« 日本ハム(札幌)○6-4 小林勉強中 | トップページ | オリックス(京セラ)○9-1 脅威の和製クリーンアップ »

2014年3月 7日 (金)

オリックス(京セラ)○10-6 大きな補強

センターライン二人は取り過ぎ?という声も聞かれた気がするが、井端さんの獲得は物凄く大きかったんじゃなかろうかと思えてくる。レギュラーの勇人、ヤスの加入でさらに立場が厳しくなった藤村の目の色が変わったという効果もあるが、純粋に戦力として考えても自由契約で取れたのが不思議なぐらい。五回に二点入ったのもあの考えた打撃があったから。ワンアウトランナー一塁から引っ張った打球はワンバウンドしてヘルマンの頭を超えるツーベースとなった。それが大きかった。あらゆる状況を考えてあのバッティングが出来たのかなと考えてしまうぐらい見事にはまった。相手は嫌がるのではないか。頼もしい存在が加わって嬉しい。

17安打10点と攻撃は十分に結果を残せた。あのラインアップなら出来ると思っているので相手投手を考えても今日特筆することはないかな。ここに中井・寺内が加わったらかなり層は厚い。

気になるのは大きな二人。盗塁フリーパス・ボーク二度と脆さを見せたセドンだが、簡単に修正出来るとは考え難い。あれではローテーションを守り通すのは厳しい。どこまで改善出来るか。もう一人の大きな子は屈辱の初回打席終了直後に交代。効果はあるのだろうか。翌日ドングリ頭になり、その10ヶ月後にウチレス打法を身につけかくせ…ないな、うん。


大きな怪我を負った桑田さん、吉村さんを再びグラウンドに導いたジョーブ博士が亡くなった。心からご冥福をお祈りいたします。

|

« 日本ハム(札幌)○6-4 小林勉強中 | トップページ | オリックス(京セラ)○9-1 脅威の和製クリーンアップ »

「試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本ハム(札幌)○6-4 小林勉強中 | トップページ | オリックス(京セラ)○9-1 脅威の和製クリーンアップ »