« DeNA(東京)○4-0 14年目のお立ち台 | トップページ | DeNA(東京)●0-3 姿勢の問題 »

2014年9月13日 (土)

DeNA(東京)○2-0 粘り勝ち

DeNA(東京)○2-0 粘り勝ち
粘れば最後は報われる、そういう試合だった。相手の打線も低調だったが、小山は本当によく投げた。本人は八回も投げたかったのだろうが、四巡目のクリーンアップはさすがに厳しかったろうから交代のタイミングは適切でしょう。バッテリーの状況判断も素晴らしかった。二回ピンチはあったが、梶谷で無理に勝負する必要はないため、四球でも良いと判断出来ていた。そして無失点。勝ち星はつかなかったけれどお立ち台に上がるに相応しい結果と内容だった。勝てなかったのは野手の責任と思えば良い(笑)矢野は守りでミラクルを見せたけれど。
とはいえ、なかなか好投手から点は取りづらいというもの。打てなかったのも仕方ないかなという思いもある(バントミスの勇人と飛び出しアウトの到には擁護なし)。八回までゼロで抑えたことでようやくチャンスが訪れたと。ツーアウトからヤスがライト線ツーベースで出ると、代打は井端さん。粘りに粘って四球を選んだ。一塁二塁。続くチョーさんはボール球振って追い込まれながらも粘った。そしてフルカウントとなりランナー自動スタートというところで一番甘い球が来た。振り抜いた打球は左中間を破り二人生還した。八回を終える前に大きなタイムリーだった。九回をスコットが完璧に抑えて終了。大事な時期で連勝を五に伸ばした。

投手が試合を作れば勝ち星も増える、そういうものだ。五連勝となったが、スターター全員HQS達成と素晴らしい結果を残している。勝負所で結果を残せることが強さなのだろう。とはいえ、打てないと負けなくても勝てない時がある。そういう意味ではチョーさんの存在が大きい。まだ万全ではないながらも、素晴らしい働きを見せている。この時期は内容より結果。だからこそ、九月に結果を出せているのは心強い。最後まで走り続けるでしょう。
ニッカンにデカデカと続投と報道された相手監督、采配に関しては疑問符。八回にバルディリスを出すからランナー二塁でゴメスを送り出したと思ったら、そのままだった。巨人から見たらその可能性を考えた上で歩かせたのだろうが、あれは歩かせて良かったなと思えるようになる。九回表の先頭打者は黒羽根。出塁優先と考えれば代打下園という選択も考えられたが、そのままで助けられた。結果、スコットは三人で抑えたの球から。

明日は江柄子。多くを望むのは厳しいが、今は託してくれた監督とコーチに応えることを心掛け明日投げてほしい。

ホームは残り六戦。走り抜けてもらいたい。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« DeNA(東京)○4-0 14年目のお立ち台 | トップページ | DeNA(東京)●0-3 姿勢の問題 »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

いやいや、内容的には劣勢からよく勝てましたね。
ところで、最近日曜の試合の勝率が悪いんで、えがらし2:50には少なくとも、2:50 までは0点でお願いしたいですね。
あと、試合終了後の二次会途中に、グッズ交換のため内野側に移動してたら、ポロシャツを着たドーム内作業員、元巨人内野手、円谷ひでとしを発見しました。管理人さんは見たことありますかね?僕は初めて見てびっくりして、声をかけれませんでした。確か数年前、Kスタ宮城で決勝タイムリー打ちましたかね?また見つけたらその話でもして、円谷お疲れ!とでも言いたいと思います。また今後、オレより管理人さんの方が見かける機会多いでしょうから、機会あったらぜひ声をかけてあげて下さい

投稿: 上野 | 2014年9月13日 (土) 23時38分

上野さん
二番に穴があり助けられました。DeNA打線は今低調のようなのでチャンスはあるかと思います。
円谷ですか、懐かしいですね。あまりドームの中をまわらないので見つかるかどうかは分かりませんが元気な姿を見られたらと思います。

投稿: Taka | 2014年9月14日 (日) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DeNA(東京)○4-0 14年目のお立ち台 | トップページ | DeNA(東京)●0-3 姿勢の問題 »