« 俺の謙次 | トップページ | WBC »

2012年10月 7日 (日)

横浜DeNA(東京) ○2x-1 終わり良ければ

坂本に遠慮しながらスタメン張ってた長野にもやりづらさはあっただろう。そしてその長野の意思が分かっていた坂本にも当然プレッシャーはあった。そんな中で三本のヒットを放ち長野に追いつくことが出来た。やろうと思ってもそうそう出来ることではない。聞いた話では涙を流したそうだが、色々な思いがあったことだろう。こうやって二人で喜べる姿を知ると、いいチームになったなあと実感する。そういったチームを作り上げたのは監督。これは原さんの良いところと素直に認めるべき。

一個だけ疑問に思ったのは八回の采配くらいか。送りバントという形を作りたいのであれば大田を下げても良いところ。このチャンスで打たせたいという意図で大田をそのまま送ったのであればまだ納得は出来たのだが。まだ中軸ではないからバントも大事、という声もあるかもしれないが、彼の将来像を考えるとそれが必ずしも良策とは思えなかった。健太朗のセーブも意識していいところ、ここで私が考えるベストな策は代打・阿部慎之助。併殺のリスクはあるものの相手が勝負する確率は高くなる。1点取られればほぼ終了の場面でノーアウト満塁にするようなアホなことはしないだろう。健太朗のセーブも欲張るのであればその策で行って欲しかったのは事実。

このチャンスが潰えたことで健太朗のセーブ王が無くなったわけだが、試合は最高の結末だった。確かに八回に取っていればタイトルへの希望は残ったが、この劇的なアーチは出なかったわけで。一球で仕留める矢野謙次の勝負強さには心を動かされる。消化試合でハイタッチするとは思わなかったが、野球はホームラン、野球は面白い、ということを改めて実感させてくれた。

二年間三タテがなかったベイス戦で今年は三度のスイープ。ホーム負けなしという快挙を達成して86勝43敗、2勝1敗ペースという理想の形でシーズンを終えることが出来た。この最終戦にライトが取れずレフトから応援していたが、実に素晴らしい応援が出来ていた。私の周りだけだったのかもしれないが、あんなに声が出ていたレフGは記憶にない。やっぱり外野は応援してナンボ。この応援をCSでも出来れば相手にプレッシャーを与えられるだろう。久々に気分の良い応援だった。ホームインしたあとの謙次コールも実にシビレた。

シーズンを振り返るのはまたおいおい。CSの前に振り返るかどうかは私の気分次第(笑)まだ山はあるが、シーズンは今日で終了。一年間応援し続けたファンの皆様、お疲れ様でした。おめでとうございます。また、私たちを喜ばせてくれた選手・コーチ・監督・フロントの皆様、有難うございました、おめでとうございます。そしてこんな好き勝手書いていた中身のないblogを愛読してくださった皆様、本当に有難うございます。そしておめでとうございます。

次のステージも共に闘いましょう!

002
003
007
011
019
021

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 俺の謙次 | トップページ | WBC »

観戦」カテゴリの記事

コメント

序盤はどうなるか心配した時期もありましたが、最高の形でレギュラーシーズンを終えました。戦力的には他球団を圧倒するものを持っていたとは言え、苦しい戦いを乗り越えてよく頑張ったと思います。

終盤に調子を落としたり、故障(からの回復)が心配な選手もいますが、残り期間で可能な限り調整し、CS、日本Sに万全の状態で臨んでほしいと思います。

投稿: 145km | 2012年10月 7日 (日) 20時42分

taka様
一年間本当にお疲れ様でした。
同じジャイアンツ愛のブロガーとして
毎回楽しみに拝見させていただきました
優勝したからではなく、
試合内容、若手の成長、絶対的なキャプテン
の存在などなど本当にいいチームでしたね
春先はビビリまくりでしたが(笑)
これからもまだまだ応援を続けて行きますので
今後ともよろしくお願いいたします!

投稿: ビールとおやじ | 2012年10月 7日 (日) 20時44分

まずはシーズン終了お疲れ様でした。
本当に昨日長野が言った通りになるとは・・・
あの時長野がベンチに下がり、塁上の坂本に向けて本当に嬉しそうにガッツポーズしてました。
そして坂本は泣いていました・・・
ちょっと感動もののシーンでしたよ。
この素晴らしいチームに乾杯!!

投稿: インザーギオフサイド | 2012年10月 7日 (日) 21時00分

【Producer】は……長野の気遣いか?、ベンチの采配か?、はたまた其れに答えた坂本か?、長野の公約???どうり長野・坂本W「最多安打」獲得…併せて2年連続最終戦・謙次のサヨナラ弾(謙次初のサヨナラ打)の演出?素晴らしい展開のドラマ……仰る様にやろうとしても、出来る物ではなく、中々見る事が出来ない・ゲームを最終戦で締めたナイスゲームですね、

健太朗のセーブについてですが、記事に書かれた様に8回のチャンスに、慎之助の代打が、当然有るかと思いきや、無得点…此処で1点取れば健太朗締めに、成り得るシチュエーションでしたが、健太朗のセーブがあれば、謙次のサヨナラは無かったので、……まあ~どっち付かずでしたが

今日ゲームで、弾みを付けて次のステップへ、躍動の仕上げを願うのみですね。

投稿: 水戸のノブチン in横浜 | 2012年10月 7日 (日) 21時05分

賞状来るんですか!?
メチャ楽しみです(*^ー^)ノ♪

G-POは、4800オーバー位でした(;o;)
5000って、ドーム皆勤のみでは無理ですね(T_T)
マイヒーロ-がボウカー、東野、宮國というのも敗因です。

しかし、良いチームになりました。多々、原を認めるべきところがありましたね。

投稿: ざきみや | 2012年10月 7日 (日) 21時09分

阿部は捕手最高打率が懸かっていた為に欠場させたそうで
9回サネのところで出さなかったので代打も無かったみたいですね
セーブ王はかなり難しかったので確実性を取ったということでしょうか

坂本はしっかりと猛打賞を打ってしまうところが素晴らしいです
シーズン20回目の猛打賞はミスターに並びました
まさにジャイアンツの顔と言える記録です

矢野を含め「持っている」選手が沢山います
2年連続代打サヨナラHRでシーズンを終えるのもその表れですね
WBCを含めまるで台本があるかのようなゲームをするのが
原さんが率いるチームの特徴ですね
ポストシーズンも期待しましょう

takaさんのブログで試合後の気持ちを共有することができました
途中からの参加でしたがありがとうございました
そして144試合お疲れ様です
CSから先もよろしくお願いします

投稿: kamo | 2012年10月 7日 (日) 21時16分

お久し振りに失礼します。
とにかく優勝できた、これが何より嬉しいシーズンでした。我々の想像を遥かに超えて、チームとして逞しくなりましたね。自分としては、あの悪夢のような開幕戦からは信じられない結果で、絵に描いたようなサクセスストーリーだったなという印象です。人生初の開幕戦参戦があんな結果で、投げやりになっていた部分もありました。
私事で恐縮ですが、実は、杉内がノーヒットノーランを達成した5月30日、その直後に祖父が86歳で他界しました。幼い頃、二岡の優勝決定サヨナラ弾を見て、祖父と共にテレビの前で歓喜したのを覚えています。僕が巨人ファンになるきっかけをくれたのは、間違いなく祖父でした。かねてから凄い投手だ、と語っていた杉内の偉業を見届け、息を引き取った祖父に、最高の優勝を捧げることができて、そういう意味でも忘れることの出来ないシーズンになりました。
ポストシーズンも、力の限りに声援を送る所存です!長文を失礼しました。

投稿: マリモ | 2012年10月 7日 (日) 21時42分

劇的勝利で2012年のペナントが終わりましたね。


坂本が猛打賞。
本当に長野に追いつくとは思いませんでした。
いいものですね、応援するチームの主力がダブルでタイトルを獲得するのは。


坂本、色んな事が込み上げて涙が出たんでしょうね。


長野は一番好きな選手なだけにタイトルは獲ってほしかったので嬉しいです。
これで新人から3年連続でタイトルを獲得。
素晴らしいことです。


矢野のホームランもまた素晴らしかったです。
彼は絶対に巨人に必要な選手ですから、ずっといてもらいたいです。
もちろん鈴木を筆頭に他のベンチの選手達にも。

開幕から最終戦まで、巨人が主役と言っていいシーズンだったのではないでしょうか?


歴史的貧打と言われ、5連敗を2度経験し、借金7からの優勝はないと言われた春。

5月からコツコツ盛り返して交流戦優勝。

後半戦になっても怒涛の快進撃で中日を捕えて独走優勝。


とてもドラマチックでエキサイティングなシーズンでした。


幸せですね。


クライマックスシリーズではまた夢を見させてもらいたいです。


そして日本一に。

Takaさんのこのブログには後半戦の中日を叩いた時からコメントさせてもらっています。


クライマックスまで日にちがありますが、その間も毎日チェックしておきますので是非更新してもらいたいですね。


いや〜巨人ファンで本当によかった!

投稿: ダイゾー | 2012年10月 7日 (日) 21時52分

一年間お疲れ様でした。まずはひと区切りですね。
最後は二年続けて劇的な結末でしたね。矢野はCSでもやってくれるでしょう。

こちらこそ、いつも丁寧に返信して頂きありがとうございます。これからも更新楽しみにしています。今年は近年で一番バランスのとれた最強チームだと思うので、必ず日本一を成し遂げてくれると思います。

投稿: モラレス | 2012年10月 7日 (日) 23時46分

145kmさん
序盤はお先真っ暗でしたが、気付けば突っ走っていましたね。序盤の苦しみがあったからこそなのかもしれません。
日本一に向けて選手はきっちり仕上げてくれると思います。再び喜べることを願います。

ビールとおやじさん
一年間お疲れ様でした!
熱が熱を呼ぶ、同じ思いを共感出来て何よりです。
やはりキャプテンと選手会長も良いチーム作りに尽力しましたね。優勝は何回も見ましたがこのまとまりは一番なのではと思うこともあります。
そこに巨人がある限り終わりはありません。今後とも宜しくお願い致します!

インザーギオフサイド さん
シーズン終了お疲れ様でした!
プロ野球選手として考え方は様々ですが、チームメイトの活躍を喜べる今の選手達、私は好きです。
ジャイアンツ愛を持つ方に来ていただき私も嬉しいです。

ノブチンさん
ほぼほぼ理想通りの展開でした。健太朗のセーブ王のチャンスもありましたが、やはり先週負のオーラ捕手が居たことがマイナスになりました…。
慎之助が出なかった理由は私もkamoさんのコメントで知りました。それなら納得です。
まだまだ山が残っています。一ヶ月後に喜べることを願っております。

ざきみやさん
さすがに印刷物ですがもらうとやっぱり嬉しくなるものです。
やはり皆勤でも5,000は厳しいのですね。物販という名のドーピングに頼るしかないかな、なんて思いました。
MyHEROは東野の名を内海に変えたらまんま私のHEROですね。まさかボウカーがああなるとは^^;
100点の采配とは言えませんが、チームを纏める能力は歴代監督に肩を並べたと思います。

kamoさん
慎之助が出なかった理由に関してお知らせ頂き有難うございます。気付いたらそういう記録もあったのですね。であれば納得です。
巨人のショートは安泰と思っておりましたがまさかここまで大きな存在になるとは…驚かされます。坂本のチームと言われる日もそう遠くないように思えてきました。
「持っている」たしかに頷けます。今シーズンノーアーチだった謙次の初アーチがあの場面で出るのですから。ポストシーズンも期待出来そうです。
記事を書きながら、kamoさんならこのゲームをどう見たかな、と思うことは多々ありました。これからも思ったことを書いていただければ幸いです。今後とも宜しくお願い致します。

マリモさん
お久しぶりです。初の開幕参戦は残念な結果でしたが、開幕にスッキリ勝ったシーズンはあまりいい結果を残せていないのでそう悪い話ではなかったのかもしれません。
御祖父さまが亡くなられたこと、お悔やみ申し上げます。既にこの優勝を報告されているかと存じますが、この秋もっと素晴らしい報告が出来ると良いですね。
思いを継いでこれから先も応援していきましょう。

ダイゾーさん
チームを引っ張った二人がタイトルを分け合う、お互いに認め合えるから出来たことなのでしょう。
3年目にして完全に長野はチームの軸となりました。ジャイアンツ愛を持って入った選手がここまで活躍するのは嬉しいものです。そして彼が活躍出来るのは、名前を挙げられているベテランが競争相手にいたからこそなのかもしれません。良き先輩にも恵まれました。
今年は色々な意味で巨人のシーズンでした。ファンとしてはホームでナイスゲームを多く見せてくれて満足です。
毎日更新するネタ、あるかな~(笑)プレッシャーはありませんが、この声が私のモチベーションにつながっております。
巨人ファンで良かったと秋にも実感できることを願っております。

モラレスさん
一年間お疲れ様でした!
九月の甲子園で榎田から放った一打が彼を救い、チームに勢いを与えましたね。魅せる男です。
今年のホームでの戦いを見ると、行けるかなという思いはあります。秋に喜び、三年ぶりに銀座で車を追いかけたいです。

投稿: Taka | 2012年10月 8日 (月) 00時02分

こんばんは♪サイコーでーすo(`・ω・´)o
人生初ドームでこんな試合が見れるとは思いませんでした!!
ホテルであまり眠れず、序盤あくびを連発していましたが(^^; 気が付けばオレンジタオルをぶん回しながらVIVA!ジャイアンツを熱唱してました♪

長野と坂本の最多安打!!スバラシイ!!坂本は泣いてたらしいですねー。゚(゚´Д`*゚)゚。

でもこんな試合見てしまったら…もう東京ドームには行けないかも…( ̄▽ ̄;)

投稿: ウサギ男爵 | 2012年10月 8日 (月) 00時42分

ウサギ男爵さん
こんばんは。初めてのご観戦、素晴らしい試合が見られましたね!なかなか点が入りませんでしたが最後タオルを回せて良かったです。
最多安打で並んだ瞬間、テレビで見ていたらもっと感動していたかもしれませんね。
しかし生には生の良さがあります。あの謙次コール、大きかったでしょう。あの熱気は球場でしか味わえません。
なかなかこの最終戦を超える試合はないかもしれませんが、是非また足を運んでください。

投稿: Taka | 2012年10月 8日 (月) 00時48分

終わり全て良し・・その通りですね・私もtakaさんのブログをずっと拝見して少しは野球脳がアップしたような気がします・
坂本が3安打目を打った時、原監督が長野に話しかけ代打を告げました・長野も笑顔で受け入れ、ベンチで両手を挙げ坂本を祝福してましたね!
それを見た坂本の涙・・・・思わず貰い泣きをしそうでした・・・・感無量でした・
ジャイアンツファンで良かった!!!

投稿: まさやん | 2012年10月 8日 (月) 07時19分

お早う御座います
昨日の長野・坂本のWタイトル(最多安打)獲得は、あの9連覇の立役者と言うか、Gの歴史の中でも最大の功労者……ONこと王さん・長嶋さん以来49年振りの2度目のWタイトル受賞とは、全く知りませんでした。ONに肩を並べるとは‼、兎に角お目出度う……此れは本当に素晴らしい快挙ですね。

昨日Takaさんの労を労うコメントをせず申し訳御座いませんでした。改めて感謝の意を表すと共に
取り敢えずリーグ戦終了…大変お疲れ様でした。

投稿: 水戸のノブチン in横浜 | 2012年10月 8日 (月) 09時16分

こんにちは
いや~2年連続で最終戦で最高の試合を見させてもらいました!序盤は色々あったけれど終わってみればこれ以上ないという結果でしたね。

坂本と長野はこれからも二人共に巨人を背負っていってもらいましょう!

投稿: ダンガン | 2012年10月 8日 (月) 10時39分

まさやんさん
色々な方が来てくださるから考えも広がっているような気もします。優勝まで三年かかりましたが、いいチームになったなと実感出来る日でしたね。秋になればよりそう思えるように願いたいです。

ノブチンさん
いやあ、ONは流石に偉大すぎて彼らも戸惑うような気がします。
労だなんて大したことはしていないです。選手たちに比べればなんてことはありません。

ダンガンさん
九回表で終わるのが理想だったのかもしれませんが、ああいう勝ち方は見ている人たちを感動させられるので良かったと思います。
その二人がチームの中軸になるでしょうね、間違いなく。

投稿: Taka | 2012年10月 8日 (月) 12時35分

こんにちは。昨日は三塁内野A席で見てました。まさに気合いの一撃此処にありと言わんばかりのホームランでした。

三塁側の巨人ファン総立ちでした(ちなみに横浜ファンはシラケムード全開でした)。

今季のペナントレースも無事終わりました。

色々な勝因は皆さん言ってますがなんと言っても阿部、坂本、長野の打線の軸がいたこと。それより福田の成長が大きかったです。昨年の中継ぎは管理人様の昨年のエントリーにもありましたがまさに久保山口頼みの根性野球でした(まあ、昨年は日焼けサロンやアルバラデブが潰しました)。その負担を減らした存在感は際立ってました。もちろんルーキーの二人も大健闘です。

次はCSがありますが私も平日のどこかに行く予定は立ててます。
ちなみに私は今年ペナントレース一度も負け試合を見てません。当然次も勝ちに行きます!

投稿: 読売神聖党 維新志士 白鳥美由姫 | 2012年10月 8日 (月) 13時02分

こんにちは。
みなさんも仰られているので重複してしまい申し訳ありませんが、昨年に続き今年も劇的な最終戦でしたね。

西村のセーブだけが心残りですが、阿部の捕手史上最高打率を下げない為の代打無し及び矢野のサヨナラHRと天秤にかけると…まぁどちらが良かったかは計りかねますが(^^;)
西村には来季、開幕から守護神の座を掴み取って堂々とセーブ王の座を射止めてもらいたいと思います。

長野と坂本の最多安打は本当に感動ものでしたね。長野の笑顔&ガッツポーズに坂本の涙…思わず貰い泣きです(/_;)
Takaさんも仰るようにこのシーンだけはTV観戦の方がリアルで感動できたかも(笑)

福田は6月13日の日ハム戦を見ている時はまさか8勝もするとは思いませんでした(笑)彼も今年はかなり成長出来た年だったのではないでしょうか。

あと小笠原は現役続行のようですね。
今年は名選手の引退が多いですが、どこで選手としての限界を感じるか、いつユニフォームを脱ぐ決意をするかは本人次第…まだ現役に拘りバットを振る決意をしたのでしたら、どんな結果になろうとも応援したいと思います。

最後に、Takaさんも一年間お疲れ様でした。
毎試合後の記事を楽しみにしておりました。
まだこの先も大事な試合が残っておりますので、これからもお体に気を付け、素晴らしい記事を書き続けて下さい。

長文で失礼致しましたm(__)m

投稿: うさこ | 2012年10月 8日 (月) 15時54分

白鳥さん
ひと振りでゲームを決める野球の面白さを実感致しました。人の心を動かしますね、ああいうのは。
福田も気付いたら8勝してしまうとは…宇都宮の悲劇の時は全く想像出来ませんでした。橙魂初日のスクランブル登板あたりで手応えを掴んだのでしょう。
平日の1勝は大事です。その勝ち運を是非活かしてください。

うさこさん
健太朗はセーブ王行けましたが、やはり前週の投壊捕手起用が災いしました。来年の起用はどうなるかわかりませんが、初のクローザーとなった今年一年素晴らしい仕事ができたと思います。
その映像見ていたら確かに泣かされそうですね。テレビにはテレビの良さがあります。
宇都宮の試合でストライク入らなかった時はボロクソに書いてしまいましたが、その後の活躍は見事でした。優秀な新人が入ってきたことによる危機感もあったのかもしれませんが、本人の取り組みを認めたいです。
小笠原も続けるなら来年は今以上に厳しくなると思います。本人が納得するまで続けるのがベストでしょうね。

今年ほど反響のあった年はなかったと思います。楽しみにしていただけているというその言葉が何よりもモチベーションになります。これからもこんなブログにお付き合いいただければ幸いです。

投稿: Taka | 2012年10月 8日 (月) 18時50分

一年間楽しいシーズンでした最初はどうなることかと思いましたが…とにかく阿部長野坂本そして内海を筆頭に投手陣の躍動は忘れられないものでしたやはり最高殊勲は阿部でしょう。クライマックスと日本一をかちとって完全制覇といきましょう。

投稿: 一球さん | 2012年10月 8日 (月) 20時17分

一球さん
2勝1敗ペースで終わったので理想通りの結果となりました。枢軸に若手・ベテランが噛み合いシーズンを乗り切れました。
あと一ヶ月頑張って笑って終われるようになれればと思います。

投稿: Taka | 2012年10月 9日 (火) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俺の謙次 | トップページ | WBC »