« DeNA(東京)○4-0 2人を信じよう | トップページ | 2014年のペナント争いに影響を与えた試合 »

2014年10月 6日 (月)

広島(MAZDA)○4-1 勝利で終了 いざポストシーズンへ

CSファイナルで当たる相手だけに手の内を見せたくない難しい戦いだったが、気分良くシーズンを終えることが出来た。今年の椋丞から1点しか取れなかったのだからこれはCS1st主催権は諦めるしかないでしょう。ただ、マエケンのあの落ち込みが今後のピッチングを変えるかもしれない。相当な気迫を持って臨んで来るだろう。押されないようにしなければ。

椋丞がポストシーズンに残る確率は少し上昇した。厳しい立場に変わりはないが、ゼロよりはマシ。本人もようやく結果を残せたと喜べていることでしょう。ストレートは過去二回の登板より良い。あとはコントロール。高木のストレートも上がってきている。
打線は当初の読みどおり、レスリーが中心となるでしょう。彼がコンディションを落とさずポストシーズンに臨めるか。他の左打者が調子を落としている中、一番強い打球を飛ばせる彼の前にいかに出塁して、いかに勝負させる場面を作るか。原さんは最後まで今の形で行くのでしょうが、レスリー四番も良いと思っている。クリーンアップから外れることはないでしょう。彼に期待している。

ペナント144試合を終えた。12球団トップの勝率で終えたことを嬉しく思う。長い戦いの次は、短いながらも重圧が高まるポストシーズンが始まる。短期決戦は勢いで決まる面もある。いかに良いコンディションで臨めるか。日本シリーズ出場権に一番近いところにいる。日本一奪回のために、次のステージで権利を手にしたい。26人目のジャイアンツの戦士たちも頑張りましょう。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« DeNA(東京)○4-0 2人を信じよう | トップページ | 2014年のペナント争いに影響を与えた試合 »

「試合」カテゴリの記事

コメント

えっ勝ったの?
144試合目は見てませんでした、はい、いくらなんでも予告先発みれば、ねぇ?
広島は自滅に近い形みたいですね
一つだけ言えるのはどんな相手でも舐めちゃいけない、ですね、生活人生かかってるわけですから、七條だったかに完投許した事も有りますし、セドンは初見殺しだった、宮国も牙を見せたという事でしょうか

2012年のCS、吉見以下軒並み先発が壊滅してた中日相手に辛酸を舐めました。
今日の試合を反面教師にするべきでしょうね、CS終盤では予告先発の無い試合、岩貞岩崎篠田の奇襲先発すら考えられます
どう対応出来て、食い下がる相手を突き放せるか問われますね

投稿: しらね | 2014年10月 6日 (月) 22時15分

宮国がまさかの好投でしたね。
さて、見る方は、来週の水曜までちょっとのんびりですね。

投稿: 上野 | 2014年10月 7日 (火) 08時18分

しらねさん
ボークで同点になったことで結果が変わりましたね。勇人のチャンスメークも大きかったと思います。慎之助に一度もストライクを取れなかった時点で疲れが出ていたのでしょう。相手にとってチャンスで一番迎えたくない選手にまわしてしまいましたから。
あまり経験の無い投手でも強気で投げてくることでしょう。リーチ掛かるまではその勢いにのまれないことですね。一気に勝ち切りたいところです。

上野さん
過去二回とは違ってました。小林で勝てたことも良かったですね。ずっと實松というわけにはいかないので。
一週間ぐらいのんびりですね。始まる頃に緊張は高まるでしょう。

投稿: Taka | 2014年10月 7日 (火) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DeNA(東京)○4-0 2人を信じよう | トップページ | 2014年のペナント争いに影響を与えた試合 »