« 巧 | トップページ | 新監督を支えるコーチ陣が決まった »

2015年10月27日 (火)

弾丸アーチを見られた幸せ

今のようにホームほぼ皆勤ではなかった頃、観戦は年に数回程度だった。そんな中で活躍した選手のことはやはり覚えているというもの。偶然の巡り会わせで統計を取ったわけではないが、当時行った試合の8割である選手のホームランを見られた。それが高橋由伸だった。周囲には「俺が見に行くと打つんだ」などと偶然以外の何物でもないことを自慢していたが、見に行くたびに打って嬉しくなったのを覚えている。

由伸の魅力はたくさんある。怪我を恐れない全力プレー、素早いスローイング、飛びぬけた選球眼、後輩に仏様のような人と慕われる人間性(別の話で年齢は上の小久保さんがチームメイトではなく「親友」と表現するのも凄いよなあ)、俳優を思わせるマスクなどなど。私が一番好きなのは彼のホームランだった。ミスターから直すところがないと言われた美しいフォームから放たれる弾道は何度もリプレイしたくなるもので、現地で見ても見事だなあと惚れ惚れするものだった。歳を重ねた今でもそれは衰えず、バックスクリーンに美しく運ぶ技術は健在だった。このあたりが出るならこれからも由伸の打席を見られそうだな、と思っていたのはシーズン中。それが気づいたら終わりを迎えるとは…。

いつかは終わる時が来る。終わらせられたという印象は拭えないが、決まったことは覆らないし、彼も新しいスタートを迎えようと決意してバットを置くことにした。監督としてユニフォームは着続けるがひとつの区切りを迎えた。18年にわたり多くの弾丸アーチ、多くの素晴らしいプレーを魅せてくれた高橋由伸という選手に感謝したい。プレーを間近で見られたことを幸せに思う。18年間、有難うございました。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

|

« 巧 | トップページ | 新監督を支えるコーチ陣が決まった »

読売ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

何がいいのかわからなくなりつつあります。
人事には不満しかありませんが
由伸監督なら応援せざるえないし。
ともあれあの美しいアーチを踏襲する選手は
現れるのでしょうか。
神宮でのバカ試合は打に劣るチームのファンとしては羨ましい限りです。
尾花コーチと内田コーチ
来季24番の監督をよろしく。
二岡が戻ってくるので背番号気になります。
2番でしたよね。。。

投稿: みつとし | 2015年10月27日 (火) 19時58分

みつとしさん
最善策では無かったと思います。本人がプレー出来る状態でしたからね。
色々なアーチストを見ましたが、由伸の打球は独特でしたからね。そういう選手が現れたら一発でファンになりそうです笑
神宮はああなりやすいですね。巨人が打てな過ぎただけなので…。
二岡、打順は2番でしたね。背番号は現在チョーさんがつけてます。

投稿: Taka | 2015年10月28日 (水) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巧 | トップページ | 新監督を支えるコーチ陣が決まった »