« 26 内海哲也 | トップページ | 29 真田裕貴 »

2012年12月 2日 (日)

27 實松一成

去年の収穫は實松が成長したこと。27番を手にしたことでも期待の高さがうかがえた。彼がいたからこそ鶴岡を引き止めることはなかった。もう去年の時点で二番手となっていたのだから。そして今年もその期待に応えてくれた。

慎之助を欠いたゴールデンウイークと、足を痛めていたシーズン終盤は實松がいたからチームが崩れることはなく勝ち続けられた。特に宮國の初完封を導いた5/1は素晴らしかった。100球以内での完封も狙えたという試合はそうそう無いだろう。

心配していたのは、FAの権利を手にしたこと。控え捕手ながらもこの二年でかなり自信をつけていたろう。だからこそ彼を欲しがるチームが必ず現れるように思えた。しかし彼は残った。このチームでプレーできることにやりがいを感じてくれている。残留宣言は本当にグッドニュースだった。そう感じられたのは彼の存在が大きくなっている証だろう。

試合前の準備も一番早いという努力家。それが実を結んだのは間違いない。同じように臨んでチームにいい影響を与えて欲しい。

|

« 26 内海哲也 | トップページ | 29 真田裕貴 »

2012総括 野手編」カテゴリの記事

コメント

私としては、實松はもっと起用されて然るべき選手と思っております。

恐らくは阿部をも凌ぐという声もある守備力、特に投手のリード、配球。
非力と言われ打率2割に満たぬが、意外性があり大事な場面で殊勲打を放つ事も多い打撃。
往年のレギュラー・山倉和博にイメージがダブります。

私は、阿部の体調・消耗度を考慮すると、彼を一塁に固定した方がよいと考えます。そして、ホームは實松に任せてよろしい。この布陣ですと、攻撃力がやや低下するものの、守備力は同等以上でトーラルバランスは良い。
一塁固定はしないとしても、メジャーリーグに近い形で、何試合かおきに實松にマスクを被らせ、阿部は一塁か休養という起用は、現実的でありましょう。

いずれにせよ、彼の巨人残留は目出度い事。2013年は更なる活躍を願って止みません。

投稿: 翁 | 2012年12月 2日 (日) 20時48分

翁さん
そう思えるくらい實松が成長したということでしょうね。バットに当たる気配がないと思われた打撃も改善されましたから。松坂世代でドラフト一位指名された実力に嘘はありませんでした。阿部を一塁で使えるのも彼がいるからでしょうね。

投稿: Taka | 2012年12月 2日 (日) 22時47分

實松一成……今年FAの権利を獲得した時点で、少し不安を覚えたことは事実でした。彼の今シーズンの働き無しでは、慎之助の二冠危うしも考えられたのでは無いでしょうか?…取り敢えず残留決定で一安心ですね。12球団とも優秀な捕手を、物色している現状彼の能力からして、引くてあまたの逸材でしょう、残ってくれて本当に良かったと思います。

彼のリードは、控え(第二捕手)としてマスクをかぶら無い時も良く投手の研究をして持ち味を活かすリードが特徴ですね。打撃に難が、有ると言われていましたが、今年の働きは打撃もかなり成長したと思います。今や第二捕手とは、言え無い存在に浮かび上がってきました。

5月上旬……完封捕手と言われたり、今年のGウイークの成績は6勝2敗1分と12球団トップの好成績で、無くては成ら無い選手に成長しましたですね。今年の様に慎之助と併用(慎之助が怪我・一塁にアクシデント・休養等々)が望ましい使い方と思います。

彼の性格は思うに「謹厳実直」そのもので慎み深く・誠実・正直・所謂真面目人間ですが、リードは其れなりにピカ1……来シーズンも慎之助を助け、尚一層の精進を願っています。

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月 4日 (火) 00時12分

水戸のノブチンさん
彼が控えキャッチャーというのも他のチームにとってみれば羨ましい話だと思います。二年前までは全く評価していなかったのですが、努力を続けた甲斐があったということでしょう。出されなくて良かったと思っております。

投稿: Taka | 2012年12月 4日 (火) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 26 内海哲也 | トップページ | 29 真田裕貴 »