« ヤクルト(東京)●2-4 四球の差 | トップページ | 日本ハム(札幌)○12-0 »

2015年3月 3日 (火)

日本ハム(札幌)○5-4 開幕のレフトは

至宝を使うのかねえ。由伸にならんかなあ。一本目のツーベースは前目でかつレフトの追いかけ方を見ると微妙なところだったが、結果は大谷から二打席連続ツーベース。直後に代走が送られたが、由伸は怪我なくプレーしてくれるのが一番。そういう意味ではあの交代はOKです。開幕の対戦投手は久保。彼の投球術に対抗出来るのは技術と経験を持つ由伸ではないか。慎之助の状態でも変わるが、開幕五番レフトで起用されることを願っている。

大量援護の後にお返ししそうになり、いつのナゴドだよっ、とつっこみたくなったKANちゃん。ストライク取るのに苦しんでいるようではいかんと本人も反省していることでしょう。そしてその後登板した高木勇は対照的に無四球で三回を零封した。先発も考えられそうだが、中盤で素晴らしい繋ぎをしてくれるのではないかと期待している。
ぐっさんが戻ってきた。先頭のハーミダに被弾したが、投げられることで十分。本番できっちり抑えてくれるでしょう。

九回はヒヤヒヤものだったが、前進守備でも併殺を取れたことで逃げ切れた。笠原の先頭四球は頂けないが、チェンジアップ(「毎度!」の人はスプリットと言っていたが)が面白い。北からゲッツーを奪った最後のボールもシュート回転させつつ落としていた。そしてもうひとつ感じたのは、鬼屋敷の評価が高まっているのかなということ。澤村で締めるだろうと思ったところに若いバッテリーが出てきたので驚かされたが、本番なら重圧のかかる場面を経験させたいという思いもあったのではないか。日曜にスコットと組んだ時も完璧に抑えたが、今日は四球にエラーとサヨナラを喰らいそうな流れになったところを抑えた。いいところに打球が飛んだということも考えられるが抑えたのは事実。今年は思っている以上に出番が訪れるかもしれない。この時点で小林の刺激になっていることでしょう。成長に期待できる。

相手チームのファンが可哀想に思えた実況のクオリティー。
「4-1でファイターズのリードです」(ぼけてんのか?それとも自分ルールか?)
(3-0からストライクが入って)「フルカウント」(ずこーっ)
「この高木は去年防御率4.76勝ち負けなし」(新人ですよ?)
…プロの仕事じゃないよな…。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« ヤクルト(東京)●2-4 四球の差 | トップページ | 日本ハム(札幌)○12-0 »

「試合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(東京)●2-4 四球の差 | トップページ | 日本ハム(札幌)○12-0 »