« 広島(MAZDA)●2-4 坂本をどうしたいのだろう | トップページ | 広島(MAZDA)●4-5 ホーム胴上げに近づいたとは喜べません »

2013年9月15日 (日)

広島(MAZDA)●0-10 先発で決まった試合

「今日の収穫は福田・井野。お前らには分からなくて結構」(某元監督風)
これでさすがに原さんや川口さんも福田を諦めてくれるかな。去年の活躍は見事だった。でも今年はダメ。前年の輝きにこだわって特定の選手を重用して失敗したのは三年前。同じことを繰り返してはならない。去年の澤村みたいにポストシーズンで活躍する例もある。でも、彼の場合は去年勝敗をタイに戻した実績があったから。今年の福田は何もしていない。となると同じようになることは考え難いし、一軍に残す理由がない。かつて川口さんがぶち切れたのか落とされたけど今年の結果で見るなら倍の試合で投げてきた笠原という選択が妥当ではないか。
出た投手の問題もあるのかもしれないが、先週に続き井野が出た瞬間に炎上。サネ・カトケン世代と、元貴・鬼世代の間がこれでポッカリ空いたと。補強ポイントは間違ってなかったんだけどなあ…。今シーズンいっぱいはカトケンか若い子に頑張ってもらいましょう。

試合自体はスターターで決まったわかりやすいもの。当初は広島のスライダー狙いがはまったのかな、と思ったが、ストレートのコントロールを見ても取られるのは時間の問題だったかなと。修正の早い子なので次回はやってくれるでしょう。だが、タイトル争いは厳しくなったか…。

明日は今村。何となくだが、椋丞初登板のときとかぶってる部分があるから、もしかしたら行けるかもなどと楽観的な自分がいる。五回投げればあとは四人フル投入でプロ初勝利は手に入る。失うものは何もない、という気持ちで自分を出してもらいたい。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(MAZDA)●2-4 坂本をどうしたいのだろう | トップページ | 広島(MAZDA)●4-5 ホーム胴上げに近づいたとは喜べません »

「試合」カテゴリの記事

コメント

福田投手=大量失点という安定、流石に首脳陣は諦めがついたでしょう。広島球場のGファンが気の毒です。
坂本も全然打てるきがしない。足の状態が悪くても枢軸だから外せないというなら、8番位で調整させた方がよいと思います。
中井が昨日2軍戦で指名打者で出てましたね・四球だったそうですが、早く一軍で雄姿を拝見したいです。
どうやら、TDで胴上げかも?しれませんね。

投稿: まさやん | 2013年9月15日 (日) 16時56分

思いがけず連敗となってしまいましたね。
これで東京ドームの胴上げが近づきましたかね。
僕は明日は出勤日なんですが、で、ちょっと休めないんですが、体調が悪くなったとか適当にウソついて、
午後半休にして家に帰って今村をテレビ観戦としたいと思ってます。
ただ、大雨ならスカパーが映らないんでそれが心配です。
体調が悪くなったといって会社休んでナゴヤドームに行ければもっといいんでしょうけど。

投稿: 上野 | 2013年9月15日 (日) 18時02分

福田が2回に1度の割合で炎上、一岡も2回に1度炎上という感じでしょうか。8月29日の阪神戦で、福田と一岡の両方が抑えてくれて、サヨナラ勝ち→対阪神三連勝できたのは今から思えばラッキーでしたね。
 福田の代わりに笠原昇格というのに賛成します。

投稿: 元大阪爺 | 2013年9月15日 (日) 18時06分

お久しぶりです。なかなか忙しくてコメントできませんでした。
マツダでの連敗、残念です。明日16日は弾丸で観戦してきます(夜行バスに乗るために名古屋駅へと向かうところです)。
常連さん方には悪いのですが、何とかナゴヤドームで胴上げを見たいな・・・と思っております。

投稿: inno72 | 2013年9月15日 (日) 20時36分

今日は情けなかった。
とても優勝出来そうなチームとは思えない、戦いぶりのでした。
何か覇気が無さすぎます。

坂本は使い続けるなら、8番を任せてまぐれ当たりを願うしかないのかな。

今村は一軍で通用する投球が出来るかどうか。
打線が壊滅的で援護が期待出来ないですしね。

投稿: 躍進を願う。 | 2013年9月15日 (日) 21時33分

まさやんさん
継続して活躍するのは難しいなと実感します。マエケン相手に0-5の時点である程度展開は読めていたでしょうね。
坂本は何というか、捉えてないんですよね。泳いで当てているだけという。橋上さんのいうように時間がかかるかもしれません。
4日間でM5、どうなりますかね。

上野さん
少しだけ近付いたように思えます。しかし今の阪神が広島に勝てるともあまり思えません…。今村が気になって具合が悪い、ある意味正解です。
私が体調不良なんて言ってもバレバレなので行く時は私用で有休とります(使い道もバレバレですけどね)。

元大阪爺さん
同じキャッチャーではありましたが、一岡にはもう少しチャンスを与えてもらいたいです。あの時は良く抑えたというべきか阪神の打線が湿っていたのか…。
笠原は笠原でストレス感じるかもしれませんが、前半の経験を活かしてもらいたいです。

inno72さん
なんと弾丸ツアーですか!今村の初登板、嬉しい結果になることを願っております。
胴上げに関してはなんとも読めませんね。決まるとすればまあ三戦目でしょう。去年と似たような展開ですね。

躍進を願う。さん
いいんです。一年トータルで一番勝率の高いチームがペナントを取れるのですから。連敗も多いのが今年の特徴ですがそれは来年に向けた課題としてもらうとして。
今に限らず坂本らしいバッティングがどうにも今年は出ていない気がします。右打ちを捨ててでも引っ張りを伸ばしてもらいたいです。
下で一年間ローテを守ってきた投手、積み重ねたことを見せられるかどうかですね。楽しみです。

投稿: Taka | 2013年9月15日 (日) 22時06分

Takaさん、こんばんは!

読みの深いTakaさんなら察してるかと思いますが、原さんはやはりどうしても本格派の中継ぎをもう一枚擁したいんだと思いますよ。

笠原や小山を次世代の先発として育てたいのは想像に難く無いですが、いかんせん後ろに控えて重量感を持つセットアッパーが「今の三枚」の次には不在です。
笠原や小山のように綺麗なマウンドを任されるオープナーと違って、荒れたマウンドに立たざるを得ない立場に配置された福田の気持ちを、誰よりも理解してるのは他でもない原さんでしょう。
青木がこの先ずっと活躍するとは、原さんは絶対に思ってないでしょう。

山口しかり、スコットしかり、健太郎しかり
タイプはそれぞれ異なるものの、各員に共通してるのは「手が出ない球」を有してる点ではないでしょうか?
好む好まざるに関わらず、今の時点で「三枚」以外にそれを有してる可能性が有る有してる数少ないカードが福田だと思います。

桟敷からはあれこれと言われる原さんですが、こうして見ると「我慢して育てる」と言った面では、名将の域に達してるような気がします。

私を含め、ファンなんて調子の良いもんで、場面場面で良い活躍をした選手を盲目的に過信しますが、100人近い自営業集団の総帥たる監督においては、やはり私達が窺い知る事が出来ないレベルでチームの将来を考察してるんじゃないでしょうかね?

少なくとも原さんにおいては、「何としても今年度の示しをつける」ではなく、「常勝出来る組織」を作らんとしてるような気がしてなりません。

坂本の二番打者には猛反対の私ですが、もしかしたら原さんにおいては「坂本は少なくとも晩生型ではない」との判断の下、来季以降を見据えた「坂本二番」と言う「新しい野球スタイル」を模索してるのではとも思え始めて来ました。
#それでも私は反対ですが(笑)


さて、この連敗でTD胴上げの確率が高まりましたね。
ただ、下手した神宮って可能性も数パーセントではありますが考えられ得るのは悩ましいところではありますが、、、

投稿: MAN | 2013年9月16日 (月) 02時28分

やっぱヘロヘロだと誤字誤文だらけ、、、

投稿: 酔いどれMAN | 2013年9月16日 (月) 02時30分

MANさん
右の中継ぎが確かに固められていないですからね。後ろの三枚に続く第一候補にあげられるのも理解しております。ここまで起用してきたのも確立させたい意図があってのことでしょうね。ただ、今年に関してはもう割り切ったほうがいいように思えました。単年の活躍で終わらず、来年以降継続して活躍出来たらそこでここまでの投資が生きてくる、という気がします。去年、右打者へ投じるアウトローのストレートはそうそう打たれないなと感じました。そのボールを取り戻してもらいたいですね。

目先の勝敗に捉われず先を見据えた起用の出来る監督ですよね。外野や二塁で色々な選手を試したことは将来ポジションを任せられる選手を見定めるのみならず層の厚みを増して「常勝出来る組織」を作ろうとしているのでしょう。しかし勇人の二番はやはり私もまだまだ疑問符が取れません。

東京ドームでの胴上げには少し近付きました。色々考えられますね。M1で土曜になったものの甲子園のデーゲームで決まっちゃった、なんてことも…。

投稿: Taka | 2013年9月16日 (月) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(MAZDA)●2-4 坂本をどうしたいのだろう | トップページ | 広島(MAZDA)●4-5 ホーム胴上げに近づいたとは喜べません »