« 49 ディッキー・ゴンザレス | トップページ | 51 古城茂幸 »

2012年12月 8日 (土)

50 加治前竜一

プロ入りしてベストのシーズンとなったが、やはり印象に残ったのは勝負強さ。控え組ながら4度のお立ち台というのは立派なもの。今年は控えの層も厚かったからシーズン途中で降格してから戻ることはなかったが、それは彼に問題があったからではないように思える。周りも良かったということ。少なくとも二軍の帝王からは脱却したと思っている。
来年は大田も同じ土台に立つことで競争はより激しくなる。目指す方向は間違っていない。あとは継続することだ。

|

« 49 ディッキー・ゴンザレス | トップページ | 51 古城茂幸 »

2012総括 野手編」カテゴリの記事

コメント

物事の運・不運があるならば、この人は今のところ実力云々の前に不運に翻弄されている印象が強い選手。

入団1年目の時点で、既に外野陣が現在に近い飽和状態。ベテランが多い布陣ではありましたが、たくさん外野手がいるにも関わらず、高卒ならまだしも年齢的にもある程度即戦力性が要求される大卒の外野手を獲るのには疑問がありました。
原監督との“東海大”繋がりという理由で獲得したなら、寧ろ本人が可哀そうに思えました。巨人は、ドラフトに於いてたまにこういう指名がございますので、これは解消願いたいと思っております。

実力・プレースタイルについては、攻守走3拍子が高い次元でバランスが取れているという評価。ズバ抜けたウリが無いとも言えますが、プロ初打席が代打サヨナラホームランだった事など、何か“持っている”と思わせる選手。
個人的には打順7番あたりで左翼か右翼に起用して経験を積ませてみたいところでございます。が、長野、松本、亀井、矢野、高橋由……と層が大変厚いので、正直レギュラーは厳しい。
何とか救ってやりたいところです。

投稿: 翁 | 2012年12月 8日 (土) 21時18分

そんな競争が激しい中でも今年貢献出来たことは彼にとって大きくプラスになったことでしょう。
来年はより厳しい位置からのスタートが考えられますがチャンスが来たらモノにして欲しいところです。

投稿: Taka | 2012年12月 9日 (日) 22時54分

加治前竜一………彼については、何方も思っていらっしゃる事ですが、あえてコメントさせて頂きます。其れは言わず知れた初年度(2008年)の驚嘆・驚愕・衝撃と凡ゆる驚きの熟語を並べても賞賛仕切れ無い、素晴らしい実績………あの「初打席・代打・サヨナラ・HR」この衝撃は、TVの前で鳥肌が立つ程、其れこそ興奮坩堝へ、引きずりこまれたかなり良い意味で、ショッキングな一打でした。今だに並ぶ者はなく(そんなに簡単では無い)メジャー匂いても過去に例が無いそうですね。

ところで今シーズンお立ち台が、4度有りましたですね。あの衝撃のデビューから5年目…過去4年トータルの記録を見ても今年一年で出番が少ない割りには安打も四球も勿論打点も2008年の2〜8と増えています。活躍の度合いが違いますね。

さて来シーズンですが、ライバル多数の中厳しい戦いが、待っています。自分流を貫き通し一軍定着を目指して欲しいと願っています。

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月18日 (火) 12時09分

今年の出来を見ていると、ダメだったから落とされたわけではないと思います。外野がそれだけ充実していたという事でしょう。
最初に偉業を成し遂げてそれ以上のサプライズは難しいと思いますが、地道に実績を積み重ねて欲しいと思います。

投稿: Taka | 2012年12月21日 (金) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 49 ディッキー・ゴンザレス | トップページ | 51 古城茂幸 »