« 明日はドラフト | トップページ | 残る人 いなくなる人 »

2014年10月23日 (木)

四番候補と投手獲得ドラフト

将来の四番候補の獲得交渉権はあっさり得られたが、得られたことに満足している。内田さんというしっかり教えられるコーチが戻ってくるタイミングでプロ入り出来るのは彼にとって幸運なことでしょう。原さんは将来の四番サードと考えているようで。コンパクトになるのではなく、自身のスウィングを磨いて欲しい。

二位から四位は即戦力投手を指名した。大卒左腕二人を指名したのはこれはもうぐっさんの負担を和らげる狙いだったのではないか。太った小野淳平に見えた京田辺ボーイズ出身の戸根は大きな先輩を追い越すつもりで練習に励んでもらいたい。筋肉もいいけれどやはり投手は一年乗り切る持久力も大切。6度目の正直となった高木勇は年齢的にあまり余裕はないだろう。3位で中継ぎ候補を獲ったことは何度かある。ドボンになるか一岡になるかは本人次第か。4位の田中大は大学日本代表に選ばれている。京介とは大学で半年ぐらいともにプレーしているが、まずその先輩を目標に取り組んでもらいたい。しかし左腕二人かあ。二位で佐野取った上で二人とも取れたよな、ってなことを考えてしまった。

育成選手は四人。独立リーグの篠原、川相ヘッドの次男・拓也、山梨学院大の捕手・田中貴、そして野球留学中の高橋慎之介(!)努力でお父さんみたいにベンチから信頼を得られるようになれば拓也の支配下登録も見えてくる。素材型か、高橋慎は気になる存在。野手と思いきや投手だったし。

岡本以外の高校生野手を一人も獲得しなかったことは意外だった。内田さんが戻ってきた今だからこそ野手を育てるチャンスとも思ったが。高校生投手を一人でも指名していれば来年谷田を狙っているのだなと解釈出来るが、これは分からなくなった。昨日書いた二人が一位候補なのは間違いないだろう。どちらも気になるなあ。

岡本が入ったことで、和田・辻はこれまで以上に結果を求められる。彼に刺激を受けてどれだけ成長出来るか。競争はもう始まっている。

ドラフトが終わりあとはFA・トレード・新外国人選手の補強など。さあどうなるか。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 明日はドラフト | トップページ | 残る人 いなくなる人 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

近未来という点では岡本君を育てられるかどうかがこのドラフトの是非にかかってそうですね、単独は僥倖、安楽一本釣りは明らかにおかしいと思ってたので楽天が行った時はガッツポ、飛距離最強です、一位消費に異論無し、意志を感じる指名です、今年の大社の適当なのを狙ったり4球団≧の有原狙いもセンスが無い、競合数の割に返しが少ないから、岡本or安楽で指示してました。
右の剛球投手として高木、左はいつでも取るという立場で戸根田中、しかしホント左乱獲するなぁ、高木京から始まり松竜今村公文田口と…、2010がホント異端だったんだなと
それに比べて左野手の獲らん事取らん事
外野取らないのは結構危なげなんですが、最年少24歳って結構異端ですよ、橋本中距離って程じゃないですし
個人的には白鴎大フェルナンデスが絶対欲しかった、外れ一位クラスでした,4,5位で残ってたら突っ込めと思ったら楽天が…
上手い話は転がってないですね、大学7季(350打席程度)で通算25本塁打の中堅守れるスラッガーだったんですが
投手は即戦力はスカウトの絶対評価を信用してたりします、年齢問わずなら去年一位で石川指名したように眼力はあるでしょうし
 自分は穴目狙いでしたけど今年は野手メインで桑原とか梶谷コースで行けるかな?とか思ってたり
 石田健太とか今年のスカウトは精度が良い!見てた奴等全部取られたので投手はl高卒以外ノーチャンス!
 来年左打でいいのいましたっけ、育成は期待も応援もしてますけど補強とは言えません、キッチリ枠内の中で良い子を獲って欲しい
 これでシーズン終了、フェニックスで大田応援するぐらいでしょうかね
外人以外大人しそうな補強になるかも

投稿: しらね | 2014年10月24日 (金) 11時35分

しらねさん
岡本が育てば大成功ドラフトと言えますね。一塁or三塁は助っ人と考え敬遠したのかは分かりかねますが夢のある選手を獲得出来て良かったです。
松本・今村・田口をスターターと考えると左二人は後ろのような気がします。U-22で5人は多いですね。
誰か一人外野取ると思ったんですけどね。下では青山・長江を中心に来年起用すると思うのですが、その下がいないのは気になります。ルシアノ・フェルナンドは私も気になりましたが、やはり来年外野の誰かを狙うのでしょうね。
これから補強になるのでしょうが私もあまり大きな動きは無いように思います。外国人選手は気になりますね。

投稿: Taka | 2014年10月24日 (金) 12時27分

今回のドラフトは、人材不足の中での苦労が感じられたものであったと思います。
目玉になる選手が極めて少なかったため、取り合えず現状の弱点の補強に走った……と申せましょうか。


個人的に、以前からリリーフの勤続疲労が気がかりでございましたが、今季はそれが如実に出てしまいました。
久保が故障から復帰もピリッとせず、入れ替わりで序盤は福田が離脱、西村、マシソンは別人のように不安定になり、山口もキレを欠き、難病の越智は遂に復帰かなわず……。
それ故、戸根、高木勇、田中の指名は的を得ておりましょう。

しかし、菅野や澤村の時のように、早い時期に先発も期待できるかといえば、残念ながらそこまではない。このため、先発はFA、トレード、外国人選手獲得による補強を行うでありましょう。


野手は、次代の主軸を打つ事が期待できる長距離砲候補は皆無に等しい現状を見れば、岡本の指名も頷けます。
が、守備、走塁は、酷な言い方をすれば、見るべきものがない。早い時期から清原・松井級の活躍ができればいいのですが、一塁は外国人打者や下降線に入ったベテランの“指定席”。指名打者制のないセ・リーグでは、些か起用が難しい。
打撃も、金属バット→木製バットの感覚の違いを克服できるか、少々心配です。ここは、本人以上に、名伯楽・内田コーチに期待がかかります。何としても、岡本を超一流の主軸打者に育てて欲しくございます。

投稿: 翁 | 2014年10月26日 (日) 00時59分

翁さん
今年はリリーフ起用に苦しみましたね。山口は肩の故障もありそれも影響したのでしょうが、健太朗とスコットが良くなかったはベンチの責任でもあるかなと思っております。久保の今年の結果は故障明けということを考えても納得出来るところはあります。使い方もああだったので。その補強した三人の誰かが当たればラッキーぐらいの感覚ですね。でもやっぱり三位で取れたなら佐野は欲しかった…。
一塁は外国人で、と考えるチームが多いから岡本を一位で考えなかったようにも思えます。ジャイアンツは三塁として育てたいから取りに行ったのでしょうね。彼は本当にいいタイミングでチームに入れます。超一流の主軸打者に成り得る選手が入るのは楽しみです。

投稿: Taka | 2014年10月26日 (日) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日はドラフト | トップページ | 残る人 いなくなる人 »