« 広島(MAZDA)○4-1 勝利で終了 いざポストシーズンへ | トップページ | 特別賞があるならば »

2014年10月 7日 (火)

2014年のペナント争いに影響を与えた試合

2014年のペナントレースは今日で終了した。九月の直接対決で大きく引き離したことで決まったのかもしれないが、今年のペナントに一番影響を与えた試合はこの試合ではないかと。

5月31日に京セラドームで行われたオリックス戦だ。日付で言うよりは、金子千尋に九回ノーヒットに抑えられたあの試合、と言ったほうが分かりやすいか。この試合が両リーグのペナント争いに影響することになろうとはその時は思いもしなかった。オリックスがこの試合をモノにしていれば、パ・リーグを制したのはオリックスだったかもしれない。終わってみればゲーム差無しでの2位だったのだから。あそこで勝っていればその試合のみに留まらず勢いで京セラドームの二戦をオリックスが取っていた可能性もある。そうなった場合は巨人が波に乗れず交流戦の優勝はなかったかもしれない。

九回ノーヒットに抑えられながらも延長戦を制した巨人は京セラドームで連勝した。その後いい流れになり交流戦を取ることができた。その延長12回ツーアウトという状況で先制アーチを放ったのはこの日一軍に昇格した亀井だった。京セラドームでは二試合ともヒーローとなり、その後も攻守にわたり大きく貢献した。交流戦MVPを手にしたが、躍進はこの日のアーチから始まった。なかなか状態の上がらないチームで、強く振れる亀井の存在は貴重だった。彼がいなければどこかで一度順位は入れ替わったかもしれない。今年のジャイアンツを語る上で欠かせない試合でしょう。

次回(?)は特別ボーナスを与えて欲しい選手についてでも。

(雑記)
・罰ゲームことアジアシリーズはなくなったか。まあやっても勝つからなあ…。
・笠原降格。じゃあ、久保ですか…。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 広島(MAZDA)○4-1 勝利で終了 いざポストシーズンへ | トップページ | 特別賞があるならば »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

あの京セラのゲームは印象に残りますね。チーム状態は決して良くない中で交流戦に入り、西武ドームでも九回に三点取って奇跡的というかラッキーな勝利が前の週にありました。その後に京セラの勝利でしたので今年のチームはこんな勝ち方ができるんだと感じたのを覚えてます。それと亀井ですね。昇格直前に戸田球場で見ていましたので。その時は故障もだいぶ回復しているんだなくらいでしたがブラインドショットがこんなに彼を変えるとは。指導者との巡り会いは人生を大きく変えますね。

星野監督お疲れ様でした。セレモニーでも言っていましたが天国と地獄、如何に勝ち続けることが難しいかですね。
来週、ベストコンディションでお願いします。

投稿: あおっち | 2014年10月 7日 (火) 23時48分

今年は、本当にどうなるかと思いました。あの低迷したチーム状態でもっと失速するのかと思いました。ギリギリの線でもちなおった。確かにオリックスの金子との試合がペナントレースを位置付けた節目の試合だった。最後の9連戦を7勝2敗で乗り切れたのも大きい。さ、CSファイナルに向けて。誰が抜けても痛いがみんなできりぬけられる。誰が一番に先発するかな楽しみ目指せ日本一。僕の豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号も宜しくお願いします。

投稿: 伊予之鈍才 | 2014年10月 8日 (水) 00時23分

あおっちさん
あの試合でオリックスは流れに乗れずこちらが流れに乗りました。西武ドーム2戦目もまさかの勝利でしたね。接戦で勝てたのは何度も有りましたが、やはりこの京セラ1戦目が大きかったと思っております。
復帰初戦の打席で亀井はこれまでと違うなと感じさせられましたが、あそこまで変わるとは驚かされました。ここ最近選球に苦しんでいるように思えますが、来週までに修正されればと願います。
楽天を日本一に導いた星野監督、連覇は出来ませんでしたが球史に名を残せましたね。
難しい日本一連覇を成し遂げるべく、まずは来週に向けてコンディションを上げることですね。

伊予之鈍才さん
(あれ、レス読んでなかったのかな?)
亀井躍進のきっかけとなる大きな試合だったと思います。9月に引き離せたのは経験なのでしょうね。勝負どころの分かる人達が多いから出来たのだろうなと感じます。

投稿: Taka | 2014年10月 8日 (水) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島(MAZDA)○4-1 勝利で終了 いざポストシーズンへ | トップページ | 特別賞があるならば »