« 広島(MAZDA)●0-4 逃げの選択から | トップページ | 広島(MAZDA)○9-7 大田よ、切り拓け »

2014年9月16日 (火)

広島(MAZDA)○7-1 エースの姿

二試合連続完封負けの冷えた打線は今日も五回まで無得点。暗闇をこじ開けたのはチョーさんだった。彼自身が得意としている右打ちでツーベース。到は当てに行かず強く振ってセンター後方のフライ。三進した後の初球インコースのストレートを勇人が振り抜いて左中間を破る同点タイムリーツーベースとなった。これで祐輔を降板させた。慎之助進塁打の後、レスリーが粘って選んだ。村田の打席で盗塁を決めて二塁三塁。二人目の戸田のストレートが甘く入ったところを逃さずセンター前にヒットを放ち二点を手にした。ここで村田も大きな仕事をした。後輩のチョーさんが作ったチャンス、しっかり先輩が返さないとね。
その後再びチョーさんが同じような打球を放つとそのままスタンドイン。八回に村田のタイムリー、九回に慎之助の2点タイムリーでリードを広げスコットを休ませた。

点を取れたことはもちろん喜んだが、今日は智之の堂々たる姿が強く印象に残った。リードが3点になった後の7回に、丸のファーストゴロをレスリーが弾いて出塁を許した。ここで当たっているロサリオを外角の変化球で見逃し三振にしとめた。続く松山に打たれ、一発が出れば同点という場面でエルドレッドを迎えた。いいコースにフォークを落とし追い込んだ後、最後は構造的に当たらないであろうベルト付近に投げて空振り三振にしとめた。ツーアウトとなり田中をショートゴロにしとめてこのピンチを乗り切った。長打のある広島打線のポイントゲッター相手に臆することなく自分のボールを投げられていた。あの眼光といい独特の雰囲気を出していた。これがエースとなる投手の姿なのかなと感じさせる今日のピッチングだった。復帰して上位相手に二連勝。見事としか言いようがない。結果はもちろんだが、今日の姿に皆さん喜べたのではないか。

最短優勝日やら優勝日予想やら考えていることでしょう。筆者も例外ではない。しかし今日の試合を見て、また、智之のインタビューを聞いて、早く決めたほうがいいなと感じた。そう、楽な試合など1試合もない。かといってカッチカチに固まられても困るので、これまで同様に一戦必勝の気持ちで臨むしかない。一つ一つ減らしていきましょう。立ち会いたい気持ちもあるけれど、優勝することが一番なのだから。

初物のヒースだが、隙はあると思う。悪球に手を出さないこと。そうすればチャンスは訪れる。そして澤村の好投に期待したい。明日勝って広島戦のシーズン勝ち越しも決めましょう。

ろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(MAZDA)●0-4 逃げの選択から | トップページ | 広島(MAZDA)○9-7 大田よ、切り拓け »

「試合」カテゴリの記事

コメント

自分は今カード亀井がインケツになるな、と感じました、だからこそ、左腕が村田を敬遠せず、村田が仕事を果たしてくれたのがデカかったです
いつもだとあのままインケツになりっぱなしの亀井が村田が打った後も続くのを見て、ブラインドショットの精神面での改善はあるのかなと…、好不調の波、もう少し安定するといいですね
もう9連戦全体で見ればハッキリ勝負は尽きました、明日の試合はヒースの球を全員が良く見る事ですね、CSのために、序盤は全く打てなくて構わないから今日の野村の序盤の打撃は頼むから勘弁して欲しい
今日の隠れた殊勲は橋本、3四球はチームにじっくりとした戦い方を思い出させたと思います。球が見えてるから無死2塁でも行かせられた、今日は四球による繋がりが大きかったですね、広島はエルだけに抑えたのが得点の差かな
…個人的に、坂本の犠打失敗は造反の部類に入ると思います。でもそれは本当にチームのために+な行為だと思います、上位で犠打してどうするのか、みたいな
個人的には速く優勝を決めて、一打席でも大田に打席数を与えたい。対右はまだまだな事も多いですがこれも経験^^;
去年もマツダで一打席三振しただけで落とされましたけど今年は守備走塁的に流石に落とされませんよね?w

投稿: しらね | 2014年9月16日 (火) 22時48分

菅野はすっかり立ち上がりが悪い投手になってしまいましたね。
ただ連続して1点で凌いだのも事実。
個人として完封が一つの区切りになりますかね。
CSでは達成済みですがシーズンはまだまだ先かもしれません。

今日は槙原、元木の解説動画を観ながらの観戦でした。
結構面白かったので宣伝兼ねて。
知っていたらスミマセン。

投稿: kamo | 2014年9月16日 (火) 22時48分

前田投手相手に昨日負けたのは想定内ですが,今日負けるといやな感じになるのでえらくドキドキしていました(ファームの13連敗なんて見てしまったせいかも・・).5回まで0が続いてさらにドキドキ.
 でも,おっしゃる通り菅野が立派でしたね.このチームが「強さ」を見せ始めたのは菅野が戻ってからのように思います.「エース」の存在の大きさを改めて知りました.今思うと,8月の1ヶ月休めたことが良かったのかもしれませんね.
 明日も澤村で良いゲームを期待しています.

投稿: 元大阪爺 | 2014年9月16日 (火) 22時49分

しらねさん
その前の打席でヒットが出ていたとはいえチャンスだと違ったかもしれませんからね。会長久々の働きは大きかったです。
やはり四球を選ぶと点に結びつきやすいですね。ヒースに対して粘って球が荒れるのを待ちたいですね。
勇人のバントミスはどうなんでしょうね。自信のある祐輔相手だから打ちたかったというのもあるかもしれません。
大田は緊迫した場面でひとつ結果を残してほしいですけどね。消化試合で経験は積めるでしょうが、それの繰り返しにならないよう何かを掴んでもらいたいです。今は外野がフルに出られない状況なので脚のある彼は落ちないでしょうね。

kamoさん
立ち上がりにスモールやられなかったら分かりませんでしたね。智之相手なら納得出来る面もありますが。ここを取りたい、という時に勝てるそういう投手になってもらいたいです。
解説動画初耳です。部活DO!というやつですね。あの仲の良い二人が酔っ払いながらトークというのは面白そうですね。

元大阪爺さん
残り試合は多くないので1試合の勝ち負けがより重くなりますからね。六回にチョーさんのツーベースが出なかったらすいすい投げられていたかもしれません。呼び込んだ流れをモノにできて良かったです。
やはりしっかりした柱がいるチームは強いですね。今日のピッチングを見て智之は別格だなと実感出来ました。勝負どころの九月に間に合ってよかったです。
智之より二年多くプロ生活を経験している澤村も負けないという気持ちを抱いていることでしょう。期待します。

投稿: Taka | 2014年9月17日 (水) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(MAZDA)●0-4 逃げの選択から | トップページ | 広島(MAZDA)○9-7 大田よ、切り拓け »