« ヤクルト(神宮)○6-4 信じられないこともあるもんだ | トップページ | ヤクルト(神宮)○6-5 投手運用に不安 »

2014年8月20日 (水)

ヤクルト(神宮)●1-2 想像以上の打線

ヤクルト(神宮)●1-2 想像以上の打線
いやー、どんな練習や対策したらナーブソン相手に七回ノーヒットという想像以上のことが出来るのでしょうね。ここまで酷い打線だとは思わなかったわ。投手はこちらのほぼ想定に近く二点で抑えたのだから勝てた試合。花火の最中じゃなくて試合後にG球場空けて素振りしに行って欲しい気分だわ。

当然ベンチに責任はある。正直、初回にチョーさんが選んだ後に到にバントさせた時点で嫌な予感はしていた。先頭四球で状態が良くないところでワンアウト献上して相手を助けるのだもの。あれが犠打でなければ結果は違った可能性もある。何のために左打者を二番にしているのか。スモールは一点にとどめる作戦とも言える。中押しや駄目押ししたい時、または下位打線で使うべきもの。今日の投手でアレやるってことは、他の投手でもそうなるのでしょう?ますます貧打になるわ。

ベンチの采配なのか野球脳の問題なのか、目を疑った、というか思わず野次が出たのが小林の打席。ワンアウトランナー二塁で3-0となり、四球なら小山に犠打させることが出来るな、としめしめと思っていた。ところがだ。打ちに行ってレフトファールフライ。それは無い。有り得ない。得点圏でチョーさんに廻すチャンスを自ら放棄したのだから。こんなことやってるから四球稼げないんだよ。

明日勝てば最低限だが、今日の試合見て素直に喜べるかどうか。二点にとどめた小山を負け投手にした時点で野手は猛省しなきゃ。打撃コーチもね。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ヤクルト(神宮)○6-4 信じられないこともあるもんだ | トップページ | ヤクルト(神宮)○6-5 投手運用に不安 »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(神宮)○6-4 信じられないこともあるもんだ | トップページ | ヤクルト(神宮)○6-5 投手運用に不安 »