« ヤクルト(東京)●1-9 何を反省したらこういう試合が出来るのか | トップページ | 中日(ナゴヤ)◯9-5 初回のバッテリーに苦言を »

2014年5月 2日 (金)

ヤクルト(東京)○4-2 勝たなきゃいけない試合になったか

Img_3972

劣化中のカツオ相手でもどうせ打てねえんだろう、と思っていたらその通りの苦しい展開だった。特に右打者が苦しんでおり、ヒットは長野のタイムリーツーベースと井端のシングルのみ。ツーアウト一塁二塁フルカウントからど真ん中のストレートに差し込まれて一塁フライの人とかは特に。

そんな厳しい状況だが、二点に抑えた杉内を今日は野手が勝たせなければならないと感じた。それに応えたのは下位打線から。慎之助がレフトフェンス直撃のツーベースで出塁。ホセのピーゴロで挟まれてワンアウト一塁になるも、到が追い込まれてから叩いた打球はレフト線に落ちた。ホセが激走して二塁三塁になった。杉内の打席で代打・由伸。レスリーが下がった時に彼を代わりに入れると思っていたが、結果的にはこれが的中した。追い込まれながらもストレートを単打で二点取るならここしかないという左中間に落とし二人のランナーを還した。去年仙台で田中から打ったタイムリーを思い出させる当たりだった。これで今日は落とせないと強く感じた。

七回に健太朗が初球を投じた後、慎之助がうずくまった。このまま交代となり、小林がマスクをかぶった。六回裏に最年長選手のタイムリーで勝ち越し、落とせない試合でプレッシャーもあっただろう。それは彼だけでなく後ろの三人も同じだったと考えられる。健太朗は三人で切り抜けた。ぐっさんは先頭の川端を出すも、ココからストレートで三振を奪い、後続を抑えた(ハタケにファウルされたところで駆けつけたホセの一声が効いたのかもしれない)。スコットはこれまでの不調が嘘かのようにMAX156km/hのストレートが切れていて三人で抑えた。それぞれが勝つために役割を果たし試合をモノにした。

野手陣の出来が今一つながらも勝つための執念を感じられた。たいていの人はどこかで少しずつ貢献している。そして試合を決めたのは、誰もがヒーローになるのを待っていた由伸。チーム一丸となった姿も見られたし素晴らしい試合となった。

今日で記録が途切れた勇人だったり、途中で退いた慎之助とレスリーは気になるが、重くない人達は一日休んで土曜からの九連戦に臨んでもらいましょう。今日の働きに満足していないであろう五番が次は貢献する。そう信じよう。

よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ヤクルト(東京)●1-9 何を反省したらこういう試合が出来るのか | トップページ | 中日(ナゴヤ)◯9-5 初回のバッテリーに苦言を »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

高橋由伸が打って、継投が決まって、いい試合でしたね

投稿: 上野 | 2014年5月 2日 (金) 08時32分

上野さん
由伸のコメントにあったよう、ここから始まると言えるのかもしれませんね。

投稿: Taka | 2014年5月 2日 (金) 09時44分

阿部のことは心配ですが,競った終盤で,SKYをリードして無得点に抑えたことは小林にとって貴重な経験になったと思います.
 災い転じて福としてほしいですね.チームにとっても,小林個人にとっても.

投稿: 元大阪爺 | 2014年5月 2日 (金) 17時39分

元大阪爺さん
急遽出てゼロで切り抜けた小林もヒーローに値する働きだったと思えます。
重圧はあったでしょうが素晴らしい経験を手にしましたね。

投稿: Taka | 2014年5月 2日 (金) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(東京)●1-9 何を反省したらこういう試合が出来るのか | トップページ | 中日(ナゴヤ)◯9-5 初回のバッテリーに苦言を »