« 25 村田修一 | トップページ | 27 實松一成 »

2012年12月 2日 (日)

26 内海哲也

いろいろな声があったが終わってみれば一年間ローテを守り通してエースは内海だった、と言えるシーズンだったのではないか。二年連続最多勝・防御率一点台と巨人の柱から球界を代表する投手になったといえる結果だった。中でも交流戦では無類の強さを誇った。連勝記録は止まらず今年も交流戦は五連勝、そして交流戦MVPを手にした。

その一方で、肝心な試合で結果を残せずにいた。今シーズン屈指の試合となった郡山での一戦でも彼は3失点して4回には代打を出されている。優勝が決まった試合も勝ち投手にはなったが宮出に同点弾を喰らっている。そしてCS2試合は0勝。大事な所で勝てないのか、という残念な気にもなったが、それを覆したのが日本シリーズだった。大事な初戦を0で抑え、追いつかれて迎えた第5戦は大量リードの中八回を投げ切り中継ぎを助けた。このシリーズで2勝を挙げシリーズMVPに輝いた。大事な所でも結果を残す、そういう選手になったということだろう。

成績だけではなく、今のチームが出来たのも彼が選手会長だからではないか。派閥があってやりづらい雰囲気だと感じていた彼は雰囲気を変えることにした。後輩をファーストネームで呼ぶことで距離を狭めようとしたのもその一環。先輩がいい環境を作れたからこそ、宮國や小山などの若い投手が伸び伸びプレー出来たのだと思っている。

いつか世代交代の波は訪れるだろう。しかしまだまだ阿部キャプテンと内海選手会長が率いるチームを見ていたい。なのでもう数年は今の役割をお願いしたい。

|

« 25 村田修一 | トップページ | 27 實松一成 »

2012総括 投手編」カテゴリの記事

コメント

打たれるときもありましたが2年連続でよく投げましたね。あと、どうでもいいことかもわからないですが、大の苦手の宮出が引退なんで助かりましたね。

投稿: 上野 | 2012年12月 4日 (火) 09時04分

継続して成績を残せたのは素晴らしいと思います。宮出はああいう3ラン打てるのに勿体ないという気もします。

投稿: Taka | 2012年12月 4日 (火) 13時11分

内海哲也……二年連続最多勝・交流戦中MVP・日本シリーズMVPの偉業達成…正しくエースの働きの一年でした。
確かに記事にある様に、要所要所で、オイオイ・エースだろうって叫んだ試合も有りましたが、仰るとうり一年を
通して振り返れば、エースに値する存在だったことには、
違い無いと思います。

自分が、チームの中心であると自覚が、芽生えた一つの要因には、同じ左のやはりエース的存在の杉内の入団に、刺激を、受けたことも要因でしょうね。

彼はピッチャー特有の繊細で、緻密さと大胆さにも長けていて将来をも、切り開く力を備えた野球人であると、
信じて疑わ無いと思いたいですね。

今シーズンの成功の裏側には色々な思いがあったと思いますが次の格言を常に持ち続けて貰いたいです。
『成功への道は自らの手で未来をつくることによって開け
る』………by ピーター・F・ドラッカー

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月10日 (月) 15時23分

レベルの高い競争相手が入ったことで高い水準になったと思います。これからほかの投手陣のレベルアップも期待できそうですね。

投稿: Taka | 2012年12月12日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 25 村田修一 | トップページ | 27 實松一成 »