチャー »