« 広島(東京)●0-4 もう少し打線 | トップページ | ヤクルト(東京)●0-1 いくらなんでもねぇ »

2013年10月 1日 (火)

ヤクルト(神宮)○1-0 チャンスを掴んだ人・探す人

もう試合が終わったとは。ANANが五回無四球無失点と素晴らしいピッチングを見せた。代打をだされてツーアウト。ここで点が取れなかったら勝利投手の権利を失うところだったが、長野がライト前ヒットを放った。浅い当たりではあったが藤村が生還して先制。ギリギリのところで援護出来た。その後はいつもの三人+澤村で逃げ切った。最後健太朗ではないため「おや?」と思ったが、あれはセットアッパー二人のHPを同じにするためのものなのか。真相は不明だがそれ以外考えられる理由が思い浮かばない。守護神が笑顔だったので良しとしましょう。

去年11月に2-2のトレードで巨人に加入したANANが約一年後にプロ初勝利を手にした。一年間ファームで先発として投げ続け、今日のプロ入り初先発で結果を残した。自分の取り組みが活きた喜ばしい日となったことだろう。力を発揮できないままユニフォームを脱ぐ選手もいるが、満足出来るまで取り組めるチャンスを手に出来たのではないか。飛躍のきっかけになればと思う。

喜ぶ人もいれば厳しい現実を受け止める人もいる。支配下では辻内・岸・イーハウの三人が契約非更新となった。辻内の入団会見を思い出すと残念でならない。本当に行きたがっていた球団にクジを引き当てられたあの時の表情は希望に満ち溢れていた。プロで活躍する夢が適った欲しかったが…怪我に泣かされたか。これからのことをゆっくり考えるだろうが、悔いの無い選択をして欲しい。保険会社の内定を蹴ってまでプロを夢見た岸、青年の頃に異国で成功を夢見たイーハウも。今後に繋がることが早く訪れますように。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(東京)●0-4 もう少し打線 | トップページ | ヤクルト(東京)●0-1 いくらなんでもねぇ »

「試合」カテゴリの記事

コメント

危機管理だそうですがいまさら山口の抑えを試した所で・・・
かなり難しいとはいえ年間セーブ数の記録がかかっていただけだけに信じられないです。

辻内は今年怪我をした時点でもう駄目だなと思ってしまいました。
岸も怪我に泣かされましたし、
やはりプロでやるには頑丈でないといけないという事が改めて認識できました。

他球団を含め名の売れた選手が去ろうとしていますが
あのベテラン2人はどうなるのでしょうか。

投稿: kmao | 2013年10月 1日 (火) 22時06分

去年、長野と坂本の両方に最多安打のタイトルを取らせたように、マシソンと山口の両方に最優秀中継ぎを取らせようということでしょうね。夏場以降は、リリーフで一番しんどいところはマシソンが担当していたので、マシソンにもタイトルを取らせたいという監督の気持ちは理解できます。

投稿: 元大阪爺 | 2013年10月 1日 (火) 23時25分

kmaoさん
それも真意なのかもしれませんが、コメントの裏に何かあるのではと思う私がいます。8回のマウンド見て皆驚いたでしょうねえ。
振り返ってみると一年目の辻内が一番良かった気がします。本当に怪我がなければどこまで飛躍出来たか。残念です。
ベテラン二人は現役続行するようですが、色々悩んでいることでしょう。このチームで最後まで走り続けるか、より出場出来るところでプレーするか。二人の決断を尊重したいです。

元大阪爺さん
監督の三人に対する感謝の念は強いでしょうね。彼らで勝ち取れたと言っても良いシーズンでしたから。中でも肝心なところで相手の中軸を抑えて来たのはスコットなので、その気持ちは納得出来ます。

投稿: Taka | 2013年10月 1日 (火) 23時36分

オリ時代1イニングで2回も満塁HRを浴び、巨人でも防御率9.0の阿南投手、2軍で先発に転向してから8勝とか・・・・
低めの制球、落差の大きいフォークとか、意外に先発の適性があるのでしょうか。
今村と同様CSへの扱いが気になるところですね。
6回以降をスコット鉄筋太郎(巷の呼び名)に任せたのは打線が思った以上に期待出来ないと踏んだのでしょうか?


堀内元巨人監督の最大の功績といわれた辻内の獲得にファンとしても歓喜して数年、衝撃の戦力外!
第二の人生を是非奥様と共に乗り越えて欲しいです。

投稿: まさやん | 2013年10月 2日 (水) 07時06分

阿南と石川と打線を見て、よく勝てましたね。
それにしても観客は少なかったですね。

投稿: 上野 | 2013年10月 2日 (水) 09時01分

まさやんさん
通算の成績が悪いのは間違いなくそのグランドスラム2度が影響してますね。新たな球種を覚えて幅が広がったのではないでしょうか。尾花さんの指導が影響したようですね。六回以降を四人に任せたのは阿南を勝たせるためには最善の策だったように思えます。澤村が安定しているのも大きいですね。
辻内は巨人でプロ生活を終えるようですね。色々な方の教えを生かしてもらいたいです。

上野さん
消化試合ですし、追加日程ということも影響しているのでしょうね。

投稿: Taka | 2013年10月 2日 (水) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(東京)●0-4 もう少し打線 | トップページ | ヤクルト(東京)●0-1 いくらなんでもねぇ »