« 00 寺内崇幸 | トップページ | 2 小笠原道大 »

2012年11月27日 (火)

0 藤村大介

打撃は去年に比べ格段に良くなっているが、レギュラーを取るためには攻守両面においてまだまだレベルアップが必要と感じさせた一年であった。去年盗塁王を獲った選手と考えれば物足りなさもある。

しかしながら、今シーズンを左右する場面で価値ある一打を放ったのもこの選手。もう予測できているだろうが、連敗で迎えた郡山での試合のこと。この日も内海で止めようとしながらもビハインドだった。そこから連打で点を重ね、満塁のチャンスから藤村が走者一掃の逆転タイムリースリーベースを放った。生で見ていたあの弾道は忘れられない。あそこで三タテをくらったなら流れを相手に渡しかねなかった。その後の相手に恵まれたのもあったがあの勝ちでシーズンの行方はほぼ決まったと言って良い。

価値ある一打を放ったが、冒頭に書いたように物足りなさはある。日本一になった翌日のサンスポに書かれていた坂本の手記にもあったが、彼のことを気にかけていた。「先輩たちの姿を素直に見て、自分で考えなければ結果は出ない」これはこのままじゃダメだよ、という彼からのメッセージと受け取れる。慎之助からも「守りが課題」と言われ来年のグアム参加はなくなった。二塁には寺内がいる。俊足という武器を持つ彼がレギュラーを奪うためにはやはり守り。喜びを味わいたいところだが、このオフが大事だ。

|

« 00 寺内崇幸 | トップページ | 2 小笠原道大 »

2012総括 野手編」カテゴリの記事

コメント

藤村……仰る通り昨年より打撃は、良く成っていると思います。序盤こそ俗に言われている走り打ちが、目立ちましたが徐々に腰を据えて反対方向への強い打球が、出てきましたですね。
彼の武器は昨年の盗塁王……即ち言う迄も無く足ですね。其の足を生かすのも出塁率をあげ事……選球眼・そして打撃の向上で、さらに守備のチョンボを減らす事でしょう

寺内のコメで言い忘れましたが、両人ともお疲れ様でしたそして来季の飛躍を期待したいですね。

投稿: 水戸のノブチン | 2012年11月27日 (火) 17時19分

本日30日、エドガーの退団(自由契約)が正式に発表されました。
二塁はレギュラーが決まっておりませんでしたが、これによりこの藤村と寺内に、ルーキーの大累を加えた競争でレギュラーを決める方向になりそうでございます。

盗塁王を獲った機動力は言うことはございません。課題は打撃と守備でございましょう。

まず打撃……といいますより、出塁率の向上が必要。打者のタイプとしては典型的なリードオフでありますから、とにかく出塁して且つ一つでも先の塁に進んでチャンスを多く作り出さねばなりません。
故に打撃向上は言うまでもないですが、選球眼も鍛えて総合的な出塁率の改善は必須。極端な話、打率が2割そこそこでも四死球を選びまくって出塁率5割超というのでも構わないと考えます。

次に守備。彼のようなタイプは打撃は非力だが守備走塁には定評がある……というような特徴を持つ選手が多いのですが、意外にも守備は不得手な様子。
センターラインは守備の要だけに、これはもう練習あるのみでございましょう。ただ、この点はあまり不安を感じません。名門・熊本工業で遊撃を守っていた男ですから、相応の素養、伸びしろはある筈。私としては、課題というより、どこまで上手くなるか楽しみでございます。

将来的には機動力を活かして1番を打ってもらいたいところですが、そこまで成長するのに少々時間を要しましょう。取り敢えず2013年は、投手の前で敬遠される事が多く必然的に出塁の機会も得易い8番打者として起用されては如何でしょう。

投稿: 翁 | 2012年11月30日 (金) 21時53分

水戸のノブチンさん
脚は努力ではどうにもならないので天賦の才能です。プレーが軽かったのでそこを改善することでしょう。

翁さん
うーん、エドゴンの二塁は危険すぎます^^;ちなみに脇谷も帰ってきますよ。
選べればそれだけ相手投手に多く投げさせることとなりますからね。是非四球を査定対象に含めて欲しいものです。
守りは去年の方がまだ安定していた気もします。今年はなんというか軽かったんですよね。
ドン川上や前田みたいな打撃の天才ってのは理想が高すぎますよね、やはり。
今のメンバーで二番の最有力候補はマツでしょうから、八番起用の可能性が高いですね。

投稿: Taka | 2012年11月30日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 00 寺内崇幸 | トップページ | 2 小笠原道大 »