« ヤクルト(東京)○6-3 意識し始める数字 | トップページ | ヤクルト(東京)●6-7 糧とする敗戦 »

2014年9月21日 (日)

ヤクルト(東京)◯4-2 小山の躍進

Image1_2
Image2

淡々と進んだ試合。初回の連打で作ったチャンスをモノに出来たことで勝てたのでしょう。一番二番連打の後に三番にスモールさせることの是非は 置いといて。勇人にバントさせて慎之助が三振した時はまずいなと感じた。しかし、レスリーがインコースを上手く捌き、高く上がった打球はそのまま伸びて大 きなスリーランとなった。これがこの試合では大きかった。
その後打線はチャンスを作れなかったが、八回に慎之助がどうにか逆方向にアーチを放ったことでどうにか追加点を得られた。

小 山は前回のフォーク主体のピッチングとは違い、ストレートでも勝負していた。甘くなることはあまりなく、八回一失点と先発として素晴らしい仕事を出来てい た。ノーアウト一塁三塁のピンチがあったが、畠山のライナーをレスリーが好捕してそのまま一塁アウトというラッキーにも助けられた。

九回はちょっとアタフタしていたが、最後に勝てば良い。連勝を一つ増やし、マジックはとうとう5になった。


優勝が近づいているが、今年貢献した選手の上位に入るのが小山だろう。交流戦ではしっかりと結果を残して優勝に貢献し、リーグ戦でも安定したピッチングを続けている。彼がいなければ交流戦の優勝も無かっただろう。今年一番の収穫かもしれない。
レスリーのパワーは抜きん出ている。少し上がりすぎたかなと思った打球がそのまま失速せずホームランとなった。四番務まると思えたのは私だけではないでしょう、来年もいて欲しいなあ。何度でも「サイコーデス!」を聞かせておくれ。

マジックは一つ減った、来週の今頃にはペナント争いの結果が出ているかもしれない。もうすぐのところに来ている。いよいよだ。何処で決まっても構わない。共に歓喜を。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ヤクルト(東京)○6-3 意識し始める数字 | トップページ | ヤクルト(東京)●6-7 糧とする敗戦 »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

小山すばらしいですね。クライマックスシリーズファイナルステージは第2戦に先発でもいいですね。
あと、名古屋での胴上げにまた一歩前進ですね。ナゴヤドームで胴上げなら、巨人の監督で初のことですね。ナゴヤ球場なら国民的行事とメークドラマの時のミスターが少なくとも2回ありますね

投稿: 上野 | 2014年9月21日 (日) 07時05分

上野さん
何戦かは分かりませんが、先発を任されると思います。
今日二つ減るとナゴドであっさりと決まるかもしれませんね。

投稿: Taka | 2014年9月21日 (日) 08時07分

記事の通りレスリーの先制が大きかったです。慎之助もストレートを要求しやすかったでしょうね。CSは先発四人ですかね?今日の澤村のピッチングは注目です。後ろが不安定だと短期ではリリーフにまわるかもしれないですね。

投稿: あおっち | 2014年9月21日 (日) 10時17分

あおっちさん
0点と3点では全然違うので大きかったです。塁が空いていて勝負を避けられるかもなと思いましたが、来てくれてよかったです。
小山はコントロールも安定してボールも切れていたので強気に行けましたね。
CSスターター5人もあるかなと思っておりましたが、澤村の出来次第で変わるかもしれませんね。ここからの投球に注目です。

投稿: Taka | 2014年9月21日 (日) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(東京)○6-3 意識し始める数字 | トップページ | ヤクルト(東京)●6-7 糧とする敗戦 »