« 17 東野峻 | トップページ | 20 スコット・マシソン »

2012年12月 2日 (日)

18 杉内俊哉

間違いなくシーズン中盤までは引っ張ってきた。移籍一年目の違うリーグであれだけの成績を残せたのは十分だろう。柱のひとりとして十分貢献していたし、周りにも刺激を与えられた。18番にふさわしい活躍だったと思っている。悔やまれるのは今シーズン最高のパフォーマンスを見せた楽天戦を生で見られなかったことだ。今年見られなかった3試合の中に入ってしまうのだから運が悪かった。しかしそれ以外の試合でも素晴らしいピッチングを見せてくれた。一番記憶に残っているのは5月の甲子園。1安打1四球と文句のつけどころがない内容だった。

十分な結果ではあったが本人は満足していないだろう。大事な夏場とポストシーズンで投げることが出来なかったのだから。幸いだったのは日本一になれたこと。そうでなければ強く責任を感じていたのではないか。

故障が癒えればこの投手に関しては何ら心配していない。来年は何かを決めるマウンドに立っていて欲しい。

|

« 17 東野峻 | トップページ | 20 スコット・マシソン »

2012総括 投手編」カテゴリの記事

コメント

交流戦あたりで中5日の登板が連続で続いたのがよくなかったんでしょうかね。そうであれば川口にはそこらへんを考えてもらって、大事なシーズン終盤戦とポストシーズンにしっかり投げられる起用をしてもらいたいですね。

投稿: 上野 | 2012年12月 3日 (月) 10時07分

上野さん
出所は忘れましたが、その失敗を踏まえて来年は中六日で臨むつもりであることを目にしたような気がします。先発育成枠も用意したいため来年は六人で廻す気がします。

投稿: Taka | 2012年12月 3日 (月) 12時19分

杉内俊哉(18番)……私は、この18と言う数字が好きで亡き藤田さん〜堀内さん〜桑田さん〜引き継いだ杉内は、大変相応しく、良く似合っていると思います。

余談は兎も角仰る様に、移籍初年リーグが変わると言う環境の変化に、良く対応してあれだけの成績を残せたのは、流石に一流投手の片鱗を観せてくれましたですね。

後半は左肩の違和感で出番が少なく結果も出無いまま本人も焦りを生じた事でしょう。結局ポストシーズンは、登板もなく悔しさと責任を感じた事でしょうね。

5月30日楽天戦…あわやパーフェクトと思わせたあの試合を観てた(勿論TV観戦)我々を興奮の坩堝に引き込んだ試合、結果的にはノーノーでおわりましたが、私はこの試合がベストピッチと思います。(Takaさんは残念ながらLIVE観戦出来なかった数試合の一つと言う事ですが)
一番印象に残っていたのは、試合後のインタビューに於いて最後の27人目の打者…フルカウントから四球を出しパーフェクトは成らずでしたが、その時のシチュエーションに於いて、彼は此処でストライクを、取るのは容易いがヒットを、打たれるかもしれない…其れなら四球を出しても次の打者で勝負をかけると、瞬時にあの緊迫感のなかで、判断・決断をした杉内俊哉に途轍もない能力と判断力・決断力に尊敬の念抱くと共に野球道の神髄を、極めた様な感動を覚えた試合でした。

因みにG・オフィシヤルグッズショップのコーナの中で、G-勝ったらグッズ(ご存知と思いますが、)の中で杉内ノーヒッター記念ウィンドブレーカーを記念に購入しました。中々良い物でした

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月 6日 (木) 19時07分

レベルの高い彼が入ったことでほかの投手陣にもいい刺激となったでしょう。入ってすぐに柱となった点にも満足しております。
来年はポストシーズンの舞台に立てることを願っております。

投稿: Taka | 2012年12月 8日 (土) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 17 東野峻 | トップページ | 20 スコット・マシソン »