« 2012年 第8位 去年とは違うと思わせた試合 | トップページ | 2012年 第6位 四番打者とはこういうもの »

2012年12月18日 (火)

2012年 第7位 美しき弾道

特に悪い流れを断ち切ったわけでもなく、優勝の行方を大きく左右したわけでもない試合ではあるが、単純にものすごく喜んだ試合を入れてみた。

8/19 広島(東京)○4x-3 取り返せるところが凄い

試合そのものの内容自体は決して褒められたものではない。しかしあの一本が凄かった。それだけでここまで上位に来るのだからすごいホームランだったということか。3時間超過していたので延長となってもチャンスは残り一回、そう考えれば引き分けかもなと思っていた。相手はミコライオ。追い込まれていたがストレートを引っ張った。もう打った瞬間に確信した。まだ着弾していないにもかかわらず椅子に飛び乗ってしまうくらい喜んだ。あの美しい弾道をサヨナラの場面で見せられる、それが阿部慎之助なのだろう。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 2012年 第8位 去年とは違うと思わせた試合 | トップページ | 2012年 第6位 四番打者とはこういうもの »

2012 BEST10」カテゴリの記事

コメント

タイトルの(美しい弾道)……慎之助の為にあるフレーズの様に思える様ですね。私のこの試合のコメントを振り返って見ますと ・サヨナラ慎ちゃん復活弾・最高で~す弾・天才肌のプレーヤー・とか褒めまくりのコメントでした。

仰る様に試合そのものは、ナイスゲームとは良いにくい展開で、終盤に入りしかも相手は守護神ミコライオ当然ドローは、止む無しと思われたが、流石慎之助……追い込まれながらも打った瞬間スタンドイン正しく美しい弾丸ライナーで、サヨナラHR・Takaさんが、ジャンプして喜んでいた様に私も大声で、TVの前で飛び跳ねた記憶が、蘇ってきました。其のくらい記憶にあったゲームです、当然順位はともかく、BEST TENに挙げても、可笑しく無いと思いますね。

因みに御存知とは思いますが、このHRも記念ウィンドブレーカーが「勝つたらグッズ」に載っていましたですね

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月24日 (月) 11時45分

打った瞬間でしたからね。相手のクローザーからあのあたりを打てたことが驚きでした。追い込まれた後に打てたこともすごいです。
週刊ジャイアンツでもベスト5に入ってましたね。

投稿: Taka | 2012年12月24日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年 第8位 去年とは違うと思わせた試合 | トップページ | 2012年 第6位 四番打者とはこういうもの »