« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

中日(ナゴヤ)●3-5 塞翁が馬

日曜に初勝利を手にした高木勇人の座右の銘は「塞翁が馬」だが、同じ日曜に森野が見せたプレーが中日ではなくむしろ我々に不幸な結果をもたらしたということか。彼が怪我しなければ、手のつけられない状態となっている福田永将はスタメンでなかったのだろうから。失点した全ての回に福田が絡んでいた。杉内の四球連発やスコットのコントロール(直球オンリーならいくら速かったとしても甘いところは打たれる)も一因ではあったが、三連敗中のチームを救う働きをされてしまった。小笠原の決勝タイムリー自体は紙一重。脚の速い藤井ではないから併殺あるかもと思っており、実際上手い一塁手ならもしかしたら、というところだった。

まだ数試合とはいえ心配なところは心配。スコットが抑えられないでドタバタする投手コーチに不安を抱いたのは私だけではないはず。スコットの名前が出たので彼について。春の彼はなかなか状態が上がらないが、今回の昇格は状態を見て上げたわけではなかったのだろうなと考えられる。この日までに仕上げるように指示を出して調整させたということ。いま一つのまま三戦ノーヒットだった五番に対する指示と一緒かと。そして長打もねえ出塁もねえ一番はもう少し我慢が必要か。六回表に来た甘いボールはスタンドに運んでほしいものだった。あれを紙一重と捉えるか非力化と捉えるか…。

お得意様の森野がいなくなり、痩せてからボールの質に不安なマスオさん。去年のキラーぶりを明日見せられるかどうか。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年3月29日 (日)

DeNA(東京)◯11-3 実力と幸運で大量得点

DeNA(東京)◯11-3 実力と幸運で大量得点
泣いていたけれどこの選手には笑顔が似合う

実力だけでも運だけでも今日の二桁得点は起こり得なかった。二つ噛み合ったからこその結果。というわけなので貧打が解消されたわけではございません。両面で振り返りたい。

初回に勇人がヒットで出ると、井端がバスターを決めて一塁二塁。チョーさんがスイングをどうにか止めて四球を選びノーアウト満塁となった。ここで慎之助がレフトにフライを放ち先制に成功。ワンアウト一塁二塁で併殺のピンチを迎えたが、ここで三嶋がまさかの暴投。そして村田の打球がラッキーなところに飛んで一人生還した。

二回にツーアウト後それぞれツーストライクから連打をくらい一塁二塁。黒羽根に四球を出し三嶋を迎えた。追い込んだ後で打球が二塁後方へ飛んだ。落ちれば確実に2点入ったが、井端が身体を伸ばしてナイスキャッチ。高木勇を救うビッグプレーとなった。

一点を取られて2-1で迎えた四回に試合が動いた。村田がデッドボールを喰らい出塁(なお、ブーイングは…)。一人倒れて亀井。変化球をコンパクトに叩いた打球はそのままライトスタンドに飛び込む2ランとなった。

五回裏、先頭の井端が四球で出塁すると、三嶋の暴投で二進に成功した。チョーさんも選んでノーアウト一塁二塁。慎之助がヒットで続いてノーアウト満塁となったところで、林がマウンドに登った。併殺のピンチを迎えたが、浅い外野フライによるワンアウトで済んだ。林を得意としている由伸が打席に入ったが、ストレートを見逃して三振してしまった。これで林が乗ってしまうのではないかと不安に思った。しかしそれを破ったのは亀井だった。しっかり捕らえてライトに飛ばした打球は二点タイムリーツーベースとなった。大きな追加点を手にした。それで相手の気持ちが切れたのかもしれない。ツーアウト二塁三塁で相川の打席、次は投手の高木勇で当然勝負を避けると思っていた。今日は二打席とも相川はしっかりボールを捕らえていたから。しかしベンチは何も動かずそのまま勝負した。そして相川がセンター前にヒットを放ち二人生還した。最高の結果となったが、有り得ない采配に驚かされた。試合を捨てたと言っても良いだろう。

試合はこれで決まり。勇人とチョーさんがタイムリーを放ち追加点を手にした。相手の飛雄馬と高城に長打を許して失点したが安心して見られるゲームとなった。そしてそのまま終了。三連戦勝ち越しとなった。

二度にわたる併殺のピンチを潜り抜け、さらに相手の采配放棄という幸運も大量得点の一因となった。そして、運ではない四球と長打から点を手にしたことで勝ち星を手に出来た。三回裏に四球出塁の井端以外が4球でスリーアウトになり「こいつら…」とちょっとだけ思ったのも事実だが(笑)四球と長打には再現性がある。今日は四打点の亀井と、初勝利の高木勇、女房役の相川がお立ち台に上がったが、井端の貢献度が大きかったことを忘れてはならない。実力で四球出塁し、守備では高木勇を救った。終わってみれば全打席出塁。一番打者にはこの姿を見てもらいたい。亀井に次ぐ貢献の高さだった。そして亀井の姿勢は素晴らしい。去年の京セラで感じ取れた変化は間違いではなかった。当てる技術があるものだから手を出さないでいいところまで昔は振りに行っていた。良く言えばヒットゾーンが広く、悪く言えばダボハゼ。後藤コーチの教えに大きく影響を受けてミートを心がけることで、打ちに行くボールを絞れてきた。それによって強い打球が増えて長打が多くなったのだろう。もともと逆方向でもアーチになる飛距離を持っている。それだけに、率にこだわらない今のスタイルの方が相手は怖く感じるのではないか。見る側としても楽しみだ。開幕前の記事で、亀井・村田・大田・中井のうち誰か一人でも復調すれば、と書いていたが、それは亀井だった。オープン戦から打ちに行くボールは誤っていなかったので当然と言えば当然かもしれない。

初登板初勝利を手にした高木勇。ライトスタンド前で投球練習している姿を間近で見ると、体幹しっかりしてるなと驚かされた。

DeNA(東京)◯11-3 実力と幸運で大量得点

バントの練習は必要だが、夢だったプロの世界で思いっきり野球をしていた姿は喜ばしい。苦労しただけにメンタルが強いのかな、と思っていたが、ヒーローインタビューや場内一周の姿を見るとそれは違うようだ。糸井のことを思い出すぐらいのキャラクターだった。あまり周りに左右されない選手なのだろう。いろいろな人にいじられそうな愛されキャラに思えた。ガチャピンっぽいなと感じたのは、さすがに私だけか(笑)

全員野球で勝利した。相手の中軸が良い中で山口と澤村に無理させず勝ち越しできたのだから上出来でしょう。気分良く月曜を迎えられる。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2015年3月28日 (土)

DeNA(東京)●2-10 投手次第

二線級ではこうなるという分かりやすい試合。あそこまで打たれると先頭四球などはあまり関係なかったってことでしょうね。アーロンは評価に苦しむ投手。スピードは出る、けれども、という言葉に落ち着くか。修正はなかなか難しいかもしれませんね。三試合はチャンスを与えるかと。この出来を見て、ノブにコヤさんがこの位置を掴みに行けるか、ということ。

横浜には左投げ出しておけばいい、と言ってられないぐらい梶谷・筒香が良い。テツであれば戸惑わせることができたかもしれないが、難敵になりそう。しかし最後のI川配球分からんなあ。余計な被弾だった。まあそれ以前にあの点差で健太朗かっていう。

何点取られても一敗は一敗。こういうことがあるから僅差の時に取れたのは大きい、と。明日の高木勇には楽しんでマウンドに登ってもらいたい。重圧のかかる試合なんてこの先いくらでもあるのだから。向かう姿勢に期待している。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2015年3月27日 (金)

DeNA(東京)◯3-2 らしい勝ち方

DeNA(東京)◯3-2 らしい勝ち方

智之がHQS達成で1勝目を手にしたことに満足している。単打が重なってピンチを迎えたが、筒香に打たれたソロアーチの一失点に抑えたのだから。守備に助けられた面は大きいが、あの流れで点を与えなかったのは見事でしょう。

守備の話が出たので。由伸のバックホームと井端の守備には魅せられた。どちらも1点ものだったから本当に大きかった。年齢を重ねて今年不惑を迎える彼ら。18年間続けられているのはそれだけの理由があるということ。当然と言えば当然だが、指揮官の選択は正しかった。彼らの活躍を今年も多く見られることでしょう。

序盤で3点取ったことでもしかしたらと思ったが、変わっていなかったと笑 イニングまたぎのタナケン、國与死(怒)相手に追加点が欲しかったけれど、八回に井端が打つまでノーヒットとは。3-0から打ちに行って外野が前進するってのはどういうこっちゃ。しばらくは貧打も続くのではないか。チョーさんには焦って欲しくないと思いつつ、いなかったらと思うとゾッとする。カメも好相性の久保を打てたがこの先はどうなるやら。

石川に初球一か八かのマン振りさせたり、四回表で円陣組んだりと、いつも以上に勝ちに行こうとした相手をかわせたことがこの一勝の大きさ。ホームラン数を相手が上回っているのに勝てたということも。長打で得た点数を守り切るというのは今のジャイアンツらしい。

開幕戦勝ったシーズンに原ジャイアンツが日本一になったことはない。歴史を変えるチャンスが来たと考えるか。

まだまだ先は長い。切り替えてまた明日。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (7)

My HERO

先ほど決めました。

[野手]大田 泰示
 スタートには間に合わないが彼が活躍してこそ新成でしょう。
[投手]杉内 俊哉
 今年は雑音なく調整出来たかと。契約最終年ということもプラス。
[金の卵]高木 勇人
 迷いに迷った。キャラが立っているベイマックスさんもアリだと思ったし、田口大抜擢に賭けるというのも考えた。しかし最終的にスターターに入る彼を選んだ。翔さんを驚かせた能力は本物かどうか。楽しみだ。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

開幕

寒さも夜明けまで。冬も終わり春となる日にペナントレースが始まる。また一喜一憂する日々が訪れることをうれしく思う。

去年までとは違い前評判もさほど高くないが、ペナントとしては面白くなるかと。優勝したとしても打てない試合ばっかりで面白くなくなることも考えられるが…。厳しい戦いとなるからこそ、より後押ししていきたいものだ。例年以上に自分たちの声援で勝つ雰囲気を作り上げる、という気持ちで臨みたい。

他チームの状況を見ると、阪神が一歩前に出ているという印象。三番と六番を入れ替えれば上位の隙が無くなるが、その動きがいつ起きるのか気になるところ。黒田が帰ってきた広島はグスマンの出来次第。エルドレッドとロサリオを欠いているところで彼が機能しなかったらポイントゲッター不在となる。ここが当たれば可能性はある。

試合が始まったら気分は高まるが、終われば143分の1試合。負けても「原巨人日本一シーズン同様」と受け止められるし、勝てば「開幕戦勝利したシーズン初の日本一目指して」と思える。小早川三連発とか浅草観光クソ野郎二発被弾といった負け方でない限り大丈夫。
そんな開幕戦、巨人が勝つならばスコアは4-3と予想。梶谷・筒香それぞれにアーチを許すが、こちらの左打者が3ランを放つという展開か。

15時間と少しすれば開幕。もうすぐだ。

・・・あ、マイヒーローまだ登録してなかった。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

ロッテ(東京)●1-6 納得の敗戦

初回に井口に与えた死球はどちらにとっても悪い出来事だったということでしょう。それがあのハードラックな強襲打に繋がったということ。その後投げられたから杉内は大丈夫かな。4戦目に向けて仕上げてもらいたい。

打線は、今日は初回に取れなかった時点でダメだったということでしょう。唐川が制球に苦しんでいた初回に取れないのだから、そりゃあイ・デウンからは取れない。マリーンズサポーターは喜んで良い試合になったかと(巨人打線相手だから喜べないかもしれませんが、当たりかなと思いました)。

もし良三球再び、なんてことになったら今日のような戦い方をしてはいけないということ。そうそうアーチも出ないのであれば、投手は攻めて良い。そして無駄な四球を出さないこと。取れる時に取る、という意味では初回の片岡の走塁は問題。一点入ったと思ってたお客さんは多いのでないかな。走ってなくてビックリした。亀井の送球も正しいプレーなのか問う必要があるでしょう。投げた時点で刺殺できないと分かるボールで一塁ランナーにも進まれた。春スコットは…発動したらしゃあない。

見事にドーム5連敗でオープン戦終了したわけだが、文句を言うのは本番になってから。その時に「時短って攻撃そのもののことか?」と言っても遅くはない、と思います。メンバーは私の中では固まったが、慎之助の具合が気になるところ。戻ればそのまま四番となるでしょう。挟む二人はそのまま。後ろに由伸が入る、と。慎之助が開幕アウトなら四番由伸。チョーさんは万全になってからと思っていたが、今日センター守れたのであれば何とかなるか(最後ダイブした時はキャッチよりも身体が気になりました)。レスリーが戻らない今はこの四人頼みとなる。

序盤は苦しむでしょう。亀井・村田の状態が今ひとつで、どこで戻るかわからない。その時に割って入って欲しかった大田は怪我で、中井は結果を出せなかった。ひと通り対戦したところでこの四人のうち誰かの状態が上がってくれればと願うのみ。その頃にはレスリーも帰ってくる。

5日後には開幕する。シーズンではホームで多く喜べることを願っている。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (5)

2015年3月21日 (土)

戸田(G球)◯7-4 心踊る鋭いスイング

戸田(G球)◯7-4 心踊る鋭いスイング
選手のコメントどおりの味でした

一軍は明日見れば良いかなとG球で観戦。岡本、和田恋、辻を見たくて行ったが、来て良かったなという感想。試合の経過はtwitterのログにあります。

岡本の1打席目を見て心が躍った。快音とともに打球はホームランと錯覚するぐらい飛んで、ライトオーバーのツーベースとなった。逆方向にあの当たりを飛ばせたことに可能性を感じさせられた。打たれたロマンも嫌がったのか二打席目はストレートの四球で歩かせていた。その後、山中との対戦では全く合わなかったが、打てるようになるでしょう。そういう成長を見ることが楽しみ。
平良に関してはまずまず。五回まで打たれても単打だったことが幸いした。打球運はそこまで続かずゼロで行けたということか。六回にコーチが来た後に長打喰らったが、今日はそこまでだったということ。ストレートの球速がもう少し上がれば攻められるでしょう。
村田の二打席目までを見て「ダメだこりゃ」と思ったが、三打席目でようやく出た。ライトへ走者一掃のタイムリーツーベース。チャンスに一つ出たことでホッとしたかもしれないがこれで大丈夫とは言えない。明らかに太っちょとなっていたロマンのスタミナ切れとも考えられるから。それでも一軍には上げるでしょう。今日は暖かい歓声を浴びていたが彼の舞台はさらに大きなところなのだから。

(と書いたところで誤送信…しかし携帯の電池が切れたのでちょうど良かった)

GⅡプロジェクトの恩恵早くも。東京ドームのグラウンドに降りたことはあってもG球のグラウンドは初めて。

Img_0903

YOKOGAWAさんサインありがとうございます。

選手・ジャビットとハイタッチを終えたと思ったら最後に岡本という素晴らしさ。今日はこちらで正解だった。一軍の試合は気が向いたら別エントリにて。

戸田の二番打者良かったなあ、5-4と。彼がいたら二番セカンドは安泰だったろうなあ…。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年3月15日 (日)

2 1 4 1 0

諸事情によりなかなか書けずにおりました。楽しみにされていた皆様、申し訳ございません。しかしながら、火曜日から今日までの試合で書きたくなるようなことなんてあるか?という思いもあったり。由伸のアーチぐらいでしょう。しかし打てない。由伸・井端の最年長コンビがいなかったらどこかでノーヒットノーランでも喰らうんじゃないのか?という貧打ですから・・・。火曜日から五試合のスコアがタイトルの数字。平均2点に届かない1点打線。相手のミス頼みという運任せ打線。ひっどいなあ。

楽しみにしていた選手の肉離れねえ。知らん。イビチャ・オシムの名言を思い出さずにはいられない。「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか? 要は準備が足らないのです」準備不足とは断言出来ないけれど、残念です。
木曜の試合後に監督が村田に寄り添って声をかけていたシーンを見て「こりゃ二軍行きか」なんて冗談を言っていたら当たってしまったという。毎年の「注射」今年は大きなものになりそうだ。そんな時に結果を残せばアピール出来るところを打てないだけでなく守れずマイナス面を見せてしまう中井。ここは書かないけれど林先生の名言を心に臨むべき。
一番痛いのは内海の離脱。今年はフォームも安定して行けるかなと思っただけに。余ると思っていた先発が不足する可能性もある。序盤苦しみそうだ。

川崎組は連勝。岡本も楽しみだけれど、和田恋が逆方向に長打出ているようで。内田塾の成果か。田口も楽しみ。川崎観戦欲が高まってきた。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2015年3月 8日 (日)

阪神(甲子園)○1-0 10の日

岩本と当たったのは今日で良かったか。シーズン中出てきて今日のようなパフォーマンスを発揮されたら苦しんだことだろう。今日はツーストライク目をいいところに決められて追い込まれることが増えた分仕方ないかな。一度当たっておいて良かった。シーズン中巨人戦柱フル投入とされたら当たることがない可能性もあるが。

健太朗は結果抑えたけれどシーズンではどうなるか。二巡目に左打者に捕えられているのでそこは抑えの時と同じ。右打者は上本のポテンヒット一本に抑えたのだから、左を克服すれば光は見えるが果たして。江柄子は去年経験を重ねたことで一軍のマウンドに慣れてきたかなと。青木は右が続く中で良く抑えたか。そして出番が少し早まったが土田は今後楽しみな内容だった。ストレートもフォークもスライダーも良い。支配下二年目、どれだけ成長出来るか。

村田や實松の好守、寺内のチャレンジを見ると、こういう守りが三連覇に繋がったのかなと実感出来る(攻撃で九回左打者の時に三盗というのは理解に苦しむが…亀井もストライク振らないし。。)決勝点は相手の目測誤り新喜劇がきっかけとなった、ということからもそれは納得できる。打線は水物。やるべきことをしっかりやることが勝ち続けるには大切なのかなと。

相手に触れるなら、三番が機能したら厄介ということ。出塁率の高いセンターライン二人と決める助っ人二人を繋ぐ役がはまったら安定して点を取れるチームとなる。福留の状態が良くなりそこに入られた時は難敵になることでしょう。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

オリックス(京セラ)●1-2 三番

吉田は良かった。アクシデントでキャッチャーが代わる珍しい状況だったが、伊藤光になってからなかなか隙がなかった。エラーと暴投でもったいない失点だったが、零封もありえるぐらいの切れを感じた。オリックスにとっては収穫ありのゲームとなったか。

アーロンは二失点。全体的にコントロールが今ひとつという印象だったが、点を取られる時は取られるもの。右狙いを徹底される可能性もあるが、変化球の精度が上がればそこはかわせるでしょう。スタミナがどうか気になるところ。長打くらってないところはポジティブに受け止められる。ぐっさんは完璧。マイルズは今までで一番良かった。低めの直球も決まっていたし良い変化球も持っている。リップスティックはしっかり置いてからマウンドに行きましょう笑

あまり触れられていない気もするが、三番に関してはすっごく不安。オープン戦いまだに長打なし。併殺の多さしか今年は印象にない。三打席目の内容のひどいこと。3-0から打ちにいって逆方向に飛んでいる時点でおかしい。四球選べよという気持ちは当然あるが、ベンチの指示という可能性もあるのでそれは保留。打ちにいって引っ張れないというところが問題。こんな調子じゃチャンスでもスモールやらされるな。

そんな坂本をドラフト指名したときの映像がテレビで流れていた。あの編集じゃ最初から巨人が坂本を指名したように受け取られるよな、知らない人が見たら。あの時原さんがある人を引き当てなかったのは色々な意味で影響のある出来事だったと。カットされちゃっていたけれど。良かった良かった。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年3月 6日 (金)

オリックス(京セラ)○5-0 不惑の二人は素晴らしいが…

ディクソン相手に松本の内野安打一本とほぼ完璧に抑えられたが、残りのピッチャーを攻略した。七回に、セペダ三振→由伸タイムリー→村田三振→井端2点タイムリーという速報を見た。不惑の二人は素晴らしいね、と思うその前に「他のやつら何やっとんじゃ」と思ったのも事実だったりする。特に外野にも打球が飛ばない三タコの人とか。ベテラン二人におんぶにだっこって、去年七月に不満を抱いていた時と同じなんだよな。今低調の選手が開幕に上がってくれれば良いのだが少し心配。三日のハム戦もそんな感じだったからなあ。藤村のセンターオーバーは見たかったな。これまで当てに行くバッティングで強い打球が出そうもなかったが、何かを変えたのかなと。

投手陣は上出来。先発予定をあまり把握していなかったのだが、杉内が寝違えで当番回避とは知らなかった。小山が緊急登板したわけだが、五回無失点。この影響が後に出ないとも限らないが、これが福となすこともあるかもしれない。前回は相川と組み、今日は小林と組んで結果を残した。これも指揮官にはうれしい悩みとなるか。

六回からのリレーに「おや?」と思ったが見事に無失点。二日前に二回投げたベイマックスさんが今日も投げたか。ぐっさんの負担を減らせるか。期待したい。

ファームでは期待の星、平良が大炎上…。何があったんだい、何が。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

日本ハム(札幌)○12-0

シーズン前とはいえ相手さんもホームで雑な野球をしちゃいかん、と。二回の三点は打球運もあったのだろうが、五回はバッテリーエラーに翔さんのエラー、併殺チャンスで村田に押し出しなどでほぼ自滅。後の増渕四球炎上などもあり締まらない展開となった。そんな感じなので打線の評価は保留。I川二併殺は十分再現性があります。

この日の投手陣は文句なし。無四球という素晴らしい出来。テツは前回のピッチングも良かったし今回も安定して投げられたのでしょう。新人らしさがまったく感じられない戸根はとにかく強気。インコースを攻める度胸もあるし、彼が投じるボールは打ちづらそうに思える。高木勇の先発が考えられるなら江柄子と土田にはチャンス。今日は与えられたチャンスでアピール出来たのではないか。特に土田は三者三振とパーフェクト。誰が枠を勝ち取るか。楽しみだ。

札幌で連勝。今年の交流戦はビジター。去年から勝ち続けているだけに今年も同様にいいイメージを持って臨んでもらいたい。

トナカイ画伯さん、お疲れ様でした。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2015年3月 3日 (火)

日本ハム(札幌)○5-4 開幕のレフトは

至宝を使うのかねえ。由伸にならんかなあ。一本目のツーベースは前目でかつレフトの追いかけ方を見ると微妙なところだったが、結果は大谷から二打席連続ツーベース。直後に代走が送られたが、由伸は怪我なくプレーしてくれるのが一番。そういう意味ではあの交代はOKです。開幕の対戦投手は久保。彼の投球術に対抗出来るのは技術と経験を持つ由伸ではないか。慎之助の状態でも変わるが、開幕五番レフトで起用されることを願っている。

大量援護の後にお返ししそうになり、いつのナゴドだよっ、とつっこみたくなったKANちゃん。ストライク取るのに苦しんでいるようではいかんと本人も反省していることでしょう。そしてその後登板した高木勇は対照的に無四球で三回を零封した。先発も考えられそうだが、中盤で素晴らしい繋ぎをしてくれるのではないかと期待している。
ぐっさんが戻ってきた。先頭のハーミダに被弾したが、投げられることで十分。本番できっちり抑えてくれるでしょう。

九回はヒヤヒヤものだったが、前進守備でも併殺を取れたことで逃げ切れた。笠原の先頭四球は頂けないが、チェンジアップ(「毎度!」の人はスプリットと言っていたが)が面白い。北からゲッツーを奪った最後のボールもシュート回転させつつ落としていた。そしてもうひとつ感じたのは、鬼屋敷の評価が高まっているのかなということ。澤村で締めるだろうと思ったところに若いバッテリーが出てきたので驚かされたが、本番なら重圧のかかる場面を経験させたいという思いもあったのではないか。日曜にスコットと組んだ時も完璧に抑えたが、今日は四球にエラーとサヨナラを喰らいそうな流れになったところを抑えた。いいところに打球が飛んだということも考えられるが抑えたのは事実。今年は思っている以上に出番が訪れるかもしれない。この時点で小林の刺激になっていることでしょう。成長に期待できる。

相手チームのファンが可哀想に思えた実況のクオリティー。
「4-1でファイターズのリードです」(ぼけてんのか?それとも自分ルールか?)
(3-0からストライクが入って)「フルカウント」(ずこーっ)
「この高木は去年防御率4.76勝ち負けなし」(新人ですよ?)
…プロの仕事じゃないよな…。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2015年3月 1日 (日)

ヤクルト(東京)●2-4 四球の差

安打は同じ4.しかし四球は1-7.この差でしょうね。シーズンで同じ事やらかしたら文句だらけになるような四球だったかと。田中浩康を併殺にしとめれば同点で食い止められたかもしれないけれど、マイルズもミレッジと勝負する気がなかった時点でね。三連打で2点奪われた健太朗だが、これも先頭に対するストレートの四球が起因。そもそも途中までボールの比率がストライクを上回っていては…。リーグで対戦するときに相手の一番二番にいいイメージを植えつけない事。ローテを守るには乗り越えたいところだ。

杉浦を見られた事が収穫だったか。伸びのあるストレートが低めにどんどん決まると苦しみそうだ。変化球の精度が上がるとさらに難敵に成り得るが、そこはまだチャンスがありそうだ。注文をつけるなら力士みたいになったロマンから点を取りたかったところ。大田が打ち上げたボールはかなり甘かった。退いた後、監督から指導を受けていたが、シーズン中はああいうボールをしとめられる四番になってもらいたい。

この時期でアーロンがあれだけ速いボールを投げるとは。相手打者も当てるので精一杯で、まともに打たせてもらえてなかった。左のパワーピッチャーというのはなかなか珍しい。細かい部分では課題もありそうだが、楽しみな投手だ。

この二日間亀井がダメダメだったところで到がスリーベースを放ち、松本も素晴らしい守備で魅せた。焦るなと言われたとしても絶対意識するだろうなあ。外野は本当に誰が出てくるか分からないや。それだけに藤村に守らせる意味を考えてしまう私。色々やらせる前に打撃ではないかと。


よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

| | コメント (3)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »