« 12 鈴木尚広 | トップページ | 15 澤村拓一 »

2012年12月 2日 (日)

13 高木康成

仕事上は最高だったと思えるシーズンは苦しいスタートだった。開幕前に母親が他界したことは本当にショックだったと思う。そこからペナントに臨まなければいけないというのは辛かったことだろう。
その苦しい始まりだったシーズンの成績は、満足出来るものと言えるのではないか。たまに炎上することもあったが、ビハインドの場面に出ては試合を繋いでくれた。去年の出来は散々だったが今年の出来は評価して良いと思う。
苦しみで始まったシーズン、墓前でいい報告が出来ていることだろう。来年以降もいい報告が出来るように貢献して欲しい。

|

« 12 鈴木尚広 | トップページ | 15 澤村拓一 »

2012総括 投手編」カテゴリの記事

コメント

高木康成……始めに御母堂様の御冥福を、心から御祈り申し上げます。

昨年から今年始めに掛けては、記事に有りますが上記の事もあって苦しいスタートでしたが、徐々に左投手特有のクロスファイアー・若しくはスライダーでしょうか?が、決まり出して仰る様に時々炎上する事も有りましたが、全般的にリリーフの役目を、果たしたシーズンでしょうね。

昨年から皆さん(私も含め)から言われていた「バカギ」という罵声もいつしか高木康と言われる様になった事、それこそが今年の彼は出来が、良かった明かしと思います。

記事の中で書かれていましたが、墓前で今年の自分の評価と来シーズンへの活躍を、誓った報告が出来た事と思います。来季の健闘を期待します。

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月 4日 (火) 12時16分

首脳陣が使い方を分かっていたのも活躍できた一因ではないかと思っております。リードしていると何故か打たれるのでほぼビハインドでの出番でしたが十分な出来だったと思います。
本人も今の立場を分かっておりますのでオフはよりいっそう練習に励むことでしょう。

投稿: Taka | 2012年12月 4日 (火) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12 鈴木尚広 | トップページ | 15 澤村拓一 »