« ソフトバンク(東京)○10-5 2年ぶり2度目の交流戦制覇 | トップページ | 今日は試合してほしかった »

2014年6月28日 (土)

ヤクルト(秋田)○9-0 滑り出しは完璧

文句のつけようのない試合というのも最近では珍しいものです。交流戦明けの初戦は最高の結果になりました。

初回にツーアウトから亀井が選んだ四球をきっかけに、村田・慎之助・チョーさんの三連打で二点を手にした。杉内はいつもどおりの立ち上がりか?と思われたが2-0から外角を引っ掛けて遊ゴロした比屋根に助けられ無失点。二回も浩康を併殺にしとめた。
三回はツーアウトから村田四球→暴投で得点圏に。慎之助のショートゴロで終わったかと思ったが、森岡がトンネルして村田が生還。続くチョーさんが右に叩いた打球が風に乗ってスタンドイン。これでほぼ勝負あり。
何故か三回裏にナーブソンをそのまま打席に立たせて犠打させたのが裏目となり四回表にレスリーのアーチで六点目、亀井のタイムリーで七点目を手にした。そこで交代するも時既に遅し。慎之助のタイムリーとチョーさんの内野ゴロでさらに二点を追加。
杉内は楽々投げて亀井のスーパープレーなどもあり七回無失点で早めに降板。この日戻ってきた寺内のナイスプレーなどもあり最後まで点を与えなかった。

ナーブソン相手に大量得点は十分考えられた。それでも、慎之助のスイングが戻ってきていると感じられたことが今日の収穫。後ろを打つチョーさんの率もヤスに追い着いた。軸となる彼らが調子が上がり、いよいよだな、と思えたのは私だけではないでしょう。寺内も戻ってきて、この後は澤村・到、もう少し先だが健太朗が帰ってくる。少しずつ加速している。そして、テツが三連戦の頭を必ず取れる「復活」と言える状態になれば大丈夫。1試合1試合楽しみになってきた。

躍進を信じる方はクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ソフトバンク(東京)○10-5 2年ぶり2度目の交流戦制覇 | トップページ | 今日は試合してほしかった »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソフトバンク(東京)○10-5 2年ぶり2度目の交流戦制覇 | トップページ | 今日は試合してほしかった »