« 31 松本哲也 | トップページ | 35 西村健太朗 »

2012年12月 8日 (土)

33 石井義人

地獄から天国へ、そんな一年だったのではないか。昨年結果は出ていなかったがまさかの戦力外通告を受けて次の職場を求めていた。そんな打撃の天才に目をつけたのが巨人だった。そして彼を迎え入れてチームは日本一に輝いた。両者にとって最良の結果となった一年と言えよう。

去年の成績が信じられない、彼の打撃を見てそう感じた。同時にこれは巨人にとって大きな補強になったかなと思えた。一軍への合流は開幕して少し経った後。その後も一度落ちているが、一年間ずっといたようにも思えるのはそれだけ貢献出来ていたからだろうか。代打での打率が.405、シーズン通しての得点圏打率は.444と素晴らしい結果を残した。

CSではMVPに輝くサヨナラタイムリーを放った。代打に出した佳知を下げてまで義人を使ったという事実は、彼に対する信頼の厚さを表していた。そしてそこで打ち損じ気味ながらポテンヒットを放ち結果を残した。この補強が正しかったこと、そして彼を戦力外とした判断が誤っていたことを証明したシーンだった。

色々な喜びを感じられた一年だったろう。今度は連覇の喜びを味わうべく高いモチベーションで臨んで欲しい。

|

« 31 松本哲也 | トップページ | 35 西村健太朗 »

2012総括 野手編」カテゴリの記事

コメント

石井義人……記事の通り地獄を覗き掛けた(足を一歩踏み入れたが正解でしょうか)人間が天国へ戻って来ました。巨人のスカウトと言うか、首脳陣に感謝・感謝って気持ちですね(本人・我々ファンも)…彼らの打撃センスの目が、良かったのか前の球団の首脳陣の見る目が、無かったのかは、解りませんが?

本人の技術・気持・努力・はたまた、執念?何れにしても彼の、今シーズンの働きは、お見事でした。代打の打率及び得点圏打率は、群を抜いて…いつしか「代打の神様」と称号を付けられ、我々見る側にとっても切り札的存在で、此処でと言う時に必ずと言って良い程、結果を出してくれて期待感が持てる活躍でした。

此れほどの選手が何故、戦力外通告を受けたのか、今でも謎と言うか不思議でたまりません。でも彼の力の一部が、日本一に貢献した事は、紛れも無く事実である事に変わりません。

今年一年の充実した気持とチームに感謝の気持で、来シーズンも更なる活躍を、祈願したいです。

『誰かに「ダメだ」と言われたとしても、それは最初の一歩にすぎ無い…習得しなければ成ら無いのはその「ダメだ」と言う言葉にに打ち勝ことだ』
byジェームス・クック(通称キャプテン・クック)

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月12日 (水) 18時01分

もともと技術のある選手、それをより広く示すことが出来るチャンスがこのチームにはあるのでモチベーションも高まっていたことでしょう。喜びのたくさん詰まったシーズンであったと思います。

投稿: Taka | 2012年12月12日 (水) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 31 松本哲也 | トップページ | 35 西村健太朗 »