« 阪神(東京)○2-0 苦しんで再び手にした歓声 | トップページ | 東京ヤクルト(東京)○4-3 勝った時こそ反省を »

2012年8月10日 (金)

阪神(東京)○4-1 これが暗黒か…

二回から観戦。ケデブ村田がやらかした瞬間に今日はダメだと思ったが分からないものだ。そのやらかしでノーアウト二三塁だったのに無失点。三回は二度も暴投してランナーが三塁にいるのに無失点。五回はワンアウト二塁三塁から四番・五番が連続見逃し三振で無失点。こんなにも点が取れないチームになってしまったのかと驚かされた。

この日0-1で負けていたら唯一叩くところだった杉内の続投。こんなチーム相手に投げさせすぎてどうする、と。大事なのは来週だろうと。そしてやっぱり暴投もありワンアウト二塁三塁のピンチを迎えた。しかしここで私が見たものは正気の沙汰とは思えないキチ○イ采配。この日四番に入った新井弟にスクイズの指示。これがファウルとなりツーストライク。この時点でおかしな話だが連敗中だけに分からなくもない。が、追い込まれてもなおスクイズ指示で飛びついてファウルにしてスリーバント失敗。色々な監督を見てきたがこんなア○見たことがない。マートンは見逃し三振のはずだったが阪神OB審判のアシストっぽい四球で満塁。辛いさんのマン振りに一瞬やばいと思ったがセンターフライで、ここも無失点。ある意味これが勝負を左右したのかもしれない。

誠次がきっちり三人で抑えたその裏、實松に代打・藤村。当然ストライクで攻めるだろう、と思ったらスタンリッジが乱れた。ここで四球という最高の結果となった。続く代打・義人はショートゴロ進塁打。長野は勝負を避けられ一塁二塁。ここで松本がセンター前に弾き返して満塁に。巨人が誇る三番四番に素晴らしい形で廻ってきた。ここで坂本がライトにフライを放ち同点に。1-1となったところでスタンリッジから筒井にスイッチ。単打で良い、そう思っていた初球。高めに入った甘いストレートを引っ張った打球はライトスタンドに飛び込んだ!!前後だけでなく通路を超えてタッチを交わすくらい喜びに喜んだ最高の一発が出た。
九回は西村が抑えてゲームセット。気付けば八月は五連勝、去年から続いている東京ドームでの阪神戦連勝は9に伸びた。


と、相手チーム中心記事になったのは、それだけ七回まで大人しかったから。0-1で負けて杉内がリズム作らなかったのだから自業自得、と書くつもりだったが終わりがこんな形になろうとは。やはり七回の四番にスリーバントスクイズ。あれで流れがこちらに来たように思える。八回を投げきれそうな球数だったことおよび流れを変えたくなかったのか相手はスタンリッジを代えられなかった。そこで先頭が塁に出たことが大きかった。これは四球を睨んで藤村をチョイスした監督の功績か。昨日のヒーロー・マツが繋いだことで流れはよりこちらに向いてきていた。満塁になってあの二人を迎えた時点で十分行ける雰囲気になっていた。そして見事に結果を出す。ここぞという時に力を出せるメンタルの強さを見た。三塁側カメラから捕らえた映像で一塁まわるところで慎之助が右手上げたシーンは日シリのサヨナラ弾を思い出させた。万全でないながらも最高の仕事をしてくれた。

全く気付いていなかったが、慎之助は7月一本もホームランを打っていなかった。それにもかかわらず貯金10を作り出した事実がチームの強さを表しているのかもしれない。調子が上がれば固め打ちするタイプ。今月の中日戦6試合は大暴れしてもらおう。

映画GIANTSなるものを見た。借金7からの優勝という今まで成し遂げられなかった記録を更新したい。そう思わせる内容だった。金曜の先発投手にやや偏った内容となったが、試合前日に見られたのは良かったと思う。柱として最後まで走ってもらおうじゃないの。

金曜からはヤクルト戦。唯一負け越している相手で楽ではないがはやくここでの借金を返したいところだ。先ずは柱のテツよ、頼んだ。

誠次プロ入り初勝利おめでとう。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 阪神(東京)○2-0 苦しんで再び手にした歓声 | トップページ | 東京ヤクルト(東京)○4-3 勝った時こそ反省を »

観戦」カテゴリの記事

コメント

お早うございます
結果的には、手負いの虎が暗黒の泥沼で藻掻いて抜けきれない…その象徴的シチュエーションは、記事で書かれていますが、7回のスクイズ失敗采配…驚いたり、助かったり何とも言いようが??

思わぬスタンリッジの好投に中々ホームが遠く、苛つき気味のゲームでしたが?慎ちゃんの“最高です弾”でスッキリしました。

4番に戻ってからの慎之助…怪我の影響も有り、らしく無い打席が続いて、やや下降気味かと思っていましたが、久しぶりの慎之助らしい弾丸3ランで勝負有り……

田原…プロ入り初勝利おめでとう‼今後も更なる好投を続けて欲しいですね

其れにしても松本は、好調をキープしていますね。また杉内は此処の所、球数が多くきついゲームが続いていますが、悪い成りにも粘りの投球で最少点で抑えるのは流石ですね。(投げ過ぎの心配は有りますが)

投稿: 水戸のノブチン | 2012年8月10日 (金) 06時23分

僕は昨日から会社が夏休みなんで昨日は逆転劇をライトスタンドから見ることができました。あと、人生で初めて東京ドームのフィールドを踏むことができました。ロングパイル人工芝とはいえ硬いですね。松井秀喜びが嫌がったのがよくわかります。僕はほっともっと神戸で草野球をしたことが何回かあるんですが硬さが全然違いますね。

投稿: 上野 | 2012年8月10日 (金) 08時10分

ノブチンさん
万全でないながらも最高の結果を残しましたね。4-1でもその1が試合を決める一打なら四番の役割を果たしたと言えるでしょう。
いや~他のチームなら1点じゃ止まらないくらい良くなかったです。これをラッキーと捉え中日戦では抑えてもらいましょう。

上野さん
昨日の八回は熱かったですね。ああいうことがあるから野球観戦はやめられません。
人工芝は所詮人工芝、というのは松井のセリフです。しかし開放されていないドームでは仕方ないのかもしれませんね。ドームにはドームの良さもありますから。

投稿: Taka | 2012年8月10日 (金) 14時27分

こんにちは。
先日は前日に記事にコメントを載せてしまい申し訳ありませんでした。

昨日は8回まではまたもイライラの募るゲーム展開でしたが(相手も一緒?)阿部の一発で久々にスカッとしました。
昨日は4番が村田でなくて本当に良かったと心の底から思いました。

新井良のスクイズはビックリでしたね。
スリーバントさせるなら何故4番に据えたのか?と思いました。
まぁ結果的にはこちら側としては助かったわけですが…(笑)

話は変わりますが、いろいろブログを読みましたが、Takaさんのはずば抜けて適格かつ秀逸で内容も面白く、感動すら覚えます。
なので初めてコメントをしてしまいました(笑)

今日は内海に頑張ってもらいましょう!!
(ヤクルト戦0勝3敗が気になりますが…)

投稿: うさこ | 2012年8月10日 (金) 17時57分

うさこさん
いえいえ、私が上げたのが遅かったので。
あの場面までスミイチできたからなにか起きるかもなという気は少ししてました。スタンリッジを苦手にしていたのに左にスイッチしてくれたというラッキーもありました。
あのスリーバントスクイズは歴史に残る糞采配でしょう。私の中では史上最低監督にランクインしました。

いや~思ったことを好き放題書いているだけなので…こんなところでよろしければいつでもいらしてください。

ドームでのヤクルト戦でテツ先発の試合は安心出来ていたのですが、相手も研究してきましたね。やられっぱなしというわけにはいかないでしょうから次に期待です。

投稿: Taka | 2012年8月11日 (土) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪神(東京)○2-0 苦しんで再び手にした歓声 | トップページ | 東京ヤクルト(東京)○4-3 勝った時こそ反省を »