« 広島(東京)○5-1 大きな挨拶弾 | トップページ | 西武(西武)○9-1 勝利に導く二打席 »

2014年5月18日 (日)

広島(東京)●3-10 決断を下す時か

六戦中三戦で二桁失点。六戦中四戦さらにそのうち三戦がダブルスコア以上で敗戦。バッテリーに責任があるのは素人が見ても分かる。打線が淡白という方もいるかもしれないが、これだけバッテリーが試合壊したら一緒でしょう、打ったとしても。むしろ好調な時でなくて良かったとも思う。ただ、今月の打率2割未満4打点の選手を五番起用というのはナンセンス。

要因は多々あるのだろうが、阿部の不調が響いているように感じられる。動けないのかバッテリーエラーは多くなり、窮屈な配球になっているのかもしれない。止めてもらえないから投手も腕を振れないのではないか。明らかに体が切れてなく攻守で精彩を欠いている。今日はお得意さんのバリーだから使ったのかもしれないが、今の彼にこだわる理由は無いと思う。決断の時は訪れたのではないか。身体を少し休めて動ける状態になった時に元の位置に戻れば良い。
投手は中五日の影響も考えられるが、これは交流戦も見た上で判断したのでしょう。明けてから六人揃えれば良い。そう考えたのではないか。交流戦は基本四人の先発で廻す。たまに一人入ってくるが、四人は決まっているのでその谷間は一番調子のいい選手で良い。将来に向けた投資として若い人に経験させるのも良い。交流戦が終わるまでの間は、スターター候補とされていた投手は自分が一軍を掴むという強い気持ちを抱いて日々取り組んでもらいたい。すぐ目の前に転がっているのだから。

ピンチはチャンス。そう考えたい。今週のように一試合しか「野球」を見られなかった、ということがあってはならない。

ハードルは高く「交流戦優勝」と願う方はクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(東京)○5-1 大きな挨拶弾 | トップページ | 西武(西武)○9-1 勝利に導く二打席 »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

小林のハツラツとしたプレイを見て原さんが決断を下さないようでは、今年の巨人の上昇の目は薄いと思ってもよさそうですね。敵チームファンからも憐れみをもってみられる今の阿部捕手・・・・・一時の故障なのか、劣化が激しいのかはわからないが、今の投手が思い切って投げられないようでは可哀そうです。私が監督なら阿部、矢野、由伸を2軍に落として危機感をナインに植えつけますがね。(と、ファンは勝手に采配したがります、悪しからず)

投稿: まさやん | 2014年5月18日 (日) 20時14分

何を躊躇しているんでしょうかね。
ガッツや谷にやったこと、もしくは自分がやられたことを決断するのは辛いでしょうけど。
あの逸らした後にノタノタ走っていくのを見る度にイライラすると同時に、
悲しくなってしまいます。
野次る輩もいますが、野次らせない様に配慮するのも監督の仕事でしょう。

まあ交流戦でDHという選択肢がある中で、マスク被らせるなら本当に今年は駄目でしょう。
監督もそこまで愚かだとは思いませんが。

投稿: kamo | 2014年5月18日 (日) 20時38分

まさやんさん
首位の広島も若い捕手を試していますし、巨人がやってもいいと思います。軸は慎之助なのでしょうが、今の身体の切れでは厳しいです。
代打の二人も一度ヒーローになった以外結果を残せてませんね。ここも動く気配が無さそうです。

kamoさん
何とか戻したいという思いからなのか、数打席立たせて下げましたね。今の状態で続けても成績を落とすような気がします。今の状態ではDHでも厳しいかなと感じております。
体調不良によるものであればいいのですが…。

投稿: Taka | 2014年5月18日 (日) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(東京)○5-1 大きな挨拶弾 | トップページ | 西武(西武)○9-1 勝利に導く二打席 »