« 中止 | トップページ | 阪神(甲子園)○5-4 ねがい »

2015年9月 9日 (水)

阪神(甲子園)●3-4x 今日勝てないようでは…

これで厳しくなった。今日の試合をモノに出来ないようではこの先連勝なんて出来るとは考えがたい。七回表に出た慎之助の2ランで決めなければならない試合。裏のゴメスのタイムリーで二塁まで進まれたことが痛かった。シフトなのか何なのかは分からないが、あれで二塁まで進まれるようでは。

あとは結構あったチャンスで相手のドローン以外で点を取れなかったこと。九回表ノーアウト三塁の時点で行けると思ったファンは少なくないだろう。一番としてここまで引っ張り続けた立岡が返せず、呉に強い由伸も返せなかった。ただ、ここに関してはやるべきことはやったので、打った打たないという結果に過ぎないとも言える。

マイルズは良くもなく悪くもなかった。勝てる試合ではあったと思う。2点リード後に追いつかれたのは守備の問題もある。1点目に関しては小林の責任。あまり打席に立たない投手相手に、ストライクの変化球要求は違うのではないか。マイルズのボールなら力で捻じ伏せられた。犠飛に関しては要求どおりか高めに浮いたのかは記憶が曖昧だが、ヒット打たれたコースに入ってしまったからだろう。

11回頭からスコットでなくて左腕二人のいずれかなら、という考えも起きるし、塁を埋めてスコットにノーヒットの福留・ゴメスという選択もあったかもしれないという考えも起きなくもない。まあ、これはたらればということで。8敗目か…フォロー出来なくなるな。

ライトの守りがあれでレフトにレスリーを置いてさらに酷くなることを避けたかったのかもしれないが、亀井置くよりマシ。これは間違いない。上り調子のレスリー、ハマスタで良い働きを見せた岡本と大田は出番なし。タケは1打席のみで終了。で、スタメンの六番は最後まで出て何したんだ?

小林は明らかに精彩を欠いている。リードの面でいっぱいいっぱいなのかもしれないが、打撃を見ると両チームのスタメンではワースト。四球→避けようとしてピーゴロドローン→初球打ちファウルフライ→福原のストレートにマン振りで力ないポップ→安藤の甘々スライダーに空振り三振。立岡も今日は当たっていなかったが、ここにきてスタミナ切れを起こしていないかと気になるところ。これまでスタメンで出続けた経験がないため不思議ではないが。

厳しい状況になったが、開き直るかずるずる行くかは彼ら次第。上に立つには一つ一つ勝つしかない。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 中止 | トップページ | 阪神(甲子園)○5-4 ねがい »

「試合」カテゴリの記事

コメント

今の原さんの選手起用は和田さんより劣っているかもしれない。もっというと試合勘が鈍っているのかと思ってしまいます。
仰るように調子が良いレスリー、大田より愛人亀井を最後まで使う意味不明な起用ーボール球を振っている彼の癖は全く治っていないー。
調子が良くないマシソンを主力打者にぶつける采配等、終盤で全力を使わなければならないのに、出し切れない起用だと思います。
チーム力が衰えた今年、なんとか優勝争いに参加させているのは原さんの力だと言うファンもいるとは思いますが、このチーム力にさせたのも彼とフロントのせいでしょう。
CSに向けてマシソンを2軍で調整させるとか(代わりはメンドーサ)した方がいいと思います。

投稿: まさやん | 2015年9月10日 (木) 05時18分

今日の一戦は何か一つを諦める必要があるものでした,試合そのものに采配ミスは余りない、甲子園で左翼守備を疎かにする選択肢は難しいでしょう。
状態は悪くても対藤波ならば一定の相性、結果を出していたため起用そのものは納得できます。
勝ち続けるチームは衰退する、3連覇の立役者だったリリーフの柱の衰えは隠しきれません
それを補う打力があれば、ある程度の軽減は出来たかもしれませんが、上澄みを作るのではなく、既存戦力に依存した結果ジリ貧化した
今の巨人には2択が残されています、それでもあきらめず優勝を目指すか、次の上澄みを作る事に切り替えるか

前者ならば小林の育成を一時期諦め、阿部の選手生命を削る覚悟で捕手に回す事です
小林は明らかに疲れが出ている状態です、1シーズン通しているわけでもなし、ここで意固地に固定し続けたところで得られる経験に大した意味は有りません
リード云々ではなく、守る試合が増えた事による打撃の状態の落ちがチームのマイナスとして大きい
もし勝ちに拘るならば、阿部の負担軽減限定控えとして少しでも打てる選手を増やす事が肝要です、その上で堂上レスリー等を下位に置ければ明らかに厚みが増す
若手捕手のリードを貶して終わるよりは全てを尽くした悔いの無いシーズンにはなるでしょう

後者なら分かり易い、村田、阿部をニコイチ起用に回して岡本を起用し、山口マシソンを落としてメンドーサや高木京戸根等に地位を与えてみる
ここまで多くの試合を出てきた彼等には来シーズンに備えた休養にもなります、問題は下手したらBクラスに堕ちる可能性がある事ですが
今のまま中途半端なジリ貧やっててもそのリスクはあります、来年は補強が上手くいかないなら再建期としてより厳しい未来である事を考えるべきです
優勝も追いつつ、若手の育成もする、両取りの未来は交流戦頃にはまだ残っていたがもう余裕はない、指針を明確にするべきですね

投稿: しらね | 2015年9月10日 (木) 05時19分

まさやんさん
亀井の状態は明らかに良くないですね。選球もそうですがチャンスでど真ん中ピーゴロというのは…。
ああいう時に左右病が出ても良かったのに、出ませんでしたね。先頭を出した時点で今のスコットに抑える力は無かったということでしょう。
残した実績は確かに素晴らしいのですが、このチームを作ったのもベンチとフロントの責任でしょうね。

しらねさん
左翼守備はおろそかに出来ませんが右翼守備がアレですからね…。
この時点で両取りは難しいでしょうね。ここまで主軸の復調頼みで戦ってきたベンチが来年以降を考えた戦いをするようにはとても思えません。チャンスはいくらでもありましたがこれはもう失敗と言えるでしょう。
どういう結果であれ激動のオフを迎えることは間違いなさそうです。

投稿: Taka | 2015年9月10日 (木) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中止 | トップページ | 阪神(甲子園)○5-4 ねがい »