« アリガトネ | トップページ | まさかの痛手 »

2015年1月 1日 (木)

10年目のはじまり

明けましておめでとうございます。

2006年の元旦にこのブログを始めたので、今年は10年目に突入します。10年目を記念して…何もありません笑 2006年からなので、そう、原さんの第二期も同様に10年目なのですね。どちらもこうも長く続くことになろうとは…。

10年目を迎えてユニフォームも変わり(adidasのユニ気に入ってたのだなあと改めて実感)次代に向けた一歩目の年になるでしょう。あまりこういうことはしないのですがまずは序盤の予想布陣を。

4 片岡
9 亀井
6 坂本
7 アンダーソン
8 大田
3 阿部
5 村田
2 小林
1 投手

強打の捕手というアドバンテージが無くなる今年はこれまでと別のチームと言える。9年間で6度の優勝を手に出来たのはそのアドバンテージが大きかった。小林に慎之助の打力を求めるのは酷な話。打力は周囲がカバーするしかない。大田のクリーンアップ予想に「何夢見てるんだ」と笑う人もいるかもれないが、先を考えたら彼以外いないのではないか。他球団で長打ある選手が育っている中、巨人は後れを取っているように思えてならない。点を取れる打線にするために長打力は欠かせない。年20本以上アーチを打てる可能性がある若い選手は彼だろう。長野復帰後にさらに競争は厳しくなるが、ここを勝ち抜いて軸となってもらいたい。
二年前のセ・リーグOPS日本人一位・二位の二人を下位にしたが、彼らの打順が上がることも十分考えられる。原さんが彼らに頼らないチームづくりを掲げたのは、彼らの奮起を促す狙いもあるのではないか。特にポジションも変わった慎之助は相当な覚悟を持って臨む事だろう。
序盤の予想は書けたが、終盤の予想は分かるはずもない。単に亀井と長野が代わるだけかもしれないし、レフトに名ばかりの至宝が入らないとも言えない。これはもうシーズン入ってからの結果で変わってくるだろう。

投手陣に今年大きな変化は起こらないと見ている。あるとするならば来年から三年以内だろう。一軍投手はもちろん結果を残すと信じているが、今年は二軍のローテーションに注目したい。スターターはほぼ固まっているのだろう。その中から三人が三年後にローテに入れば投手に関して育成の成功と言えるのではないか。その実現に向けて今年いかに成長出来るか注目したい。

四連覇と日本一、そして、次代を担う選手の台頭を見られる年になることを願っている。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« アリガトネ | トップページ | まさかの痛手 »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。お元気でしょうか?
僕の方は今日から仕事で、ダラダラやってます。

獲得に失敗したのか、現状の複数年契約の人に多額の金がかかってるんで補強費用を出せなかったのかは不明ですが、
今年は珍しく、あまり補強のないシーズンになるようですが、どうなるでしょうね。

投稿: 上野 | 2015年1月 5日 (月) 11時04分

上野さん
あけましておめでとうございます。
年末年始はだらけておりました。体調も問題ありません。インフルは怖いですが…。

このオフは金子千尋を獲るか獲らないかということぐらいでしたから、彼が残留した時点で大きな補強が無かったという結果には納得出来ます。
強打の捕手というアドバンテージがなくなりましたから、苦しむ可能性はあります。次代の枢軸が出てくることを願っております。

投稿: Taka | 2015年1月 5日 (月) 12時11分

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 おそらく金欠のせいで、ショボイ外部補強に終わりました。現有勢力の底上げなしで優勝は難しいですし、阿部に続く主役を育てなければ、ジリ貧になるのも見えています。今シーズンは、いろいろな意味でハラハラドキドキワクワクのシーズンになりそうですね・・・

投稿: 元大阪爺 | 2015年1月 7日 (水) 23時41分

元大阪爺さん
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
元大阪爺さんショボイというお言葉が出るとは意外でした。Aランクではないベテラン二人の獲得と目立った補強は見られませんでしたね。金に任せて何でも獲る頃から変わったと言えるのかもしれません。
中心選手の変わる時期を迎えたのかなと感じております。今年大田、そして数年後岡本を主軸に、というのがチームの願いかなと感じます。

投稿: Taka | 2015年1月 8日 (木) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アリガトネ | トップページ | まさかの痛手 »