« ヤクルト(東京)○4x-3 頼れるベテラン | トップページ | 2014年前半を振り返る »

2014年7月16日 (水)

ヤクルト(東京)○5-2 23個目の星を求めて

ヤクルト(東京)○5-2 23個目の星を求めて
もう一人のヒーローはさすがに控え目でした。

ボーナスステージのはずが謎の首痛で先発変わるし、初回に智之が30球近く投げていたり、どうなるのかと思ったけれど、落ち着いた試合となりました。

初回にスモールしなかったことで長野の内野ゴロの間に先制に成功。
ホセのレフト前ヒットで二塁ランナーの慎之助をホームに突入させるか?とビックリしたが、セーフになってもっと驚いた。ランナーコーチのおかげ?いや…ココの送球なのでしょう。
ノープレッシャーとなった村田が楽々タイムリーで三点目。
その後長野のタイムリーと村田のタイムリーで五点取った。

初回に多く投げた智之は結局八回まで投げた。引っ張り過ぎかなと思ったが、飯原のライナー併殺というラッキーがあり、どうにか山田のソロ一点にとどめた。

最終回に山口が二人のランナーを出すとスコットにスイッチ。山田にタイムリーを浴びるも後続を断ち逃げ切った。

苦しいながらもどうにか最低限の結果にはなった。昨日の八回が本当に大きかった。そのおかげでオールスターブレイクを前に3.5差を維持出来た。それをポジティブに受け止めたい。

前半戦の反省や後半の展望は気力があれば後々にでも。さすがに六連戦終えた後は色々鈍ってくるので。

月曜までは少しの休息です。後半戦もともに戦いましょう。

追伸
タイトルは今日のアランチョネロのアートから来てます。金色のシャツ、あれ普段着れないよなあ^^;

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ヤクルト(東京)○4x-3 頼れるベテラン | トップページ | 2014年前半を振り返る »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

昨日は最初の方の展開があったにも関わらず割と早く終わりましたね。
それにしても金のTシャツの席の人は運がよかったですね。
あと、ライトスタンドは今回は黒が多めでしたね。

投稿: 上野 | 2014年7月17日 (木) 08時15分

前半戦も終了ですな
全体総括としては、予定通りじゃなかったけど及第点達成かな
小山が出てきて怪我人も戻ってきた
内海澤村山口(短)西村亀井寺内中井橋本アンダーソン矢野…
怪我人は大量に出ました、阿部もやりながら治すって感じでしたし
ローテ2人にセットアッパー2人、レギュラー2人に優秀な控え4人
よくもまあこれだけ抜けて貯金14も稼いだ
原監督の全体戦略としての采配は素晴らしいです
一試合単位では疑問符のある采配も多かったけど、こんだけ怪我人群発してて月間単位ではずっと貯金してるんですから。オマケに交流戦優勝までやってるし。普通こんだけ抜けたら酷い状態になりますよ。広島とか一岡松山抜けただけで貯金4月から作れてないんだもの。
主力は軒並み不調で個々人で不満の残らない成績は精々小山菅野杉内坂本ぐらいでしょう。
ルンバやらなんやら言われるけど、現場采配はトライ&エラーで手札を増やそうとっしてるだけで、全体戦略は恐ろしく有能な指揮官だと今年思いました。

投稿: しらね | 2014年7月17日 (木) 10時55分

上野さん
二回以降を簡単に打ち取ることが出来たからなのでしょうね。金は派手ですね。前回オレンジでしたから今回黒を貰えてラッキーでした。

しらねさん
それだけ怪我人が出ながらもこの位置にいるのは層の厚さなのでしょうね。苦しみながらも色々な選手がカバー出来ました。チーム全体で戦う意識付けを監督が出来ているのでしょう。時折疑問符が残る采配はありますが、チームを一つに束ねる能力は抜きん出ていますね。
開幕から結果を残しているのは書かれているうちの三人ですね。主力に怪我や不調で波がある中で小山・亀井・香月が良い働きを見せました。このことも大きかったですね。
後半は安定しているとは言えなかった主力の躍進に期待します。

投稿: Taka | 2014年7月17日 (木) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(東京)○4x-3 頼れるベテラン | トップページ | 2014年前半を振り返る »