« 50 加治前竜一 | トップページ | 52 隠善智也 »

2012年12月 8日 (土)

51 古城茂幸

以前ブログで辛口になっていると指摘されていた。それは否定しない。しかしそれでも古城は必要な戦力だ。レギュラーとして使うには物足りない。しかし控えに彼がいることはベンチにとっては安心出来るものだ。内野はどこでも守れて困った時にいつでも出せる。そんな彼が輝きを見せたのはCS5戦目と6戦目だった。5戦目では2点タイムリーを放った。途中のバント失敗、さらには終盤でもバントを決められなかった。しかしヒットでつないでサヨナラを演出した。6戦目も寺内の2点タイムリーに繋がるヒットを放った。窮地を救ってくれたことに感謝したい。

来年は似たような位置付けの脇谷が戻ってくる。明け渡さないように準備あるのみ。

|

« 50 加治前竜一 | トップページ | 52 隠善智也 »

2012総括 野手編」カテゴリの記事

コメント

鈴木と共に、控えでこそあれ、チームに欠くべからざる選手。

鈴木同様、代打・代走・守備固め、いずれにも使えて重宝する事このうえございません。
結構大事な所で殊勲打を打つ等、意外性もあり、年齢が5、6歳若ければ2番・二塁のレギュラーで使ってみとうございました。

彼は實松と共に、岡島と交換で日本ハムから移籍してきた選手。このような選手が埋もれていたとは、日本ハムのスカウティング・育成能力恐るべし。一方で、彼に目を付けて獲得に踏み切った巨人の編成部門も見事。
あまり大々的に扱われた事がありませんでしたが、良いトレードだったと、私は思います。

投稿: 翁 | 2012年12月10日 (月) 17時10分

2番ですか。意外性タイプの打者なのでやはり下位ではないかと。
彼にとってもチームにとっても良いトレードでしたね。

投稿: Taka | 2012年12月12日 (水) 23時14分

古城茂幸……気が付けばそこに古城がいる、いなければいないで何かもの足りない存在…此れ迄幾たびもチームの危機を、救ってくれた選手、やはり巨人には無くてはならない存在だと思います。

その中でも一番印象に残る試合といえば、記憶もまだ新しい昨年8月のタイガース戦と、くれば“言わずもがな”同点で迎えた最終回あの虎の守護神「藤川球児」から自身初(対藤川に限れば巨人選手では初?)となるサヨナラ・HR
この快挙は、忘れもしない最高のHRの一つに挙げても文句無しでしょう。

特に素晴らしい打撃が、有るわけでも無いが時々上記の様な働きをして、何と言っても内野守備に関しては、所謂ユーティリティプレーヤーとしては最たる選手では無いでしょうか

球児からのHR以来の「茂ちゃんフィーバー」を今後も続けて欲しいです、そして来シーズン内野の熾烈な戦いに挑んで貰いたいと願って止みません。

『何時も自分を磨いておけ あなたは世(セ)界をみるための窓なのだ』 by バーナード・ショウ

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月18日 (火) 16時11分

そろそろ古城頼みからの脱却を、と思う事もありますが、やはり健在という事なのでしょう。ベンチにいて助かる選手だと思います。
ポカもありますが、はじめてのCSで味わった悔しさは晴らせたと思います。

投稿: Taka | 2012年12月21日 (金) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 50 加治前竜一 | トップページ | 52 隠善智也 »