« 2012年 第4位 大きな大きな一勝 | トップページ | 2012年 第3位 躍動の始まり »

2012年12月29日 (土)

松井秀喜引退

昨日の朝、見ることは出来なかったが会見で現役引退を表明した。昨日のうちに書きたいところではあったが社用で時間もなく少し空いてしまった。触れないわけには行かないから少し書きたい。

私が現地観戦にハマったきっかけは2000年の日本シリーズ初戦にあった。その時の熱気はテレビでは絶対に味わえないものであり、ドームに行きたい、と思うようになった。そしてその熱気を生み出したのは、松井秀喜であるように思える。
四番を打ったことは過去にあったが、定着したのはこの年が最初だった。その通りの結果を残し、ファンの期待も高まっていた。だからこそ松井の打席には雰囲気があった。相手に与える威圧感も相当なものだったろう。一球一球通常時に比べ慎重に投げていたように思える。一打席一打席を見ていたくなる、そういう選手だった。
当時はチケットの確保が難しく今みたいにほぼ皆勤というのは有り得なかった。めぐり合わせなのか、現地観戦では松井よりも高橋由伸のホームランを多く見た気がする。もちろん松井のホームランも何度か目にした。その中で絶対に忘れることのないアーチが一つある。2002年9月16日の横浜戦で森中聖雄から放ったアーチだ。なかなか手に入らなかったライトスタンドで見ていたのだが、打った瞬間に入ったと確信してどこまで飛ぶのかと見上げていた。その時、天井に打球が直撃したのだ。「当たってしまった」とその時は思ったが、打球はライトスタンドに飛び込んだ。こういうアーチはその後見た記憶がない。それが出来るのが松井秀喜ということなのだろう。生で見た松井のホームランはこれが最後となった。忘れることは絶対にない。

「人工芝でプレーすることは有り得ない」そう度々聞いていたから現役として巨人に戻ってくることはないと思っていた。まだアーチは見せられるかもしれない。しかし10年前の松井秀喜は見せられない、と現役を退いた決断に関しても納得している。
今後のことはこれから決まっていくのだろう。今はこれまで多くの感動を与えてくれたことに対する感謝の気持ちしかない。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 2012年 第4位 大きな大きな一勝 | トップページ | 2012年 第3位 躍動の始まり »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

ついに松井も引退ですね(T ^ T)
あまりに思い出が多すぎて何と言ったらいいのか分かりませんが、日本で最後に打ったあのホームラン、ヤクルト戦で打ったあの50号を生で観れた事は一生の思い出です。
残念ながら現役での巨人復帰は叶いませんでしたが、是非指導者としてまた帰って来て頂きたいです。
ありがとう松井秀喜。

投稿: インザーギオフサイド | 2012年12月29日 (土) 13時32分

松井には、ただ感謝・感謝です。

投稿: 元大阪爺 | 2012年12月29日 (土) 15時11分

こんばんは、久しぶりの投稿になります。

松井は私が野球を見始めた小学生の頃から中学の9年間巨人の象徴でした。

一番の松井の思い出は小学3年の時、初めて父親に東京ドームに連れて行って貰ったときに初めてそこで生のホームランを見ました。それが松井でした。

私は常々アスリートの引き際について考えさせられますが、今回の決断は立派だったと思います。正直代打とかならもう少し出来たと思いますが、本人も10年前の姿には戻れないとの発言をしています。私はプロは最高のパフォーマンスが出来なくなったとき潔く一線から退くのが真のプロであると考えます。
晩年の清原みたいに裸の王様状態になるのが一番駄目だと思います。

今日の報知にもありましたがいずれは巨人に指導者として帰ってくることを願ってます。

”燃えろ松井 キラリ光る 星だ行けよ花道 火を噴けバット勝利の ミサイルHR”

ありがとう、松井秀喜!

投稿: 讀賣神聖党 維新志士 白鳥美由姫 | 2012年12月29日 (土) 21時13分

松井秀喜………遂にこの日がやってきましたですね。今でも良く憶えています。あの運命のドラフト会議、当時監督の長嶋茂雄さんが、交渉権を引き当てた瞬間を私はドキドキしながら、会社のTVで中継を観ていていまして小躍りして喜んだ日を今でも鮮明に蘇ってきます。

振り返って見ますと、甲子園で伝説の連続敬遠四球で、湧かせた時から本格的に怪物(怪獣)ゴジラの誕生でした。そしてプロの世界…栄光の巨人(本人は虎ファンと言って様な?)へ入団し押しも押されもしない、スタープレーヤーの道をまっしぐら………

巨人在籍の働きは、今更私が言うまで無く、正にホームランの魅力で「ゴジラ」の愛称どうり魅了させられましたですね、私は自分の車に《33-55》の車番を登録して1人悦に入っていた事もあり、ゴジに関するグッズは結構集めていました。(33は当時の監督長嶋さん)

彼に関する事は山程あって、切りが無い程ですが、巨人在籍最後の年、メジャーへ行く話が話題に成ったころ、我々の仲間内では、どうせメジャーへ行くなら、最後に50本打ってみろ‼と良く話していましたが、まさか聞こえた訳でも無いでしょうが(笑)……キッチリ50本叩き込みました。此れには流石ゴジラと驚嘆した記憶が蘇りました!‼

日米に跨って我々巨人ファンはもとより、球界に偉大な足跡を残し感動を、与えてくれたゴジこと、松井秀喜に感謝の念を表すと同時に栄光の55に惜別し本当にお疲れ様でしたと言いたいですそして何時か又球界へ、今度は指導者として戻ってくる日を、是非楽しみに待っていたいと思います。

投稿: 水戸のノブチン | 2012年12月29日 (土) 21時23分

テレビ画面に映るサバサバしたゴジラの顔を見た時彼の入団時のボーズ頭にニキビ顔の田舎臭い顔を思いだし少し笑ってしまいました
私にとって彼のホームランで忘れられないのは日米対戦で放ったライトへの特大ホームランです、確かコテンパンに負けてる中(兎に角腹立つ位打てなかった印象でまだ相手チームに野茂がいたと思うし松井自身もそーとー若かったと記憶してます)打った一発でドーム三塁側で見ていて思わず立ち上がり「どーだ!!見たか!!メジャーリーガー!!」などと興奮のあまり訳の分からない事叫んでいたのが忘れられません(笑)

今年レイズで直ぐホームラン打った時は凄く期待しましたし、あまりにも嬉しくてこちらにコメントさせて頂きましたけど、、、、

ある程度もしやという思いもあり覚悟というか……あったつもりなのに…なぁ〜んかポッカリ空いた感じは否めません( ´△`)

投稿: 長嶋信者の妻 | 2012年12月29日 (土) 21時56分

インザーギオフサイド さん
巨人時代最後のアーチ、50号を生で見られたのですか。羨ましいです。
海外のbaseballに触れてどういう指導者になるのか、楽しみです。

元大阪爺さん
色々な意味で素晴らしいプレーヤーでした。再びGIANTSのユニフォーム姿を見たいですね。

白鳥美由姫さん
彼の言葉を聞いて、30本打ちながらも引退を決断した王さんを思い出しました。

水戸のノブチンさん
彼は色々な意味でぶれない人間でした。その時点で一流プレーヤーとしての資質を持っていたのかなと思えます。
今後どういう松井秀喜が見られるのか、楽しみです。

長嶋信者の妻さん
ニキビ顔の高校生は本当に大きく育ちました。メジャーリーガーからアーチを放ったことで行けるという確信を持てていたのかもしれません。
そういえばコメントを頂いたような、とうっすら記憶がありましたが、確かにありました。
色々な名選手が引退を決意しましたが最後の最後で一番大きな選手の報せが届くとは驚かされました。ずっと彼自身が考えてきたことですから尊重したいです。

投稿: Taka | 2012年12月29日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年 第4位 大きな大きな一勝 | トップページ | 2012年 第3位 躍動の始まり »