« ヤクルト(東京)◯5-4 あるべき姿 | トップページ | 阪神(東京)◯4-2 らしさが出ながら四連勝 »

2015年7月 8日 (水)

ヤクルト(東京)◯7-4 勝ち取る投手

ヤクルト(東京)◯7-4 勝ち取る投手
今日はもう杉内。女房役のカバーも出来るなんて素晴らしい。フリーパス捕手の悪送球からワンアウト三塁のピンチを迎えたが、ここから畠山とデニングから連続で三振を奪い、ゼロで切り抜けたことで流れを持ち込んだ。その裏もノーアウト満塁から先制アーチの相川が打ち上げて嫌な雰囲気だったが、初球をライト前に落として自ら追加点を手にした。七回まで川端のソロによる一点に抑えた。八回の失点は替え時誤りということで、今日の内容を讃えたい。

途中まで、いかに得点しないか見せつけるエンタテインメントか?などと感じたが、四回に繋がった。各駅停車で常に併殺のリスクがついて回る中でタイムリー三本に併殺崩れで四点を取れた。ヒーローの立岡は皆さん褒めるだろうが、投手が変わったところでも流れを切らずフルカウントから捉えた井端のタイムリーが大きかったように思える。前の打席もよく粘れていたし、やはり彼が上位にいると良いリズムになる。

最初の打席で半端なバッティングを見せた慎之助が久々にいい当たりを見せた。チョーさんも今年一番の弾道か?と思わせるぐらいの強い当たりを飛ばしていた。ここから鋭いスイングを見せられるか。この流れに乗りたいところだ。

|

« ヤクルト(東京)◯5-4 あるべき姿 | トップページ | 阪神(東京)◯4-2 らしさが出ながら四連勝 »

「観戦」カテゴリの記事

コメント

阿部はチャンスで、打ちたい気持ちが強いから力んでますね(_´Д`)
2戦連発は、嬉しい すごく良いスイングhappy01happy01
ホームランは出始めているから、チャンスで力まずにやってほしいsweat01
チャンスの時こそ、楽な気持ちでやってほしい(^^)
間違いなくつかみかけてる。
村田も多分、打撃=守備て感じなんです
満塁に繋げた時の感じで普段から、打席に入れば変わる気がします。

小林は、貯金がある程度、できたら7月の下旬か8月には1軍に上げるかなと思います。
相川の打撃がこのまま好調のままなんてあり得ませんcoldsweats01
桑田さんが阿部の特集番組で、「巨人では打たれたら、どんなリードをしてるんだと言われると、巨人では特に」と言ってました。理不尽に感じますが、今は、投手とのコミュニケーションを学ばせようとしているのではと考えました。
内海も今、年齢と自分の投球にもがいているから小林を育てるのは酷です。 杉内みたいな投手が、小林が配球に迷った時に、アドバイスをして小林に決断させるみたいな感じが一番いいんですけどね。weep


投稿: うなさん | 2015年7月 8日 (水) 22時59分

今日は投打に杉内選手が大活躍でした。
杉内投手に他の野手たちが引っ張られたように見えました。

巨人ファンも忘れかけていた!?かもしれない「勝ち方」をやっと選手が思い出してくれたかと少し安堵する2連戦でしたね。でもまだまだ先は長いです。故障者が出ずに今の巨人が出来る「勝ち方」を続けて欲しいものです。

まだ先に感じることかも知れませんが、中日戦の菅野投手がチームを引き締めたのかもしれません。

追伸)杉内投手にヒーローインタビューしているアナウンサー、少し失礼すぎません!?「1ヶ月半ぶりの勝利」を強調し過ぎ(笑)

投稿: かんかん。 | 2015年7月 9日 (木) 00時34分

うなさん
前日は勢いに乗れてしっかり決めてくれたのですけれどね。アーチ、久々に素晴らしい当たりを見られました。
貯金を作るには今なら打たなきゃですね。何気に二日間とも四点取られていますから。下げたら貯金を使い尽くしたわけですし、上げるなら早い方がいいように思います。

かんかん。 さん
投球・打撃で流れを作りましたね。広島戦を除けば頼りになる投手です。
上位が機能していることで良いリズムが生まれてきたのかなと感じられます。それぞれの役割をこなせれば安定した戦いを出来るでしょうね。
智之は日曜に序盤多く投げながらもリリーフ休ませましたからね。周りもやってやろうと思えたなら効果ありですね。
声を聞いて義堂さんかなと思ったら、ああ、やっぱりな、と笑 まっすぐな人なのでしょう、多分。

投稿: Taka | 2015年7月 9日 (木) 12時26分

打線が打って投手を楽にしました
夏場はこういう試合を作っていかないと崩壊します
…井端立岡の順逆はともかく、対左で結果出されると素直に喜べないあたり贔屓を持つと巨人ファンとして歪みますね。
対左でコースヒットではあるとしても、全部外野にしっかり飛ばしていたというのもまた事実、結果を出した打席よりも9球投げさせての見三振、逆方向への外野の飛距離が良い、藤村より全体的に上位互換、2013から推してた甲斐はあるが、2塁併用+ユーテリティ枠がトッププロスペクトを押しのけるとは自分の眼力があるんだかないんだか…
 
 相川、勝利打点となるHRを打ったこの日に打者として評価する機会です。
出塁.391 ops.941 100打席足らずでHR4 高IsoD,IsoP、80%に迫る高いb見極率、1%付近のストライク空振率 ケチのつけようのない成績、完全に確変、覚醒状態と化しています
 そもそも相川はある程度フリースインガーで四球を選ばず、HRが巨人より出やすい神宮で11本が最高の中距離積極打者です、故に併殺打、早打ちも多く、捕手として疑問符のつく打席も多い打者でした。
それが今年はストライクスイング率が50%代にガタ落ちし選球指標が大向上、P/PAが3.95と「捕手としての打撃」をするようになってきています
 この年齢になっての謎向上は一体どういう事か、一つ考えられるのが、ヤクルト横浜は捕手を育てるノウハウが全く無かったという事です
谷繁は現政権を見ればわかるように後進を育成する能力は無い、ヤクルトに至っては大矢明彦、古田といった優勝を経験した捕手を首脳陣に入れていない。
つまり、相川が万年最下位捕手だった理由は「どうやったら優勝出来るか」というノウハウすら知る機会が無かった不幸も手伝ったと考える事も出来ます。
 阿部には村田真一がいました、今年来た相川に二人が初めて身内としてバッテリーの精髄を教え、捕手として最も大事な部分を学んだ結果故の成長かもしれません。
 打撃意識が改善されるなら、守備も変わるかもしれない。一応身内で使う以上、このような期待をもって試合をポジティブに評価してみます。とりあえず今日みたいな余裕のある展開で不利カウントで厳しいとこ構えるのはやめて欲しい、四球はHRより悪い。

投稿: しらね | 2015年7月 9日 (木) 13時13分

しらねさん
立岡がスタメンに名を連ねることが当たり前になってきましたね。上位は出塁してナンボ、働き場を見つけられました。
正確なデータは分かりませんが、相川は無理に低いボールにはあまり手を出していない印象です。甘いボールを確実にしとめる、という風に映ります。去年までのイメージは書かれたとおりです。大矢さんが監督をやっている時がチャンスだったでしょうね。自ら出て行ってしまいましたが。
際どいところを求めすぎるのですかね。四球・疲弊誘発はそれが原因のように思えます。

投稿: Taka | 2015年7月10日 (金) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤクルト(東京)◯5-4 あるべき姿 | トップページ | 阪神(東京)◯4-2 らしさが出ながら四連勝 »