« ソフトバンク(東京)●1-3 明日決まる | トップページ | ヤクルト(秋田)○9-0 滑り出しは完璧 »

2014年6月22日 (日)

ソフトバンク(東京)○10-5 2年ぶり2度目の交流戦制覇

Img_6250

勝てば交流戦優勝という試合、巨人の狙いが的中した試合となった。相手の先発は育成上がりの飯田。支配下登録されて二戦目の先発となった。勇人がヒットで出た後、指揮官は打たせることを選択した。優勝がかかった一番で大事に犠打を、という考えではなく、経験の浅い飯田から一気に点を取りに行くという意図があったのだろう。ヤスがそれに応えてレフト線にツーベースヒットを放ち大成功。亀井がスライダーに苦しみながらもどうにか四球を選んでノーアウト満塁に。村田の当たりはボテボテのショートゴロ。セカンドのみアウトとなり1点先制した。続く慎之助は三振で盗塁もアウトか?と思ったら細川が暴投してらくらくホームイン。タイムリーなしで初回に2点を手にした。
二回はフレディが選球眼を見せて四球で出塁するとワンアウトから中井も選び一塁二塁に。勇人が倒れてツーアウトとなったが、ヤスの打球がライト線に落ちてボールがこぼれている間に二人生還。続く亀井がセンター前にタイムリーを放ち飯田をKOした。二回裏で5-0となり、こういう場面で強さを見せる村田が打った瞬間に確信出来るアーチを放った。

小山は序盤飛ばしていることが伝わった。150km/h出したのを初めて見た気がする。おそらくこういうピッチングはこの日限定だろう。三回以降は変化球も使っていた。四回に長谷川に3-0から大きな2ランを浴び、六回にイデホのチャンスメークから長谷川に犠飛を決められ六回三失点。試合を作り交流戦三勝目と大きな仕事をしてくれた。

亀井のチャンスメークから村田のタイムリーツーベースと慎之助のタイムリーで中盤に追加点を得ると、八回にフレディと長野の連続ツーベースで10点目を手にした。

投手はアンラッキーな当たりから七回にぐっさんが1失点、八回は香月が連打を浴びるも亀井の好守で三塁にランナーを進ませなかったことで無失点で切り抜けた。最終回にスコットが柳田にタイムリーを打たれるも、イデホから三振を奪って締めた。大量得点しても安心出来ないソフトバンク打線だった。どうにか逃げ切ることに成功して交流戦優勝を手にした。

ソフトバンクと日本シリーズで戦う場合の展開を考えたがそれはまたおいおい。不調の中で交流戦に突入したが、終わってみれば16勝8敗で優勝する事が出来た。防御率もオリックスを抜いて交流戦1位となった。
接戦を何度もモノに出来たことが大きかったが、それを支えたのはまず投手だったように思える。則本のように抜きん出た結果を残した投手はいない。勝ち頭の小山は3勝で、あとは杉内・久保・スコットがそれぞれ2勝。残りの7勝はバラバラ。先発の勝ちは半分ながらも、やはりゲームを作ったから最後に勝てたのでしょう。リリーフ陣は勝ちパターンの二人に香月が加わった。彼らと久保・青木が繋いだことで多くのドラマが生まれたと言えるでしょう。
攻撃に関しては下から上がってきた選手が刺激を与えたように思える。横川と中井はチャンスをいかしていい仕事をした。そして交流戦のMVPと言ってもよい働きを見せたのは亀井だった。京セラドームのオリックス戦が今シーズン初出場となったが、最初の打席で変化を十分に感じ取れた。今までならゾーンを広くしすぎて悪球に手を出すところを選んで四球を取った。その後三打席はヒットが出なかったが、12回表ツーアウトで回ってきた五打席目に決勝点となるアーチを放った。その翌日もヒーローとなりいい流れでポジションを掴んだ。北海道・東北で四つ取れたのも彼の活躍が大きかった。リーグ戦後半も期待出来る。

軸となる選手の状態がまだまだという中で手にした交流戦優勝。チームの厚さを証明出来たのではないか。この後は軸となる選手が牽引する番だ。後半戦上昇することを願ってやまない。

Img_1209
監督にトロフィーです
キャプテンに賞金です
そして会長に…セカパカ笑

023

024

031

032

046

色々な方の喜びを見たい方はクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ソフトバンク(東京)●1-3 明日決まる | トップページ | ヤクルト(秋田)○9-0 滑り出しは完璧 »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

仰るように亀井のMVP最有力は間違いないところでしょうね。
個人的には片岡にもあげたいな、と。1回のブルヒットで飯田投手の精神が崩壊しかかったのではないでしょうか。交流戦では守備も安定してましたし、打撃も粘りがあって素晴らしい・・・
なんか、巨人にはいないタイプで理想の2番打者になりつつあるなと思います。
でもこの人、1番でも面白いのではないでしょうか。マ、足の心配もあるし、若い坂本に走って貰うのがいいのかもしれませんね。
原監督も言ってたけど、チーム力はまだ70%位でしょうか、試合を粘りに粘っての今回の優勝だと思いますが、これからペナントに戻って西村、澤村、橋本の復活、外国人選手、阿部の復活が期待通りあればVも見えると、内心皮算用をしてますが、どうなるでしょうかね、楽しみです。

投稿: まさやん | 2014年6月24日 (火) 05時17分

コメント遅れましたがとりあえず優勝でよかったですね。
亀井なんか僕はもう復帰しても戦力外かなと思ってましたが、驚きの復活ですね。
(復活といっていいんかはよくわからないですが)

今週末は神宮なら久しぶりに神宮に行けるんですが、いつも通り地方でやるんで行かれないんで家でテレビ見たいと思います。

投稿: 上野 | 2014年6月24日 (火) 10時51分

まさやんさん
なかなか点を取れない時にヤスはタイムリーを打てる勝負強さを持ってますね。追い込まれても粘れるので相手投手を苦しめてます。出塁率を見ると勇人の方が約3分上回っているため今の打順となりますが、2番に長打のある左を置けば1番で生きるかもしれません。
今までは粘った末の勝利、ここから30%上げていけば楽な展開の試合も増えてくるのではないでしょうか。上位はある程度目処が立ったので4番以降ですね。

上野さん
選手とともに万歳出来たことで優勝はいいものだなと実感出来ました。
去年までの亀井であればポジションを掴むのは困難だったように思えます。ストライクゾーンを広げて単打を追い求めるより、芯で強く叩くことをこれからも心掛けて欲しいですね。
今週末は私も家観戦です。こまちスタジアムの焼き鳥は大きくて安かったなあ、ってことは覚えてます。試合は…。

投稿: Taka | 2014年6月24日 (火) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソフトバンク(東京)●1-3 明日決まる | トップページ | ヤクルト(秋田)○9-0 滑り出しは完璧 »