« 阪神(甲子園)●1-2 ミスを出し尽くしたと思うか | トップページ | 広島(前橋)○6-3 紙一重の逃げ切り »

2015年4月19日 (日)

阪神(甲子園)○5-3 ラッキーボーイで終わりませんように

川相監督代行指揮の下、ビジター5戦を4勝1敗で終えることが出来た。結果に関しては当然満足しているが、ここで3つの貯金を手に出来たのは、3番に入った到の活躍が大きかったのではないかと感じさせられた。昇格した試合の活躍はもちろんのこと、甲子園1戦目でも初回の3点に繋がるヒットを放った。今日は九回表の同点打と十一回表の先頭四球で大きく貢献出来た。短期間でこれだけの活躍を見せるとラッキーボーイと受け取られるかもしれないが、これで終わらないためにも怪我せず最後まで走り切ってもらいたい。開幕してすぐに二軍落ちとなったが、これは誤りだったか。この悔しさがあったからという考えもあるだろうが…やっぱり選択ミスでしょう笑

試合の話に移すと、このシーソーゲームを制したのは本当に大きかった。はやトゥーがゴメスに被弾しなければゼロに抑えてすんなり行った可能性もあるが、これはいつか喰らうもの。来週あたり喰らうかもなと思っていたらそれが早くなったと。失投だったのかシュート投げようとしたかは分からない。ただ、構えは外だったのでシュート回転したのでしょう。ここまで本当に良く投げてくれている。どこかで訪れる一球の怖さを知る時というのが今日だったということか。ここからさらにまた練習に励むことでしょう。
八回のぐっさんは右続きだったのもあり、ああいうこともあるかなと。3点目はヤスのエラーとなったがあれは野手も責められない。ひとつ助かったのは、満塁の場面で俊介を下げて関本を出してくれたこと。相手にとっては代打の切り札だが、ぐっさんは俊介によくやられていたからあの交代は本当に助かった。
九回の二球で同点という攻撃は見事だった。エラーをしてしまったヤスを下げて由伸。本人が取り返したいところではあったが、由伸がヒットで応えた。代走尚広が出てノーアウト一塁で到。絶対に送るなよ、と願っていた初球のストレートを叩いてセンターオーバーのツーベースを放った。尚広は一気にホームイン。その後勝ち越し点を奪えず裏に。
そこで相手に流れを与えなかったのは澤村。九回・十回とパーフェクトリリーフ。相手が主軸を下げていた幸運もあったが二回をしっかり抑えたことが後に生きた。
十一回に到と井端で作ったチャンス、中井が三振して厳しいかなと思ったら村田が歩かされた。あとはもう小林の打球運に託すしかなかった。そして結果は、これ以上ないところに落ちる二点タイムリーとなった。失投を見逃さず大きな仕事を出来た。彼が捕手を務めて甲子園で二勝したことも自信にして欲しい。なかなか援護がなく我慢の連続だったが、自ら決められて良かったなあと。晴れて関東に戻れるでしょう、その前に実家で良き報告をしてるかな。

打てる人から離脱して厳しい状況となったがどうにか勝てている。ここに大田が帰ってくるだろう。その時点で金城のイケイケ一番をやめてくれると思いたい(満塁の場面でボール球我慢して欲しかった)が、監督が評価してるんだよな…。ともあれ、長打のある選手が戻るのは心強い。90年生まれコンビが新成の象徴となれるか。そうなることを願っている。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 阪神(甲子園)●1-2 ミスを出し尽くしたと思うか | トップページ | 広島(前橋)○6-3 紙一重の逃げ切り »

「試合」カテゴリの記事

コメント

橋本については全く同感です.
こういうことがあるのだから,レギュラーがケガをした時だけ若手選手と入れ替えるのではなく,「レギュラーの調子が悪いとき」にも若手選手と入れ替えてみてほしいと思います.
 打率2割でよいのなら,若手選手でも構わないでしょう.結果が出なければ,10日後にまた入れ替えればよいのです.不振のレギュラーも2軍で内田さんにみてもらった方が調子が戻るかもしれないですし・・
 とにかく12球団で一番スタメン野手の高齢化が進んでいるのですから,今のうちに若い選手を試しておかないと夏場に息切れするのは目に見えています.

投稿: 元大阪爺 | 2015年4月19日 (日) 21時12分

片岡のエラーで勝ち越された時の球場の大歓声、ストッパー石直球の登場で流石に負けを覚悟して見ておりましたが、たった2球で同点に追いついた時、采配の見事さとそれに応えた選手達の力に身震いする程の興奮を覚えました。
新婚の奥さんも涙を流して喜んでおられたのではないでしょうかね、到君(w)。
同点に追いついたことでゴメス、西岡、マートンを引っ込めた阪神に再度勝ち越す余力は残ってませんでしたかね。
それと今日も6の3と結果を出した井端さんはヒーインにはならなかったですが、本当に貢献度大です。願わくば、身体が故障する事の無いように祈るばかりです。首脳陣よ、もうちょっと大事に扱って下さいな、と言いたいです。

投稿: まさやん | 2015年4月19日 (日) 22時06分

四球と長打にラッキーはありません
橋本は絶対結果の象徴と化してましたね、まぁ見られないんですけど、そういう意味でも雨降ってくれという思いでしたがバイト初めてから働いている日7戦全勝だしこれはこれでいいのかしら
小林は意地を見せたという事でしょうか、結局打力で取り返す事が正捕手の道です、前を向いて戦って欲しい。村田敬遠が絶対相手の失策だと思うけど、OP戦見る限り打撃が成長してるのである程度期待してるんですが
チームの全得に四死球と長打が絡む、やはり井端5はない、2塁手、上位として使って一塁を空けるべきでしょう
今の左翼手を外すというのは難しいですね、左打ちが壊滅してて右だらけ広島戦、セペダ高橋を使う事も同意できますが、結局左翼手には左打ちを混ぜたい
入れ替える人は確定しています、これだけ競った試合で使わない松本に価値はない、広い球場も終わりますし、ここでまず大田を混ぜて手札を増やして欲しいですね

投稿: しらね | 2015年4月19日 (日) 23時18分

元大阪爺さん
一通り対戦するまでベンチの意向として我慢していたようですが、再調整させたほうがいいように思う人は何人かいます。今のうちに調整させるのも手ですね。
若手には当てはまりませんが隠善や横川を起用することも考えられますね。

まさやんさん
バントをさせず到に打たせようとした監督代行に、応えた到、どちらも見事です。
主力を下げてしまったため福留と梅野を気をつければ、と思っていたら梅野にも代打でしたね。何のために最後までマスク被らせたのか…。
陰で支えるいぶし銀どころか主力ですね、井端さんは。負担を減らすにはほかの内野が頑張るしかないです。

しらねさん
私もラッキーとは思っておりません。勝負どころで長打を出せましたね。
小林はもう少し選球を出来ると安定してくるように思えます。二塁三塁にいるのは同じというところで村田ではなく小林を選んだのは実績ということですかね。得点圏打率まで現場は考えていなかったということなのかもしれません。
あ、念のため、金城の一番をやめて欲しいというだけで彼を外すように書いたつもりはありません。

投稿: Taka | 2015年4月20日 (月) 06時46分

Takaさん、おはようございます

高木の調子は良くは見えなかったものの、粘り強く投げていたと思います。ナイスピッチングですね。唯一当たっているゴメスに簡単にいきすぎた印象です。小林が外に構えてたのが中に入ってきたので、おそらく失投ですね。本当によく投げてくれてます。次に活かしてほしいです。

打線では6回の表の攻撃ではないでしょうか。藤浪がアップアップしてるのに金城が、初級からボールをふってしまった。そうなると、あのような結果は仕方ないかと思います。良くも悪くも金城の良さですね。笑。できれば、じっくり球を見て欲しかったー。金城のイケイケ感は嫌いじゃないです。個人的には、若手が金城から力でボジション奪ってほしいです。

投稿: TUSHI | 2015年4月20日 (月) 08時16分

小粒打線でなんとか勝ててますね。
とりあえずアンダーソンと大田で重量打線になったらいいですね。

投稿: 上野 | 2015年4月20日 (月) 11時23分

TUSHIさん
おはようございます。
コントロールに苦しみ、やや甘いボールもありましたがその状況でも試合を作れたことは収穫ですね。次が当たっていないマートンだけに四球OKの攻めでも良かったのでしょうが、打てるゾーンに入ってしまいましたね。
金城自身の持ち味なのでしょうね、振りに行くのは。となるとその時期の調子次第で出塁率も低くなるのでやはりリードオフよりポイントゲッターなのかなと感じます。首脳陣がリードオフマンに求めるのが出塁率ではなく打率であれば隠善や立岡が候補となります。

上野さん
打てないなりに四球を選ぶ姿勢はデータに表れているので、その部分は評価したいです。
四番候補の二人が戻ってきていよいよですね。

投稿: Taka | 2015年4月20日 (月) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪神(甲子園)●1-2 ミスを出し尽くしたと思うか | トップページ | 広島(前橋)○6-3 紙一重の逃げ切り »